使える「デザインセミナー」
ujipub.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
1GBのウエスタンハット
今日の「デザインセミナー」は使えます。「事務所で撮影したブツ取りを白ホリスタジオ撮影写真風にするphotoshopのテクニック。」え、こっちをタイトルにした方がヒット数、あがるんじゃないのって?いえいえ、そんなこと分かってて、わざとやっているんですよ(笑)。だってね、ヒット数も大事だけど、他にも大事な事って、ほんとにいっぱいあるんですから☆

ブログランキングに参加しています。応援1クリック、宜しくお願いします☆


e0103695_6441480.jpg


税理士なのにカウボーイ?

依頼主である、ウエスタン安藤さんはいたって優秀な大阪の税理士さんなんですが、ちょっと変わっています。日本で唯一の「カウボーイ税理士」なんですって。そして私は存じあげなかったのですが、どうも写真撮影もとてもお上手のようですね。これは、加工する前のオリジナル写真です。白バックにしたいからといって白い壁で撮影しなくてもいいんですよ。ほら、こんなふうに。窓ぬけからの自然光でイイ感じでしょ?
まずここでは、背景、帽子用レイヤー、影用レイヤーをつくっておいてください。


e0103695_6464361.jpg


何でも使える「パス」、作って安心「マスクレイヤー」

これを読んでくださる皆さんは、どうも「玄人はだし」の方が多いみたいなのでそんな無茶はしないと思いますが、最初からざくざく選択範囲をつくってDeleteキーなんて絶対にダメです。まずはパスをつくりましょう。必ず必要なのが帽子のパス。影だけのパス。今回は、使いませんが全体のパスもあると「白とばし」したい時とか「背景合成」したい時などとっても便利です。

そうそう、「玄人はだし」で思い出しましたが、ウエスタン安藤さんの趣味は「ウエスタン乗馬」。よく分からないんですが凄そうです。近々牧場がオープンするとかしないとか・・・・!?


e0103695_6484851.jpg


帽子のみを切り抜いた状態

「切り抜き」と書きましたが、もちろん「マスクレイヤー」を作って作業を進めましょう。何故かというと、失敗したり上手く行かなくても途中までの苦労が水の泡にならないからです。まぁ、こういうのをなんていうんでしょうね。作業行程の危機管理対策とか?

そうそう、今、思い出したんですけど、ウエスタンさんが近々オープンするのは、牧場じゃなくて本屋みたいです。


e0103695_6491723.jpg


影用のレイヤーは切り抜きしてから、ぼかして透明度を30〜60%

これだけ見ると、なんだなんだ??ですがこれが、帽子と別レイヤーになっているところがポイントです。「ぼかし」→「ガウス」で解像度に合わせてなじませるか、あるいは選択範囲の境界を使っても良いですね。


ちなみに、切り抜きの作業は順調ですが、ウエスタンさんの説明はまた、間違えちゃいました。どうも、ウエスタン乗馬の本を出版されるんですって!!税理士さんなのに〜〜?


e0103695_651455.jpg


帽子レイヤーと影レイヤーの色調補正・濃度バランスを調整

ちなみに、私がこの作業で良く使うのは「覆い焼きツール」「焼き込みツール」「トーンカーブ」と「レベル補正」、たまに「照明ツール」も使うかなぁ・・。まぁ、最新のすごーいブラシとかは一切使っていませんよ(笑)。

すごーいブラシで思い出したんですが、すごーいマチガイをまちがいをおかしました。ウエスタン安藤さんは「会計の本」を出されるんです。
きゃ〜、おめでとうございます☆で、タイトルは、「世界一わかりやすい会計の本」
え、もう一冊出すの??え、もう決定なんですか。すごいなぁ。。おめでとうございます!2册、出版決定☆


e0103695_6522917.jpg


アングルが変わると印象が変わる。伝えたいテーマが変わる。

ちなみに、今回の作業で一番大変だったのは写真の「セレクト」です。確かにですね、私は明るさや色は補正できるけど形(アングル)や質感は補正しずらいので「バリエーションいっぱいください」と、言いました。でもね、専用線とかじゃなく、ネットで1GB送ってきた依頼主は初めてです。まぁ、先日も森の研究所の偉い先生とか、高級インテリアグリーンショップとか、スポーツジムとか。。。かなりいっぱい送られてきましたがさすがに1GBというのは・・・
「想像を絶する・・・・(><)」



そして壮絶なセレクトをしていて、実は心から感動したことがあります。それは、形のバリエーションの捉え方の正確さ質感表現のテクニックはもちろん、被写体である「ウエスタンハット」への強く、そしてやさしい愛情。写真にはよく「何でも写る」といいますが、今回の写真はまさにそう。

今回の依頼はもちろん実ビジネスの為(すみません、ちょっとふざけちゃいました^^;)ですが、本当に依頼主の愛情や熱意という物は現場でひしひしと伝わってくるものです。それは、やりとりのメールだったり、ワードの原稿や写真だったりさまざまですが、作り手に乗り移り、紙面に反影されるのではないかと。


うちも、今はまだいっぱいいっぱいで、皆さんお待たせしたりご迷惑をおかけしていますが、「期待を肌で感じ、期待に品質で応える」というところだけははずさないよう、量やスピードはもちろんですが品質で裏切らないよう、次ステップに向けてチャレンジを重ねていきたいですね。


「このBLOG使える!」
e0103695_19215081.gif

と思ったら1Clickの応援、お願いします☆




▼ 関連サイト
安藤会計税理士事務所
▼ 関連BLOG
ウエスタン会計・税の荒野を行く

きゃぁーーっ、更新をサボりすぎてすごい順位が落ちちゃった(>_<)。えーっと、内容ももちろんがんばりますが、ヒット数ももちろんとってもとっても大事なので1Clickの応援、お願いしまーす☆

by ujipublicity | 2007-11-13 07:07 | デザインTIPS!