使える「デザインセミナー」
ujipub.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
新刊のご案内『問題解決のあたらしい武器になる視覚マーケティング戦略』
(※記事の最後に詳細の目次を追記しました)
e0103695_11034999.jpg

「見る」という至極あたりまえのことに隠された不思議のひとつに「錯覚」「期待」連鎖があります。


人間は、毎秒1100万ビットもの脳に神経接続から送られてくる情報のほとんど(1000万ビット)を目(視覚)から受け取っています。ところが受け取っている情報の多くは認識するまでに至っていません。受容した膨大な情報の中の「僅か」な情報に対して脳はシミュレーションを行い、仮説や状況を導き、それを「錯覚」として受け取ります。

つまり、あなたが「無意識のうちに認識していると思っているもの」のほとんどは「あなた自身の意識的な錯覚に過ぎない」こと
をデンマークの科学者であるトール・ノートランダーシュ氏は「ユーザーイリュージョン」と呼んで、その興味深い知見を同名の書籍に書き記しています。


e0103695_12372629.jpg
【誰もが持つ「見る力=視覚」をビジネスの問題解決の使える武器に】

先日、iPhone6が発表され、予約数は過去最高にのぼっています。グローバルなインターネット企業もユーザー数の増加に加え新しいサービスの開始など活気があります。しかしながら、国内の企業でも目を見張る躍進を続けているところもあります。

これら勝ち組企業の共通点は「ノンバーバルコミュニケーション(非言語領域)つまり「視覚やビジュアルデザイン」といった感覚的な価値を操る事に長けているということ、そして人間の行動の原理を理解し「体験(エクスペリエンス)」をデザインできている事などがあげられます。

多くの企業は膨大なデータを解析し、調査をし、分析を続けています。では、その調査において「非言語領域」つまり「グラフィック」や「ビジュアル」を含む「感覚的な価値」についての解析は十二分に行なわれているのでしょうか。体験(エクスペリエンス)価値のデザインはどうでしょう。


e0103695_13105629.jpg
【女性が突然きれいになる瞬間】

「身近な女性がいきなり綺麗になった!」という事件に出くわしたことはありませんか。これらの秘密を解くカギは、女性を美しくした「外面からの要因」「内面からの要因」、そしてそれらがどのように関わり合い、作用しているかという「見えたり見られたりすることの構造的なしくみ」を知る事にあります。(企業のブランドデザインも実は同じ構造で魅力を増します。)

また、そのブランド価値が普遍的になるためには「時間を超えた存在」「あなたの心の中に残る記号」といったものを意識しなければなりません。デザインやストーリーは時代や状況によってかたちを変えざるを得ず、変化は抗えません。本当に残る価値のあるもの、短期間でなく長期間、心のなかに「存在し続ける」ための時間と共存する戦略が必要になります。


『問題解決のあたらしい武器になる視覚マーケティング戦略』では、「売り上げが上がらない」「商品力がない」「差別化できない」など、多くの企業が簡単には解決できない悩みをロジカルに考えるだけではなく、ビジュアルやデザインといった視覚に訴える戦略として分かりやすく紹介しています。企業やビジネスの問題解決に「視覚マーケティング戦略」を取り入れてみてはいかがでしょう。


e0103695_14332670.jpeg
問題解決の新しい武器になる視覚マーケティング戦略 単行本(ソフトカバー) – 2014/9/26 ウジトモコ (著) ¥ 1,706 (税込)

【もくじ】

はじめに

第1部 デザインの力で問題を解決する

1 視覚を制するものはビジネスを制する

・「錯覚」と「期待」の先にあるもの
・ビジュアルビジネスが高く売れる?
・なぜLINEははやるか
・コミュニケーションを変えるビジュアルの力
・女性が美しく見える瞬間
・「生ジュース」はいつから「スムージー」に化けたのか
・ブランドデザインは誰にでもできる?
・少ない投資で大きく育てるデザイン戦略
・行き詰まりからブレイクスルーを導く右脳思考

