使える「デザインセミナー」
ujipub.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
カテゴリ:デザインセミナー( 30 )
【開催】第9回 デザインマーケティングカフェ「デザインの価値とデザインジャーナリズム」
【急遽、決定!】ゲストは日経デザイン編集長 丸尾弘志氏
e0103695_21530265.jpg

前回から時間が空いてしまいましたが(お招きしたい方はいろいろと候補があがっていたのですがいろいろ調整がつかず)、第9回デザインマーケティングカフェは、デザイン業界動向、企業の最先端事例などにもお詳しい日経デザイン編集長の丸尾弘志氏が特別ゲスト。テーマは「デザインの価値とデザインジャーナリズム」です。

オリンピック国立競技場のデザインコンペ問題に始まり、オリンピックエンブレム騒動、デザインの価値とは、あるいはデザイン批評あるいはデザインジャーナリズムにたいしても一石が投じられた2015を振り返りながら、デザインのもたらす真価と未来について前向きな意見交換ができれば幸いです。

また、今回もクロストークではユニークなゲストをお招きしています。「え、あの人が!?」という嬉しいサプライズにご期待ください。



当日はウジトモコの最新刊「生まれ変わるデザイン-持続と継続のブランド戦略」日経デザインの最新号、売れ筋やおすすめデザイン書の紹介や販売も行います。

デザイン関係者はもちろん、これからのデザインにご興味のある方ならどなたでもお楽しみ頂ける、かつ他ではなかなか聞けないというようなユニークかつ最先端のデザインコンテンツをどうぞお楽しみください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



日時:2016年6月6日(月)19:15〜21:30 (開場19:00)

定員:60名
会場:インターナショナル・デザインリエゾンセンター(DESIGN HUB内)

住所:東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F
特別ゲスト:丸尾弘志氏(日経デザイン編集長)


会費:事前申し込み ¥5,000(税込)当日券 ¥5,500(税込)

※懇親会費を含みます。飲み物(フリードリンク)+軽食つき


(事前チケット申し込みはこちらから。早めのお申し込みがお得です。)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



第0部 Party Time

デザインマーケティングカフェとゲストの皆さまの紹介をいたします。お酒やお食事を各自おとりになり、素敵な音楽でお楽しみください。気になるゲストや参加者との名刺交換や交流もこの時間帯に





第1部 
「デザインの価値とデザインジャーナリズム」
丸尾弘志(日経デザイン編集長)氏ご講演



第2部 
「生まれ変わるデザイン-持続と継続のブランド戦略」
ウジトモコ 新刊お披露目セミナー
・老舗の女主人に聞く(仮)
・担当編集者より本書の読みどころ
・スケーラブルアイデンティティーシステムによるデザインガイドライン(スタイルガイド)のポイントなど


第3部 クロストーク
登壇者+参加者によるディスカッション
☆当日の参加も可能ですが、お席に限りがあります。「我こそは!」という方はぜひ事前にご登録ください。
(以前のゲスト、メディア関係者、WebやUX系などジャンルの違うデザイナーに登壇依頼予定)

即時解散+撤収(希望者は2次会場へ※要事前登録)


(地方などからの参加者も多く、是非、お時間許せば二次会もご参加くださいませ。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スペチャルゲスト紹介


丸尾 弘志 氏(日経デザイン編集長
)
e0103695_06543261.png
1998年国際基督教大学卒。同年日経BP社に入社、日経システムプロバイダ記者、日経デザイン記者を経て2014年に現職。ブランディング、知的財産活用、デザインイノベーションにまつわる取材と調査研究を主に手掛ける。主な著書に「アップルのデザイン」「素材とデザインの教科書」など。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デザインマーケティングカフェ主催

ウジトモコ(アートディレクター) 
e0103695_07025786.png
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒 広告代理店および制作会社にて三菱電機、日清食品、服部セイコーなど大手企業のクリエイティブを担当。1994年ウジパブリシティー設立。デザインを経営戦略として捉え、採用、販促、ブランディング等で飛躍的な効果を上げる視覚マーケティングの提唱者。

ノンデザイナー向けデザインセミナーも多数開催。「福島美味ブランドプロジェクト」アートディレクター、かごしまデザインアワード審査員。山口県防府市「幸せますブランド」契約アートディレクター。「鳥取みらい」アドバイザー。老舗や日本の良いものを世界に打ち出すブランディング案件にも積極的に取り組んでいる。

株式会社 ウジパブリシティー代表取締役


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


デザインマーケティングカフェでは、登壇者のご講義を聴くにとどまらず、知的向上心に満ちたさまざまな業界からのユニークな参加者との交流もぜひお楽しみください。今回もこの斬新なコンテンツにふさわしい、都心の快適ゾーン「インターナショナルデザインリエゾンセンター」(六本木ミッドタウン/デザインハブ内)にて開催します。

初夏の気配を感じるときめきの夜を、最先端のデザインコンテンツでお楽しみください。参加費にビール、日本酒、ワイン、ソフトドリンク、軽食代が含まれます。ぜひ、お誘い合わせの上ふるってご参加ください。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【お申し込みはお早めに・・・】
http://peatix.com/event/168832(事前チケット申し込みはこちらから)
会費:事前申し込み ¥5,000(税込)当日券 ¥5,500(税込)

※参加費には軽食、アルコール、ソフトドリンクが含まれます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ぜひ、お誘い合わせの上、多数ご参加いただければ幸いです。それでは、みなさま、会場でお会いしましょう。



【デザインマーケティングカフェとは?】

デザインマーケティングカフェ Facebookページ
デザインマーケティングカフェ/まとめ


【デザインマーケティングカフェ 過去の様子はこちらからどうぞ】






by ujipublicity | 2016-05-16 05:00 | デザインセミナー
Buzz Colorについてもっと知りたい!?
e0103695_825209.jpg

先日、bizima(ビジマ)さんのお招きで、ビジネスパーソンが、知っておくべきデザインのポイントをお話するイベントに参加させていただきました。

e0103695_850412.jpg
視覚マーケティング戦略
の刊行記念というか、実は主催の山田さんはこの本の刊行のきっかけとなった『視覚マーケティングのススメ』の発売された当時に個人会社を設立、当時、独立に際して様々なブランドのイメージを考える際にとても参考になったので、ぜひ一度著者をお呼びしようと考えてくださっていたのだそうです。なんと、8年越し!?の企画。

