使える「デザインセミナー」
ujipub.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
「ボイス Vol. 03:デザインで問題解決していますか?」が公開されています。
e0103695_7353476.jpg

来年の「デザインマーケティングカフェ」でゲスト講師を務めてくださる、日本を代表するインフォメーションアーキテクトでamuディレクターでもある、長谷川敦士さんとのデザイン対談「ボイス Vol. 03:デザインで問題解決していますか?」が公開されています。ちょこっと抜粋してお借りしてきました。


e0103695_752393.jpg

ウジ:日本ではいまだにアートとデザインの違いがまだまだはっきりと認識されていないなぁと感じる事は多いですね。アートが終わりのない概念や表現の探求であるのに対して、デザインは前提としてマーケットもあるし、課題もあるし、ゴールもある。デザインというのは、問題も解決しないといけないし。
長谷川:ビジネスマンのプレゼン資料も、詰め込みすぎていてわかりにくいものが多いけれど、そこに問題があるということがまずわかっていないんだと思います。何がいいもので、何がまずくてということと、どういう風にそれを見るべきかという視点を持っていなくてはいけない。
ウジ:会社のツール(ウェブも含めて)を作る時には、そのツールは会社のいわば分身みたいなもののはずなのに、いつもなにかの成功事例を追いかけていて「どこそこの企業みたいな」っていう願望は未だ強いんですよね。「優等生を目指さなきゃいけない」って、もう刷りこまれてしまっているんです。他社と同じでいいはずがないし、その会社の中でも紙があって、ウェブがあって、営業があって、工場があってというところから考えたら、デザインのアウトプットってそもそも同じになるはずがない。
長谷川:言い訳としての説明、反論としての説明じゃなく、ストーリーが担当者の中できちんと腑に落ちていなくて、それで説明できないというのが原因でしょうね。


という感じでがんがんしゃべっております。長谷川敦士さんも仰っているとおり、デザイン関係者だけでなく、ビジネスパーソンの方にもぜひ一読をして頂けたら嬉しいです。そして、この続きとなります「デザイン思考とデザイン戦略」(第3回 デザインマーケティングカフェ)の詳細はまた、別記事にてご紹介しますね!


【関連URL】
▼ボイス Vol. 03:デザインで問題解決していますか?
▼未来を編むークリエイティブスペース amu
▼株式会社コンセント
▼情報アーキテクチャアソシエーションジャパン

▼第3回 デザインマーケティングカフェ  「デザイン思考とデザイン戦略」セミナー&新年会








うーん、こうなってくると、デザインマーケティングカフェのなんとなく次の流れは・・・・・・・
by ujipublicity | 2010-12-30 08:06 | デザインセミナー