2 商品力・サービス力をあげる

・過去の数字からはわからないことを見つける
・デザインをバラバラにする技術
・分解してわかる3つのポジション
・パッケージデザインの3つの役割
・クラスアップデザイン
・新しい市場を自分でつくる
・新しい価値をデザインする

3 ブランドを育てる

・ブランディングの7つの基本
・拠点をデザインする
・ブランドを拡張する
・ブランドを成熟させる

4 売り上げをあげる

・見つけてもらう戦略を立てる
・偶然に良い情報を手に入れると買いたくなる
・いっしょにいる時間が長いから、好きになる
・続きがあるとやめられない

5 顧客満足度をあげる

・忘れられない体験をデザインする
・ひとりの人のことを真剣に考える
・直感的な使いやすさが人気を呼ぶ

6 魅力的に見せる

・素敵なことならみんなシェアしたくなる
・アイデンティティを統一するとその価値がはっきりする
・伝えたい強みをひとつに絞る
・「その土地らしさ」をカタチに

7 人を動かす

・見せたものが集まる法則
・階級を視覚化する
・環境を変えると人は変わる
・やる気をデザインする
・道が描ければ、自由な発想やアイデアがじゃんじゃん生まれる
・無意識と偶然に突き動かされる
・つながりをデザインする
・いっしょにつくり上げる


第2部 プロっぽく見せるデザイン

8 デザインをはじめる前に

・版製を確認しよう
・ウェブ連動で可能になった「紙媒体サイズダウン&おしゃれ化」
・スマートフォンの普及で広まったレスポンシブデザイン
・あなたの旬なメディアが「クール」なデザインの基準になる

9 つい開きたくなる表紙デザイン

・ビジネスマンは「ゴシック体」からデザインをはじめなさい
・表紙のデザインをつくってみよう
・フォントは「ノセ」か「ヌキ」以外は使ってはダメ
・明朝体はどうしても使う理由があるときだけ使う
・「センスいいね」といわれる人のフォント選び

10 伝わりやすい資料のレイアウト

・組版にむかない「パワーポイント」
・デザインの基本を理解できるとソフトに振り回されなくなる
・レイアウトのこれだけはやってはいけない
・インフォグラフィック風の編集は真似しない
・プレゼンとビジネスに効くレイアウトのひみつ

11 カラーの配色センスを身につける

・ビジネス書類は白地ベースが基本
・カラーマーケティングとカラーマネジメント
・色は文化から学び取る

12 写真をキレイに見せるテクニック

・写真を上手く撮れる店は、写真を上手く撮らせる店
・蛍光灯の下で食べ物は撮らない
・色のかぶりをはずすには
・階調がわかれば写真がわかる?
・構図の基本を憶えよう

13 デザインセンスを磨く生活習慣

・メディアを横断して発信する時代に必要なデザインの基本
・良いインプットが良いアウトプットを生む
・デザインは未来への投資

巻末付録 デザインのこれだけはやってはいけない

・詰め込みすぎてはいけない
・文字を変形させてはいけない
・パクってはいけない
・タダで済ませようと思ってはいけない
・ワンパターンではいけない
・相手不在のデザインをしてはいけない
・目的を不明快なままにしておいてはいけない

おわりに

【編集後記】

今回、版元さんがクロスメディアパブリッシングさんということで後半と巻末には「デザインのこれだけはやってはいけない」「プロっぽく見せるデザインのコツ」など実用的でお役に立ちそうなコンテンツをさくっとまとめました。デザイン戦略論、デザイン戦略手法、デザインハックツール、デザインお役立ちマニュアル、参考文献一覧表の5点セットを1冊にパッケージしました。

前著の読者さまからも感想を頂く事がありますが、新刊も、比較的時流に流される事なく、お手元にずっと置いておいて使える1冊となっておりますでの「ビジネスデザインをもっともっと使い倒してみたい」ビジネスパーソンの方に、ぜひお手にとっていただければ幸いです。

アマゾンは26日からの発売となっていますが、早ければ来週の後半には、国内の大型書店さんなどの店頭に並びます。みなさまの感想も心よりお待ちしております!



by ujipublicity | 2014-09-19 07:38 | 視覚マーケティングのススメ