告知からすぐに満席、当日も、土曜日にもかかわらず多数ご参加ありがとうございます。
前半は視覚のお話。後半はビジネスパーソンにとってのかなり「現実的」なデザインのお話をさせていていただきました。

e0103695_09204790.gif


当日のレポートは大変興味深いものが多かったです。ありがとうございます。
http://bizima.jp/business/report/business-report-150418.html
・K・Yさん
本の内容から更に踏み込んだ、著者イベントの醍醐味を感じることが出来る読書会でした。ぶっちゃけ話も楽しかったです。

楽しんでいただけてよかったです(笑)

・S・Tさん
著者の話を直接聴けるのは大変貴重で勉強になります。まとめのスライドもすばらしく、感謝です。

ありがとうございます!よかったです。

・H・Tさん
本で読んだ内容がすっきりと整理された。大事なポイントがグラフィカルに示されてわかりやすかった。

帰って数えたら、スライド223枚ありましたw

・H・Nさん
一見シンプルに思える色やロゴの戦略で、ここまで印象が変わるのかと驚いた。Buzz Colorをよく調べて使ってみます。
・O・Nさん
軸となるデザイン、デザイン→資産というところが大変勉強になりました。自分は色のセンスがなくて、チラシやパワーポイント等の資料を作る時はいつも四苦八苦しておりましたが、Buzz Color等今後意識しようと思いました。有益なお話、大変ありがとうございました。


結構、Buzz Colorやロゴの戦略に対する感想が多かったですね〜。

そして、どうも、Buzz Colorをグーグルで検索されたり、関連書籍を探された方が多かったようなのですが。。。。

ごめんなさい!Buzz Colorをグーグルで検索しても出てきません。



これは、拙著『伝わるロゴの基本』では多色戦略などとお伝えしているもので、今回、講演用にわかりやすくBuzz Colorとネーミングしてみたのでした。

こちらのブログではこの記事で紹介しています。
e0103695_8454085.jpg


カラーマネジメントの超基本3原則
http://ujipub.exblog.jp/22191898/

今回「カラーマネジメントの原則」などというよりも「Buzz Colorの法則」などといったほうが皆さんの関心をひけるんだなということもよくわかりました(笑)

次の本ではきちんと「Buzz Color」について、体系立てて詳しく解説するかと思いますが、もし、現状の文献で検索されたい場合は「Limiting an Energetic Pallette」で調べてみるとよろしいかと思います。

こちらの書籍が検索結果として表示されるはずです。
e0103695_8522190.jpg
Slide:Ology: The Art and Science of Creating Great Presentations
http://www.amazon.co.jp/Slide-Ology-Science-Creating-Presentations/dp/0596522347

ちなみにこちらは和訳も出ています。
e0103695_849281.jpg

slide:ology[スライドロジ―]―プレゼンテーション、ビジュアルの革新
http://www.amazon.co.jp/dp/4861009448


是非、読んでみてくださいね!


【編集後記】

・O・Fさん
デザインのガイドラインを決めるというお話がとてもタメになりました。ターゲットの設定や仕事の基本方針と一緒に決定してしまえば、会社(仕事)の統一感が出る事がよく分かりました。
・H・Nさん
とてもためになるお話でした。だいぶ遅刻してしまったので全部聞くことができませんでしたが、Buzz Colorやバリエーションの展開等、気に留めておきたいポイントが沢山ありました。金子牧場のデザイン、すごく良いです。買ってみたいと思いました。


たくさんの感想、ほんとうにありがとうございます!金子牧場さんのロゴもちゃんと「ミルク(White)」「ジャージー牛の色(ローアンバー)」「草色(薄いグリーン)」のBuzz Colorになっているんですよ☆ 
e0103695_912171.png

ちなみにこちらの金子牧場さんですが、上野の「のもの」でフェア開催中です!

地産品ショップ「のもの」にて「福島のもの」フェア開催中!|福島美味ブログ
http://foodbrand.do-fukushima.or.jp/blog/?p=564
お近くのかた、是非、お立ち寄りくださいね!(私も期間中に何度か足を運ぶつもりです。)

しかし、最高のゴールデンウィーク日和。お出かけのかた、お気をつけておでかけくださいね。どうぞ良い連休を☆

by ujipublicity | 2015-05-02 09:18 | デザインセミナー
「あなたのアイコンは大丈夫?」池袋天狼院書店でデザインセンスを〈ブランド論〉と〈記号論〉から読み解くトークイベント
e0103695_18294941.jpg
次世代型書店の今やアイコン的存在とも言える池袋の「天狼院書店」さんで『デザインセンスを身につける(ソフトバンク新書)』を課題図書としたDesign Talk Eventで登壇をさせていただきます。▷http://tenro-in.com/event/7143


みなさんが普段使われている「アイコン」。あなたのアイコンはきちんと機能していますか。

「アイコン」はあなたらしさを示す記号の一種です。『デザインセンスを身につける(ソフトバンク新書)』では、一億総表現時代、ソーシャルメディア時代における3種の神器(「鏡」「玉」「剣」)は、アイコン・アイデンティティ・プロフィールだと定義。デザインを〈フロー〉ではなく〈ストック〉としてとらえ、あなたの資産や武器にする手法を紹介します。



SNS時代の3種の神器は3i(ブランド・イメージ、ブランド・アイデンティティ、ブランド・インテグリティ)

あなたらしさをどう強みに変えていくのか。そのためには、まず、あなたの中の眠る「宝」を切り拓いて開発しなければなりません。あなたの(ブランド)アイデンティティ、あなたの(ブランド)イメージ、あなたの(ブランド)インテグリティはきちんとデザインされ、機能していますか?『デザインセンスを身につける』ということはすなわち、あなたにふさわしい価値を目に見える方法で具現化していくことであり、あなたらしさを機能させることであり、結果として、それを目に見える幸せやよろこびで受け取っていただくことです。



