使える「デザインセミナー」
ujipub.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
アートでクールダウン(この夏、NYにご滞在の方はぜひアゴラギャラリーへ)
agora-gallery.com

NYチェルシーのアートギャラリー地区にある現代美術ギャラリー、アゴラギャラリーを紹介します。 アゴラギャラリーは1984年設立以来、世界の芸術家たちの普及をメインにイベントを開催、また、アートマガジン ARTisSpectrum 等を発行、オンラインミュージアムArt Mine の運営などを行っています。

実は、こちらに私が実際訪れた事はまだないのですが、ウジパブリシティ―でイラストやデザインのお手伝いをしてくれているコジマサエコさん(作家名:Eili K Jammy)が、2010年度のチェルシー国際ファインアートコンテスト(会期:8月17日から9月10日まで)に日本人としては初めて、今年の受賞者で唯一の日本人として入賞されたのです。おめでとう!!

入賞作品 "picnic"を中心に、Eili K Jammyの作品を紹介しますと、彼女達(二人組のユニットです)はある構想に基づいて、

1)イメージを膨らませ(=Inspire Image)
2)衣装やメイク、小道具等を自作して(=Create an Original Costume )
3)現地(ある特定の場所という事になります)にて演じて(=live performance)
4)記録としての写真撮影。作品として発表する(=take a picture)

この一連の流れが、すべて彼女達の「アート」なのです。


4)の写真作品を作家サイトからお借りしてきました。














入賞作品"picnic"は、過去と現在、少女と大人、異国と自国、、、、意味と無意味の両端を駆け巡リながらハミングをしているような、不思議に満ちた魅力的な作品ではないかと思います。現在、NYにいらっしゃるというからはぜひ、アゴラギャラリーへいらしてみてください。(8月17日から9月10日まで)


【関連リンク】
アゴラギャラリー
展覧会の情報のページ/17日から開催です
2010 / 08 / 17 (tue) 〜 09 / 10 (fri)
Chelsea International Fine Art Competition 2010 Collective Exhibition
Agora Gallery (Chelsea / NY)
530 West 25th Street New York, NY 10001
オンラインミュージアム/Art Mine
Eili K Jammy "picnic"作品ページ
Eily K Jammy (eilykjammy) on Twitter



【関連ビデオ】
アゴラギャラリーの紹介ビデオ↓



【関連記事】
クレーの食卓
美術館の壁の色は「誰のため?何のため?」



さて、「アート」を見る目的というのは、人によってさまざまであると思いますが、私自身は「異物を受け入れる最も自然な方法のひとつ」と考えています。

もともと、人は、いま自分の中心にある考え(やイメージ)からなかなか離れる事ができない、つまり「今、すでに見えているもの」に縛られてしまいがちな生き物ではないかと考えます。「視野を広く」「視座を高く」とよく言いますが、これが本当に難しい。モノを考えるのが専門の人や、コンサルタントなどは別として、なかなか簡単に自分の考えを変えたり、客観視する事はできません。

ところが「目の前に何か」に「こころ」が縛られている時こそ、まずは、目の前の景色から変えてみる。いつもと「異なるもの」「まだ見た事のないもの」を見てみる。するとなぜか、頑だった心がほぐれはじめ、すっかり気分が変わって新しい考えを受け入れる事ができる‥‥‥。

今日は、たまたま終戦の記念日ですが、「広い視野」や「高い視座」は誤った道を選ばないための、人類の叡智のひとつです。

「今、何か目の前に何か厚い壁がある」、逆に「なにかに猛烈に熱中している」人もぜひ。「アートでクールダウン」はいかがでしょうか。
by ujipublicity | 2010-08-15 22:35 | クリエイエィブ雑感