使える「デザインセミナー」
ujipub.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
ONEDARI BOYS 4TH -WOMマーケティングの完成度
ONEDARI BOYS 4TH

先週、ONEDARI BOYS BOYS の活動4周年を記念したオフ会に行ってまいりました。会場となったのは「豚組しゃぶ庵」です。


ずっと以前から、このイベントを知っていたのですが、いわゆる著名アルファブロガーの方々の「肉食ってうまー!」的な側面しか「見ておらず」スルーしまくりだったのですね、なぜか。自分自身ブログの更新も滞りがちだったりするのがさらに負い目で、なかなかブロガーイベントというものそれ自体、参入壁を感じており、参加にまで踏み切れなかったのですが、この度勇気を持って参加してきました。


TEDx2010のプレゼンで『消費者は無意識に広告をスキップしようとしている、これからのマーケティングは4Pから4Eへ (Emotions Experiences Engagement Exclusivity)』とジェイコブ・ルーセンスキーさんが魅力的なプレゼンをしていましたが、ブランドを育て、お客様からファンになってもらうためのデザイン戦略担当者としてもこのイベントへの参加で気づいたことはいろいろあり・・・・




■これからのマーケティングは4Pではなく4E
当日、一人2本限定で湘南ゴールド(フルーツビール)というビールを初めていただいたのですが、とっても美味しかったです。柑橘系のさわやかさとほろ苦さ。こういった種類のもので、カシスビールなどに以前凝った事がありましたが、これはまた新鮮な味でした。さすがにいきなりケースでお取り寄せしたりはしないと思うのですが、もし今後人に聞かれたら、あるいはどこかで見かけたら大絶賛してしまうような気がします。これは、このイベントを通じて湘南ゴールド(フルーツビール)がすでに自分に関係ある商品になってしまったからですよね。
企業担当者と真向かいに座り、食べたり呑んだりの楽しいイベントでコミュニケーションができ、「感動」がうまれれれば、「記憶に残る体験」になりやすく「関係」も築きやすい。「特別な感じ」になりやすい事は言うまでもありません。
湘南ゴールド(フルーツビール)




■コミュニケーションのコストの最適化、自社メディアの強化のためのイベント参加
このイベントを私自身はツイッターで知りました。マスメディア衰退、自社メディアが大切、ということでソーシャルメディアを始められる企業担当者は日に日に増えていると聞きます。ですが、一朝一夕にブログやツイッターのアクセスや影響力が上がる訳ではありません。こういったブロガーイベントにマメに足を運び、リアルにも関係性を強める事の先に、本当の「ソーシャル」が始まるのかも...。



■エコシステムマーケティング
出されるお料理は美味しかったし、お酒の質も量も豪華でしたが、参加者以上に、協賛企業にもたらされる利益もきちんとあったと思います。企業と消費者がそれぞれに潤える、成長できるしくみがあり、ONEDARIされている側もたぶんモトを取れたという実感が大きいのではないでしょうか。
 日本でエコシステムマーケティングというと、コカ・コーラパークの例が有名ですが、たぶんもっと身近な例として、大きさの異なる複数企業がパートナーとなり、消費者と直接的なつながりを作っていくその瞬間を見た様な気がしました。


■サスティナブルデザイン、継続と無駄のなさ
こういったイベントの主催は本当に大変だと思うのですが、「会場」と「幹事」が ONEDARI!という指名制(!?)になっていました。こういうカタチで一つのものが続いていくのなら凄い事だと思います。
幹事→麦酒男でありドラビアさんの愛称で知られる@draftbeermanさん


■ツイッターマーケティング
会場→しゃぶ庵 オーナーである@hitoshiさんは、飲食店・個人商店はもちろん、今、話題のツイッターマーケティングのトップランナーのおひとり。


■WOM(クチコミ)マーケティング
ちなみに帰りがけには、AMNの代表である徳力さんからお土産として「手渡しで」サントリー・ハイボール缶を二缶いただきました。
サントリー・ハイボール缶

(昨晩、キンキンに冷やしたサントリー・ハイボール缶に氷をいれて美味しく頂きました)

ほかにも「リアルタイムウェブ」(突如ラジオショー?をその場でやってたり)、「iPad」を持って来てケースや自作のペンを自慢する人々など注目のタグだらけだったような・・・。


■グランドデザイン
そうそう、いしたにまさきさんがブログレポートで「ONEDARI BOYS4周年記念オフ終了!めざせ20周年!」という書かれていましたが、未来目標も含む壮大な全体像(着想や構想)のことを『グランドデザイン』といいます。
参加者は60人近く。イベントにありがちな当日のキャンセルもほとんどなかったそうです。本当にこのまま20年続いたらスゴイ!


オネダリメンバーによる記事
[N]ONEDARI BOYS 4周年記念オフ「豚組ビアホール」無事終了!
[mi]ONEDARI BOYS4周年記念オフ終了!めざせ20周年!
ONEDARI BOYS 4周年記念オフ「豚組ビアホール」に参加してきました。 (Modern Syntax)
[を] ONEDARI BOYS 4周年記念オフ「豚組ビアホール」でした



最後にちょっと思ったのですが、ONEDARIでやっているMKTGの一番凄いところは、まだ誰も注目していないころから「ネタ」をすくい上げてちゃんと繋げて育ててているところでしょうね。広告業界では、「鬼十則」の影響かどうか分かりませんが「大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。」とばかりに、『今』『大きくて』『知名度もあって』『影響力があって』『予算もたくさん在る』というところにほぼ全員がめがけてビジネスをして来たように思います。その結果が、今日です。
むしろ今は小さく思える仕事だからこそ大きく育てれば、ブランドの発展に貢献すれば、それこそが結果として「大きな仕事に取り組むこと」に等しいのではないでしょうか。











by ujipublicity | 2010-05-25 15:26 | ソーシャルメディアとデザイン