情報過多の時代こそ、魅せる知性(デザインセンス)を磨きましょう。【8/20天狼院LIVE】にぜひお越し下さい。

詳細、お申し込みは天狼院書店さんのサイトからどうぞ。
https://www.facebook.com/events/338391152983980/
http://tenro-in.com/event/7143



by ujipublicity | 2014-08-14 19:07 | デザインセミナー
【ご来場ありがとうございました】トンマナとコミュニケーション戦略を語り尽くす夕べ(ちょっと時間が足りなかった?)&デザイン書の紹介なども
e0103695_21581388.jpg
考えてみれば、2014年もすでに半分が終わり。6月30日の、月末や期末で最大級にお忙しい中「Beyond Strategy & Design:戦略とデザインのあいだにある、大切なことの話。 ~ウジトモコ×磯部光毅 スペシャルトークショー~」においては、多数のみなさまにご来場いただきまして誠にありがとうございました。

e0103695_05242927.jpg

タイトルにある通り、まさに「デザインのトンマナ(トーン・アンド・マナー)」と「戦略」にフォーカスしたトーク(バトル?)イベントとなりました。

e0103695_22340543.jpg
スピーチゲストをお願いしたアカウントプランナーの磯部光輝さん。
e0103695_05104179.jpg
「トンマナ」はデザインを経営やブランド戦略に活かす、最大効率の概念だと思っているのですが、そもそも「戦略」とは、「ポジショニング」とはなんなのか。
e0103695_05101885.jpg
磯部さんには広告のクリエイターでもありながら、ブランドや事業の戦略プランニングを手がける立場から解説して頂きました。


下の写真は、今回のスペシャルイベントを企画、実行してくださった代官山蔦屋のコンセルジュ、渡部彩さん。

e0103695_22341106.jpg
私の場合、トンマナのお話をするにしてもたいていはVIや商品開発系が中心なのですが、磯部さんのご専門である広告コミュニケーション戦略の領域や、日頃、渡部さんが尽力されている店舗の棚づくり、ショップデザインのトンマナまでに話題が広がったところは大きな収穫でした。
e0103695_05111309.jpg
実際に蔦屋さんがイベント用につくってくださった「棚」です。本の事を考えてくれつつ、人目をひく演出や、店内を回遊させる遊び心満載のしかけは、顧客の店内滞在時間を長くさせることについて、まず、間違いない「戦略」と「トンマナ」でしょうね。

いつもお仕事を一緒にしている本職のデザイナーさんも、磯部さんのお話を聞きにお仕事を抜け出して駆けつけてくれました。写真の積み上げられていたツートーンの本の山はイベント当日には底が見えるくらいになっていて、磯部さんのご本はなんと売り切れたそうです。(すごい!)

e0103695_05340344.jpg

今回のクライマックスは、このトンマナ分析のためのレーザーチャートでしょうか。ストプラ磯部さんの質問力が冴えたパートでもありました。レーザーチャートの使用方法の説明のために「もし、たとえば、磯部さんをゆるキャラにするとしたら」といった解説もしたのですが、翌日「アレは分かりやすかった」という声もありつつ「巨匠をたたせてサンプルにしてた!(ウジさん酷い・・・)」という声もありました。(いつもながら空気を読めずにすみません。)

e0103695_05395942.jpg
クリエィティブやブランドマネジメント、戦略の関係者は多かったようなので、「発想法(ブレークスルー)ロジック」の解説も最後にして頂きました。当日ご参加になれなかった方でこちrにご興味をお持ちの方はご著書『ブレイクスルー ひらめきはロジックから生まれる』にもありますので、詳しくはそちらを。

e0103695_05482924.jpg

バトルトークで盛り上がってしまい、少し時間をオーバーしてしまいました。遠方からお見えになったお客様には、終電のご心配をさせてしまいまして申しわけ御座いません。翌日、フェイスブックやメールで「分かりやすかった」「おもしろかった」などのご感想もいただきました。私自身、さまざまな気づきもあり、次の書籍の執筆にも活かしたいと思います。



【資料紹介編】

トーク内ででてきた「デザインのバランス」に言及した書籍です。どちらも刊行からずいぶん年数の経っている書籍ですが、知見としても、テーマとしても色褪せないものです。

こちらのブログでも以前紹介していますね。

Balance In Design 『美しく見えるデザインの原則』|使える「デザインセミナー」

もう1冊はこちら。

e0103695_21483016.jpg
ご興味を持たれた方ぜひどうぞ。





【編集後記】
e0103695_05430054.jpg
キュレーション及び細かい調整作業をして頂いた、BNN新社の吉田編集長さま、松山知世さん、田代さん、代官山蔦屋書店のみなさまにも深く御礼申し上げます。本当にありがとうございました!お疲れさまでした。

急な予定などで「間に合わなかった〜」というご連絡もいただきました。また、次の機会にはぜひお運びくださいね☆

by ujipublicity | 2014-07-02 06:06 | デザインセミナー
Beyond Strategy & Design:戦略とデザインのあいだにある、大切なことの話。 ~ウジトモコ×磯部光毅 スペシャルトークショー~
『売れるデザインのしくみ』の重版を記念して代官山蔦屋さんの企画イベント(トークショー)が開催されます。BNN新社さんのキュレーションにより、今回は広告業界の最先端でご活躍中のアカウントプランニンナー磯部光輝さんをゲストにお迎えし「戦略とデザイン」のさらに進んだ領域について広告・デザインといった枠を超えたお話しさせていただきます。(なんて豪華!!)
e0103695_19552319.jpg

Beyond Strategy & Design:戦略とデザインのあいだにある、大切なことの話。
~ウジトモコ×磯部光毅 スペシャルトークショー~

2014年6月30日(月) / 蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース会期:6/30店1号館 2階 イベントスペースhttp://tsite.jp/daikanyama/event/003876.html

「もの」の魅力をわかりやすく伝えるための1つのツールである「デザイン」。

デザインは、芸術や美術とは違い、戦略的に使いこなすための方法があり、
決して「なんだかよくわからないもの」ではありません。

書籍『売れるデザインのしくみ』では、デザインの考え方・正解の導き方を、
人に対して伝えたい雰囲気や世界観を意味する「トーン・アンド・マナー」を使い、
ノンデザイナーの方でもデザイン戦略の考え方を理解できるよう書かれた1冊です。
2009年10月刊行の本書は、ロングセラーとなり5度目の重版を出来することができました。

今回のトークイベントでは本書重版を記念しまして、ゲストに広告業界の最前線で活躍し、
昨年『ブレイクスルー ひらめきはロジックから生まれる』(共著、宣伝会議)を上梓された、
アカウントプランナーとして広告の戦略とクリエイティブの両方を手掛けられている、
磯部光毅さんをお迎えし、ウジトモコさんと一緒に、広告とデザインの枠を飛び越えた、
その先にある領域について対談をしていただきます。

