使える「デザインセミナー」
ujipub.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
ネコのキャラクターといえば・・・
2006年10月に新しいシンボルマークを導入し、「システム中心」から「人が中心」の企業に華麗なる変身を遂げ、躍進を続けるある企業から、自社のデータベースサイトのキャラクター制作の依頼を受けました。企業姿勢やサービスをユーザーにメッセージする重要な役割をもつ「使えるキャラクター」であることはもちろん「愛されるキャラクター」でなくてはなりません。

このブログはブログランキングに参加しています。何か面白いと思えることがあったら応援クリックお願いいたします☆


ネーミングに由来する動物キャラクターをつくる

データベースのサイト名は
Custemer-Aid Technology & Service by Information 」
短くちぢめて「CATS」、すなわち今回のテーマは「ネコ」です。私たちは、まず、丸二日、3人がかりですでに世の中に出回っている「ネコ」のキャラクターを調べます。たとえ、わざとでなくても、出来上がった制作物が万が一何かに似ていたら、お客様に迷惑をかけてしまうからです。


「ネコらしいネコ」vs「人間味溢れるネコ」
e0103695_14372791.gif


次はキャラクターのイメージとサイトのイメージを重ね合わせてのコンセプト作り。これを、キャラクターはキャラクター制作チーム 、サイトはサイトとやっていると・・・

関連記事▼
新会社設立/最短で最高のイメージを・・
でも、お話したように

費用も時間もざっと見積もって3倍。というか一緒に創ることでとてもパフォーマンスとしては高くなります。結局、インターフェイスは企業サイトと連動したイメージで人間味溢れるネコ、ということでこの2案に絞られました。


「マスターゲットにむける、穏やかで愛されるイメージ」
vs
「ピンポイントユーザーの心を捉えて話さない個性的で魅力的なネコ」




e0103695_14384468.jpg


個人的な好みでいうと、私はこのネコは大好きでした。
なんか、自分に正直に生きている感じ?もしかしたら、すでにどこかで出会っている、誰かに似ているのかもしれません。


e0103695_14391013.gif


ちなみに最終的な結論として、私たちが選んだ結論はこちらです。


こういうレベルまでいったら、イラストの良し悪し、ではもうありません。企業が誰に向けて、何を発信し、どこまで繋がりを持っていくのかという視覚戦略の領域なのです。つまりイラストが良いか悪いかではなく

「人を中心としたオートメーションで、安心・快適・達成感を実現」

をより表現できるのはどちらか、という選択でしかありえないのです。



「このBLOG使える!」
e0103695_19215081.gif

と思ったら1Clickの応援、お願いします☆


実際にサイトは公開されていますが、印象的なシーンをいくつかご紹介しますね。FLASH PLAYER最新版をすでにインストールされている方は、是非、ムービーもご覧ください。

かわいいです(*^-^*)。
e0103695_1439321.jpg

e0103695_14394250.jpg

e0103695_14395186.jpg

e0103695_1440160.jpg
e0103695_1440849.jpg

e0103695_1440174.jpg

e0103695_14402671.jpg

e0103695_14404978.jpg

e0103695_14405859.jpg

e0103695_1441882.jpg


▼参考サイト
CATS-I ログイン画面


関連記事▼
新会社設立/最短で最高のイメージを・・


-------------------------------------------------------------------

STAFF INFORMATION
Design Farm : UJI PUBLICITY
ART DIRECTER : TOMOKO UJI
MAIN ILLUSTRATER :MARI TAKAHASHI , MIHOKO TOI
SUPPORT ILLUSTRATER : YAMAGI , AKANE SAOTOH

-----------------------------------------------------------------------

このブログに掲載されている作品をUJI PUBLICITYの許可無く
無断転載、無断使用、無断複製することは固くお断り申し上げます。

(C) 2007 UJI PUBLICITY ALL RIGHT RESERVED
by ujipublicity | 2007-10-06 14:44 | 戦略とデザイン