企業がつくる商品ブランドや、企業そのものについて、
どのようにして世の中に伝えればいいのか、という
「戦略」=「伝わり方のデザイン」をされている磯部光毅さんと、
事業戦略や経営方針などを視覚戦略に盛り込み、
すべての媒体に活用可能なデザインシステムに落とし込んでいるアートディレクターのウジトモコさん、
両者のお話が聞ける貴重な機会となります。ぜひお越し下さい。

●参加方法、申し込みは下記の代官山蔦屋さんのイベントサイトをご確認ください。
http://tsite.jp/daikanyama/event/003876.html

●ゲストプロフィール
・ウジ トモコ(うじ・ともこ)
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒。
広告代理店および制作会社にて、三菱電機、日清食品、服部セイコーなど大手企業のクリエイティブを担当。
1994年ウジパブリシティー設立。デザインを経営戦略として捉え、
採用、販促、ブランディングなどで飛躍的な効果を上げる「視覚マーケティング」の提唱者。
ビジュアルディレクターとして数多くの企業の新規事業開発、事業転換期のデザイン戦略を立案。
視覚戦略を駆使したパフォーマンスの高いクリエイティブに定評がある。

著書に『視覚マーケティングのススメ』(クロスメディア・パブリッシング)、
『視覚マーケティング実践講座 ブログデザインで自分ブランドを魅せる』(共著、インプレスジャパン)、
『売れるデザインのしくみ』(ビー・エヌ・エヌ新社)、
『デザインセンスを身につける』(SBクリエイティブ)、
『伝わるロゴの基本』(グラフィック社)などがある。
HP:http://www.uji-publicity.com/

・磯部 光毅(いそべ・こおき)
アカウントプランナー/コピーライター。
1972年生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、1997年(株)博報堂に入社。
ストラテジックプラニング局を経て、クリエイティブ局(コピーライター)へ。独立後(株)磯部光毅事務所設立。
サントリー伊右衛門、ザ・プレミアムモルツ、マツダなどのブランド戦略立案や、
KDDI「android au」、Googleプレイスなどの統合キャンペーンの立案など、
数多くの国内外大手クライアント業務を担当。
戦略畑、クリエイティブ畑両方での経験を活かし、単なる広告開発に限らず、
経営戦略、商品開発、コミュニケーション開発、情報戦略立案からコピーワークまで、
全バリューチェーンを横断的にプランニングすることを得意とする。

受賞歴にニューヨークフェスティバルズAME賞グランプリ、ACC CM FESTIVAL ME賞メダリストなど。
著書に『ブレイクスルー ひらめきはロジックから生まれる』(共著、宣伝会議)
『アジア・マーケティングをここからはじめよう。』(共著、PHP出版)、
『ニッポンの境界線』(共著、ワニブックス)などがある。
HP:http://www.isobekoki.com/


書籍を買って頂くだけでどなたにもお気軽にご参加になれる、緩やかでかつ濃いめのトークショーイベントです。ここだけでしか聞けない「戦略」と「デザイン」の旬のトピック、「コミュニケーション」や「トーン・アンド・マナー」にまつわる鉄板のお話も見逃せません。会場には、実務家の方や現役デザイナーも多数参加予定。垣根を飛び越えたクロスセッションにも期待大!
独自のハイセンスな選書とクリエィティビティに満ちた書店イベントの醍醐味。どうぞ、知的で熱く愉しい夜をお過ごしください。
e0103695_20052267.jpg
お誘い合わせの上、多数のご来場を心からお待ちしております。会場でお目にかかりましょう☆

Beyond Strategy & Design:戦略とデザインのあいだにある、大切なことの話。
~ウジトモコ×磯部光毅 スペシャルトークショー~ | 代官山DAIKANYAMA T-SITE

http://tsite.jp/daikanyama/event/003876.html

by ujipublicity | 2014-06-11 20:48 | デザインセミナー
第7回デザインマーケティングカフェ @VJ_TAKUMAさんのクリエイティブプランニングプレゼンまとめ
e0103695_16374383.jpg

第8回デザインマーケティングカフェ「デザインxコンテキスト」の開催にあたり、VJ_TAKUMAさんをゲストにお迎えしての第7回、デバイスに依存しないデザインプランニングまとめをふりかえっておきたいと思います。VJ_TAKUMAさんのプレゼンは基本的にノーツイートでしたので、かんたんにざっくりとまとめてみました。

e0103695_7372885.jpg

STEP 1) クリエイティブ種まき
セレンディピティを得るソーシャルメディア網の設置方法


注目のソーシャルメディアや意外なつながりを可視化するソーシャルグラフなどもご紹介頂きました。(※上の畑の写真は事務局サイドでつけ加えたイメージです)

e0103695_846136.jpg

「セレンディピティを得る」というところがけっこうポイントだった気がします。ただ、じっとしているだけでは最高の出会いも求めるべきノウハウも入ってきません。セレンディピティというと、偶然性が強い気がしますが、TAKUMAさんのプレゼンはクリエイティブな仕掛けの最も大切なところである「人とのつながりを良い流れのある方向へ向かってデザイン」する、そんなふうにも感じました。

e0103695_85238.jpg

STEP2)メディアミックスプランニング
成功例と失敗例から学ぶCGM (Consumer Generated Media) の活用法


成功事例だけでなく失敗事例も含めて、さまざまなプランニングの手法とその成果をご紹介頂きました。結果として「バズる」ところへきっちりと誘導できるというのは、すごいなぁと、ふつうの人にはなかなか真似はできないのではないかとも思いましたが「さまざま新しいテクノロジーや仕掛けに躊躇なく挑んでいる中から、選り選られていく」企画の強さというものを感じました。現場をやっている人は、これ、みなさん実感されたのではないでしょうか。

※ここのスライドは、残念ながら公開できません。


e0103695_952411.jpg

STEP3)クリエイタープランニング
企画を着地させる為のクリエイター言語の翻訳方法とバッファの作り方


ここ、今回のポイントだった気がします。どんなにいいアイデアであっても、それを受けとめる組織や媒介する関係筋にその「良さ」が伝わらなければ、プランは成功しません。クリエイティブ過ぎる企画や創造性に富んだ多くのアイデアが、もともと「人に伝わりにくい」「理解されない可能性がある」というところにきっちりと向かい合い、かつ保険をかけて成果をあげていく手法は素晴らしいなと思いました。(※上のイメージ写真は事務局サイドでつけ加えたイメージです)




e0103695_9191318.jpg
第2部 ロゴデザインマーケティング(伝わるロゴの基本のご紹介)
第2部では、グラフィック社の宮後優子さんと、駆け足で新刊のご紹介などさせて頂きました。ここにたどり着くまでには、本当に、いろいろ長い道のりがありました。。。宮後さん、新刊校了のお忙しい中、お土産を持って駆けつけて頂き本当に難うございました!

e0103695_9245932.jpg
第3部 会場ゲストを交えてのクロストーク
いつもお仕事でお世話になっているデザイナーの白鳥秋子さん曰く「デザインカフェの見どころはやっぱりクロストークですよね!」とのこと。プレゼンターはしばしば、クリエイティブすぎる、あるいは、時代を先取りしている方も多数なので、ここで、ナレッジできると「しっかり自分ごと」として認識できるんだとか。

今回は、BtoBマーケティングが専門の尾花淳さん、UX/UIデザイナーでStorys.jpのCMOでもある大塚雄介さん、ベテランの記者であられる中島みゆきさん、前回もクロストークご登壇してくださったメディアストラテジストの境治さんにご参加頂き、会場の心をつかむ素敵なトーク、専門性の高い鋭い質問、上手なまとめなどをしてくださいました。ありがとうございました。


デザインマーケティングカフェ/まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2137328931111545201
デザインマーケティングカフェは、随時、こちらにもまとめを更新していきますので(今、半周遅れくらいですが)ご興味を持ってくださった方は、ぜひ過去ログも読んでみてくださいね!

【編集後記】
e0103695_9453031.jpg

と、いうことで、告知のブログを書く間もなく、いよいよ第8回デザインマーケティングカフェ「デザインとコンテキスト」は明日、開催です!

https://www.facebook.com/events/434335530011234/
[第8回 デザインマーケティングカフェ デザイン×コンテキスト]
日時:2013年10月11日(金)19:10〜21:30 (開場19:00)
会場:インターナショナル・デザインリエゾンセンター
住所:東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F
会費:前売り券 ¥5,000(完売)当日券のみ ¥5,500(税込)
   ※懇親会費を含みます。飲み物(フリードリンク)+軽食つき
主催:デザインマーケティングカフェ https://www.facebook.com/DesignMarketingCafe

明日のフライデーナイト、何処で過ごせばいちばん濃い時間が過ごせるか・・・?それはあなた自身がいちばん良くご存じのはず(笑)

直前のキャンセルなどあって、空席多少ありますので、突然ふらりと行ってみたくなった!というかたもぜひどうぞ。来るもの拒まず去る者追わず、緩やかでかつクリエイティブス数高め・・・のデザインマーケティングカフェをこれからもどうぞよろしくお願いいたします。


e0103695_1011619.jpg

by ujipublicity | 2013-10-10 10:13 | デザインセミナー
全国のデザイナーが応募できます![かごしまデザインアワード]
e0103695_1632410.jpg

全国のデザイナーが応募できるデザインコンペ「かごしまデザインアワード2013」が開催されます。
かこしまデザインアワードとは

鹿児島市では、デザイン性を高め、商品・サービスの魅力を消費者にどのように伝えるかを、企業とデザイナーがともに考えるためのオープンな<場>として、「かごしまデザインキャンプ」を2012年から開催しております。ここでは、デザインの現場で活躍するゲストを迎えて、デザインと商品開発の関係を学ぶセミナー等を開催し、これらを通して、自社商品そのものやパッケージ、広告など多様な分野のデザインの重要性を企業が、また商品の魅力を伝えるために必要な複合的な視点のあり方をデザイナーが、それぞれ理解しながら両者で新たな価値の創造を図ります。また、今回、鹿児島市内企業の提供する商品デザイン課題に対し、全国のデザイナーから作品を募集する「かごしまデザインアワード2013」を開催いたします。鹿児島の特産品をはじめとする有望な資源をより輝かせるためのすばらしいデザイン案を全国の皆様よりお待ちしております。

おそれおおくもご高名な先生方と一緒に審査員を仰せつかっております。
e0103695_16123352.jpg

もちろん、鹿児島の出店企業の方が「デザインのおかげで利益やブランドや知名度が上がった!」「もっとデザインに力を入れたくなった!」といって喜んで頂けるような力作を推してきたいと思います。

すでに、募集は開始しているようです。

アワードのスケジュール

8月1日(木)作品募集開始
11月29日(金)11月29日(金)募集〆切(必着)、第1次審査開始
12月20日(金)第1次選考通過者発表、制作物受付開始
1月上旬第2次審査
1月20日(月)第2次選考通過者発表
2月上旬第2次選考通過者による最終プレゼンテーション審査(公開)、最優秀賞の決定、表彰式


詳細はこちらからどうぞ。
▽かごしまデザインアワード2013
http://kagoshima-design.jp/

プロダクトデザイン、パッケージデザインなどが課題です。腕に自身のあるデザイナーの方、ぜひふるってご応募ください。



【編集後記】
鹿児島には雄大な自然と美味しい食がたくさん。先日、始めて伺ったのでまだまだ見どころは沢山ありそうですが、観光地としてもとても魅力的。東京や九州以外のデザイナーの方もぜひ。地方の優良企業のブランディングやデザインのお仕事の契約が取れたら素敵ですね!出張も愉しくなりそうです(笑)


e0103695_16252637.jpg


それでは、みなさんもどうぞ良い週末を☆
by ujipublicity | 2013-08-30 16:41 | デザインセミナー
【開催】第7回 デザインマーケティングカフェ「デバイスに依存しないデザインプランニング」
お待たせしました!第7回 デザインマーケティングカフェ「デバイスに依存しないデザインプランニング」は7月11日(木)開催です。ゲストはVJでメディア企画のVJ_TAKUMAさん!

e0103695_21521237.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ソーシャルメディアとスマートフォンが隆盛を極めるなか、グーグルグラス(Google Glass)やアップルウォッチ(Apple Watch)などの新しいデバイス「ウェアラブル・デバイス(wearable device)」が登場し、注目を浴びています。これらの登場で、既存メディアやマーケティングにはどのような変化が起きるのでしょうか。

今回のデザインマーケティングカフェでは、メディア企業でアプリやAR(拡張現実)等を絡めた多彩なクロスメディア企画を展開し、一方、プライベートでも、ソーシャルメディアを駆使したイベント企画を数多く手掛け、意欲的に活動をされているVJ_TAKUMA氏をお招きします。

「デバイスに依存しないデザインプランニングMulti-Device Planning × Multi-Resource Design」とは?変化の時代のメディアミックスプランニングやバズマーケティング、ソーシャルメディアの活用法などについてお話を伺います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時:2013年7月11日(木)19:10〜21:30 (開場19:00)
定員:60名
会場:インターナショナル・デザインリエゾンセンター
住所:東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F
ゲスト:VJ_TAKUMA氏

会費:事前申し込み ¥5,000(税込)当日券 ¥5,500(税込)
※懇親会費を含みます。飲み物(フリードリンク)+軽食つき
http://dmcafe.peatix.com/ ←事前チケット申し込みはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第0部Party Time 19:10〜19:40 
デザインマーケティングカフェとゲストの紹介
お酒やお食事を各自おとりになり、素敵な音楽とVJでお楽しみください。気になるゲストや参加者との名刺交換もこの時間帯に・・・・

第1部
デバイスに依存しないコンテンツとコンテキスト/企画とは
1)ソーシャルメディアの新活用法
 セレンディピティを得るソーシャルメディア網の設置方法
2)メディアミックスプランニング×バズマーケティング
 成功例と失敗例から学ぶCGM (Consumer Generated Media) の活用法
3)クリエイタープランニング
 企画を着地させる為のクリエイター言語の翻訳方法とバッファの作り方 
4)質疑応答

第2部
クロストーク/登壇者+参加者によるディスカッション
☆当日の参加も可能ですが、お席に限りがあります。「我こそは!」という方はぜひ事前にご登録ください。

第3部
これだけはおさえておきたい!マルチユースデザイン&伝わるロゴデザイン10分講座(約30分)
プレゼントじゃんけん大会(デザイン書、ビジネス書などがあたります)
※ロゴを「戦略」や「意味」として捉え、ブランドを拡張するための秘訣をコンパクトにお話しします!

即時解散+撤収(希望者は2次会場へ※要事前登録)

デザインマーケティングカフェでは、登壇者のご講義を聴くにとどまらず、知的向上心に満ちたさまざまな業界からのユニークな参加者との交流もぜひお楽しみください。

今回もこの斬新なコンテンツにふさわしい、都心の快適ゾーン「インターナショナルデザインリエゾンセンター」(六本木ミッドタウン/デザインハブ内)にて開催します。夏の気配を感じるドキドキするような熱い夜を、斬新なコンテンツで。参加費にビール、日本酒、ワイン、ソフトドリンク、軽食代が含まれます。ぜひ、お誘い合わせの上ふるってご参加ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スペチャルゲスト紹介
e0103695_2224469.jpg

VJ_TAKUMA氏

TVのクロスメディア企画担当。クラブVJ。ネット上の大学、非営利NPO法人”ツブヤ大学”発起人。クリエイターやジャーナリスト、企業の皆様とソーシャル勉強会をUSTREAMで開講中。 Twitter:@VJ_TAKUMA

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
デザインマーケティングカフェ主催
ウジトモコ(アートディレクター) 

多摩美術大学グラフィックデザイン科卒 ウジパブリシティー代表取締役多摩美術大学グラフィックデザイン科卒
デザインを視覚に訴える経営戦略として捉える「視覚マーケティング」の提唱者。ビジュアルディレクターとして数多くの企業の新規事業開発、事業転換期のデザイン戦略を立案。フルメディアに対応可能・視覚戦略を駆使した「マルチユースデザイン」を実践・提供している。
著書に『視覚マーケティングのススメ』『視覚マーケティング実践講座』『売れるデザインのしくみ』 『デザインセンスを身につける』『伝わるロゴの基本』がある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

http://dmcafe.peatix.com/ ←事前チケット(¥5,000)申し込みフォーム 
(※当日券は¥5,500になります。)


【編集後記】
今回のイベントの2部と3部はノーツイート&ノーブログです。今後、どこかで公開される事もありません。資料の事後配布もありません。この機会をぜひお見逃しくなく!(すでに定員の半数のお申し込みを頂いております。)

梅雨明けの暑い夜を、デザインマーケティングカフェ@六本木でお会いしましょう!
by ujipublicity | 2013-06-20 18:15 | デザインセミナー
【開催】「タラントの会」でコミュニケーション/メディア/マーケティングの特別企画セミナー
3/14(木)渋谷ヒカリエカンファレンスにおきましてタラントの会主催による特別企画セミナーが開催されます。
e0103695_23212266.jpg

タラントの会とは・・・・
[才能を活かし今を輝く女性たちの可視化]と[次世代の女性の才能の開花]をテーマに昨年スタートした女性を中心としたコミュニティなのですが、
”男性が見ても聞いても、ビジネス上のヒントが得られる”
をモットーにしています。これからもセミナーをはじめ、男女共に役に立つイベントをどんどん企画していく予定です。

今回、記念すべき第1回のスペシャルゲストは、大躍進を続けるLineのご著書を2冊お持ちでかつ、Google+日本人3位、ツイッターでも17万を超えるフォロアーを持つブロガーのコグレマサトさん。

もともとタラントの会tumblrでホームページを作ったり、facebookを利用していたり、Google+のハングアウトでコミュニケーションをとったりしていたのですが、このあたりをみっちりおさえておこう、また、個人メディアとしてのソーシャルメディアの今後もおさえておきたいということで、ぜひにという流れとなりました。タラントの会の共同発起人のふたり(松本朋子+ウジトモコ)の研究分野の最先端も併せてこの機会に惜しみなく披露致します。詳細は下記をご覧ください。

『変化の激しい時代、今見直しが迫られる
   コミュニケーション/メディア/マーケティング』


◇日時:3月14日(木)13:30~17:00
◇会場:ヒカリエ カンファランス1104(東京・渋谷)
◇参加費:25,000円
◇募集:30名 残席5名(先着順)
◇お申し込みURL:http://ws.formzu.net/fgen/S14265545/
◇出演:ウジトモコ/コグレマサト/松本朋子/大槻水澄
ホワイトデー限定!【カップル割】が登場!
同性異性に関わらずお二人でお申し込みのかたに限り
2名様¥42,000(¥8,000おトク)
☆体にやさしいオーガニックスイーツのお土産付き

◇お申し込みURL:http://ws.formzu.net/fgen/S14265545/(お申し込みフォームのメッセージ欄に「カップル割希望」とお書きください)

≪プログラム≫

1.13:30~14:30 ビジュアルコミュニケーション ウジトモコ 
2.14:35~15:25 LINE,Google+ 自分メディア最適化 コグレマサト
3.15:30~16:45 マーケティングに活かすゲーミフィケーション 松本朋子
4.15:30~16:45 質疑応答&フリートーク 大槻水澄


=======================================
1.13:30~14:30
スタンプ、写真投稿・・・
コミュニケーションデザインは、いよいよビジュアルが主役です!
「ノンバーバルコミュニケーションの重要性といま求められる視覚メッセージ最適化」 
(株)ウジパブリシティ 代表取締役 ウジ トモコ

・なぜスタンプ?なぜビジュアル?の疑問に応える明確な3つの変化
・記号で記号を語るマーケティングコミュニケーションの衰退
・「自分メディアと他人メディア」「過去と未来」をリンクしてブランドの資産にするビジュアルアイデンティティ
・メディアリスクを軽減するための「新しいコミュニケーションデザイン」
・ブランドアイデンティティデザインはこれからが花盛り


=======================================
2.14:35~15:25 スペシャル・ゲスト

「自分メディアの最適化~LINE&Google+をビジネスで賢く使いこなすには?!」
コグレ マサト氏


=======================================
3.15:30~16:45

「情報革命と消費者の行動変化~マーケティングの今とゲーミフィケーション」
(株)マーケティング・ハピネス 代表取締役 松本 朋子

・産業革命に匹敵すると言われる、“情報革命”進行中。
・消費者、行動変化の実際。
・ゲーミフィケーションとは何か?マーケティングで取り入れるとは?
・マーケティングにおけるゲーミフィケーション成功事例。
・混乱を回避するためにこそのマーケティング!

=======================================
4.16:45~17:00
登壇者3人への質問タイム(MISUMI)



e0103695_22351046.jpg

□登壇者紹介

ウジ トモコ
(株)ウジパブリシティ 代表取締役 
アートディレクター
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒
広告代理店および制作会社にて三菱電機、日清食品、服部セイコーなど大手企業のクリエイティブを担当。1994年ウジパブリシティー設立。デザインを経営戦略として捉え、採用、販促、ブランディング等で飛躍的な効果を上げる「視覚マーケティング」の提唱者。
ビジュアルディレクターとして数多くの企業の新規事業開発、事業転換期のデザイン戦略を立案。視覚戦略を駆使したパフォーマンスの高いクリエイティブに定評がある。視覚マーケティングを軸にしたノンデザイナー向けデザインセミナーも多数開催。ちばデザイン塾(千葉工業大学主催)、日本マーケティング研究協会講師など。著書に
『視覚マーケティングのススメ』(クロスメディア・パブリッシング)
『視覚マーケティング実践講座ブログデザインで自分ブランドを魅せる』(インプレスジャパン)
『売れるデザインのしくみ -トーン・アンド・マナーで魅せるブランドデザイン-』(BNN新社)
『デザインセンスを身につける』(ソフトバンク新書)
がある。


コグレ マサト
http://netafull.net/
1972年生まれ、浦和育ち。浦和レッズサポーター。ISPの立ち上げ、メールマガジンの編集・発行などのコンテンツ制作、ウェブデザインなどいろいろやりつつ、最終的にはモノを書くのが好きだという結論に達する。
2001年9月より休止していたメールマガジンMac w@rmをネタフルに改称し、2002年7月より再開しました。ブログは2003年7月よりスタート。2004年アルファブロガーに選出。2006年8月、退職。アルファブロガー2006に再び選ばれる。各所でブログを書きつつコンサルティングを手がける。著書に
「“知りたい情報”がサクサク集まる!ネット速読の達人ワザ」(青春出版社刊)
「LINE なぜ若者たちは無料通話&メールに飛びついたのか?」 (共著・マイナビ新書刊)
などがある。


松本 朋子(まつもと・ともこ)
(株)マーケティング・ハピネス代表取締役
日経新聞系列の広告代理店で広告とデータベースサービスを担当した後1996年独立。
オリジナル調査「レシート調査」を実施、8年間続ける。同時期に凸版印刷パッケージ事業本部とディレクター契約。
現在は、消費者の購買のツボを巧みに付く、売れる手法の第一人者として活動。コンサル先は年商2倍、3倍、中小企業であれば6倍という実績がある。
購買のツボ=インサイトを研究する会「コンシューマー・インサイト研究会」を毎月東京、関西で主宰。
商工会議所、マーケティング研究協会、経営合理化協会講師。食品、美容、玩具、流通、銀行等幅広い業種の企業で講演。著書に
『あっ、買っちゃった。~一瞬でお客に反応させる快感マーケティング』(フォレスト出版)
『買わせる技術』(KKベストセラーズ)
『衝動買いさせる技術』(フォレスト2545新書)
がある。


□ファシリテーター

大槻 水澄(おおつき・みすみ) 
持田香織、阿部真央などの有名アーティストや、一線で活躍するビジネスパーソンにボイストレーニングを提供するマジカルトレーニングラボ主宰。あらゆるボイストレーニングをデザインするボイトレ・プロデューサー。 著書に
『「自分」が伝わる声ヂカラ』(ディスカヴァー)
自身も、米倉涼子主演『ダンボール・ハウスガール」サントラ、ロイ・ハーパーの“Dream Society”他、アルバム、CMなど500曲以上のレコーディングに参加したボーカリスト。現在は自らのバンドDazy‘sを中心にライブおよび、制作活動も行う。


お申し込みは以下のURLから。ホワイトデー限定カップル割が少しお得になっています。
http://ws.formzu.net/fgen/S14265545/


タラントの会とは・・・
e0103695_2045949.jpg
「才能の可視化」が「才能の開花」に繋がることを祈って…!
ソーシャル時代にふさわしく、入会金ナシ、会費ナシ、例会ナシ。
ゆるやかで温かい集まりです。

あ、この女性(ひと)素敵!と思ったらみんなでどんどん「可視化」していくことで、多くの女性が励まされ、また、ビジネスアイデアを得る男性方もいらっしゃるかもしれません。リアルで力強い真実を、少しずつでいいからきちんと伝えていきたい。女性が女性を息長く応援する事を私たちは、地道に長く続けていきます。

説明
タラントとはタレント・才能の語源です。
「才能を眠らせないで!」が合言葉。
女性の才能が最大限に生かされる社会の実現を目指します。

具体的には、才能を開花させている女性を「イノベーター」と呼び、
ソーシャルメディアで可視化していきます。
女性が女性を息長く、応援します。




【編集後記】
会場都合、登壇者スケジュールなど諸々調整していたら、けっこうギリギリの告知となってしまいました。すみません。以前、「コンセプト×ストーリー×デザイン」というジョイントセミナーを企画した事があり、それも大変に内容の濃いものとなったのですが、今回の「コミュニケーション/メディア/ゲーミフィケーション」にも、次代を勝ち残るために必要なあたらしいヒントや考え方が盛りだくさんのセミナーとなりそうです。

ブランドマネージャー、経営者、マーケティング担当者はもちろん、自分メディアをしっかりと定着させたい、ビジュアルやゲームの力を最大限活かして自身や自社サービスのマーケティングに取り組みたい方にも最適な内容となっています。

3/14(木)は渋谷ヒカリエカンファレンス、タラントの会 特別企画セミナー『変化の激しい時代、今見直しが迫られるコミュニケーション/メディア/マーケティング』でお会いしましょう!!
by ujipublicity | 2013-02-19 08:05 | デザインセミナー
「コンセプト」「ストーリー」「デザイン」でビジネスを輝かせる!2012いわきビジネスパーソン育成セミナー
e0103695_1465083.jpg
「コンセプト」「ストーリー」「デザイン」でビジネスを輝かせる!
2012いわきビジネスパーソン育成セミナー


「HACKS!シリーズ」「ビジネスモデル・ジェネレーション」などの著書でも有名な小山龍介さん、「仕事はストーリーで動かそう」他多数ご著書をお持ちの川上徹也さんとのリレーセミナーがいよいよ明日にせまりました。私の担当は「デザインマーケティングで差別化を図り、あなたや会社のブランド力をアップします」ーーーブランドをデザインで強くする為の思考法/施策について具体事例を紹介しながらその最も大切なポイントをお伝えします。

私も、最初の3回には生徒として参加します!
固定念から抜け出し、新しいビジネスモデルを作り出す概念(コンセプト)や思考方法、商品やサービスにストーリーを取り入れ小さくてもきらりと光るブランドのつくりかたなどバッチリ学んでこようと思います。ご参加される方、ぜひ、現地でお声がけくださいね。

■開催内容
開催名称
2012いわきビジネスパーソン育成セミナー

講師 
(株)ブルームコンセプト
代表取締役 小山 龍介 氏
1975年福岡県生まれ。京都大学文学部哲学科美術史卒業。大手広告代理店勤務を経て、サンダーバード国際経営大学院でMBAを取得。松竹株式会社プロデューサーとして歌舞伎をテーマにした新事業立ち上げに携わったあと、株式会社ブルームコンセプトを設立。ライフハックやビジネスモデル・ジェネレーション手法に基づく講演・セミナー・企業研修講師多数。主な著書に「IDEA HACKS!」「整理 HACKS!」(東洋経済新報社)翻訳に「ビジネスモデル・ジェネレーション」(翔泳社)
●http://www.bloomconcept.co.jp/

湘南ストーリーブランディング研究所
代表 川上 徹也 氏
大阪大学人間科学学部卒業後、広告代理店を経てコピーライターとして独立。数多くの企業の広告制作を手がける。広告賞の受賞多数。2008年11月、「仕事はストーリーで動かそう」を出版。"ビジネスにストーリーを導入することで仕事相手の感情を動かす"という内容は、多くのビジネスパーソンから熱い共感と支持を得た。

株式会社ウジパブリシティー
代表取締役 ウジ トモコ 氏
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒。広告代理店および制作会社にて大手企業のクリエイティブを担当。1994年ウジパブリシティー設立。デザインを経営戦略として捉え、採用、販促、ブランディング等で飛躍的な効果を上げる「視覚マーケティング」の提唱者。著書に「売れるデザインのしくみ」(BNN新社)、「デザインセンスを身につける」(ソフトバンク新書)などがある。
●http://uji-publicity.com/

e0103695_14254794.jpg

■ビジネスモデル【全1回】
・10/6(土)  14:00から16:00
■ストリートブランディング【全2回】
・10/20(土)・10/27(土)  14:00から16:00
■デザインマーケティング【全2回】
・11/10(土)・11/17(土)  14:00から16:00

場所
・10/6(土) いわきワシントンホテル
 福島県いわき市平一丁目1
http://washington-hotels.jp/
・10/20(土)・10/27(土)・11/10(土)・11/17(土)
 いわき市生涯学習プラザ
福島県いわき市平一丁目1ティーワンビル内
http://gakusyuplaza.city.iwaki.fukushima.jp/

定員
受講料
・40名
 定員になり次第申込を終了致します。
・1コース 3,000円  5コース受講で10,000円

申込方法
 「申込書」をダウンロードの後、必要事項をご記入の上FAX願います。
●お申込書ダウンロード(pdfファイル) 

申込先
 福島県商工会連合会 浜通り広域指導センター
(担当:川島、矢沢)
 〒970=8026
 いわき市平堂根町4の17
  いわき中央ビル5F
 TEL 0246(25)1011
 FAX 0246(25)1013
 E-mail hamadori@do-fukushima.or.jp


■カリキュラム
 【 CONCEPT 】10月6日(土)14:00〜16:00   
 固定念から抜け出し、新しいビジネスモデルを作り出す概念・思考を学びます。

 【 STORY 】10月20日(土)、10月27日(土)14:00〜16:00
 商品やサービスにストーリーを取り入れることで差別化し、あなたや会社のファンを作ります。
 
【 DESIGN 】11月10日(土)、11月17日(土) 14:00〜16:00
 デザインマーケティングで差別化を図り、あなたや会社のブランド力をアップします。



「コンセプト」「ストーリー」「デザイン」でビジネスを輝かせたい方、いわき市でお会いしましょう☆
by ujipublicity | 2012-10-05 14:29 | デザインセミナー