使える「デザインセミナー」
ujipub.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
筋肉と知性を表現するには?
健康的に痩せたい、いつまでも若く美しくありたいと願うセルフイメージの高い女性に今、最も注目されているスポーツ「加圧トレーニング」をあなたはご存知ですか?
今回の使えるデザインセミナーは「筋肉(スポーツ)と知性の表現」がテーマ。なんと、青山のGOLDGYMまで行って、体験取材までやってきましたよ。ふぅ~。
いったいどんな知性がどんな筋肉を作るのでしょう?最後まで読んでくださいね。


このブログはブログランキングに参加しています。何か面白いと思えることがあったら応援クリックお願いいたします☆


スーパーアスリートたちが集うGYM・・・

e0103695_0595143.jpg

正直言って、私自身、GOLD’S GYMにはちょっと興味がありました。

実は私、今まで3度も交通事故に遭ったことがあるんです。幸い、命に別状があるような事故ではなかったにせよ、頚椎を3度も痛めていますから、仕事がハードになったり気候や気圧の変化などによっては、頭痛や腰痛に悩まされることがあります。

最近は、ちょっとさぼり気味で通ってはいないのですが、以前はリハビリも兼ねて、結構きちんとしたパーソナルトレーニングを受けていた時期もありますし、最近ではスポーツジムでもきついと言われている「ボディシェイプ」というクラスに、時間さえあれば出るように心がけていたりもします。

何だかんだ言って、まぁ、要は「体育会系」なんですよね(笑)。

ちなみに今回、ブランド名刺を創るために取材体験をさせていただいたのは「加圧トレーニング統括指導者」の島田弘(しまだこう)さん。週一回のトレーニングで大きな効果を得るというそのパフォーマンスのよさが人気で、著名人、女性起業家などVIPクライアントも多いそうです。たとえば、今、申し込んだとしても、実際にトレーニングできるのは来年の3月から。なんと、ほぼ「6ヵ月待ち」なんですって。カリスマと噂される、島田弘(しまだこう)さんはちなみにこんなお方です↓

e0103695_105862.jpg


リアルな現場で印象を体感する

私がゴールドジムで島田さんにお会いして感じた第一印象、それはなんといっても、『筋肉の質が、この人、やっぱり、違う!』ということです。
勉強家で知識意欲の高い島田さんとは実は、セミナーや勉強会の会場で何度もお会いしているのですが、常に穏やかで笑顔を絶やさず「セレブ女性を鍛え上げる人」って、こんなやさしい感じなんだぁ・・と、変に感心した記憶があります。

今回はゴールドジムという、いわば島田さんのホームへ押しかけていった訳ですが、やはり、思ったとおり!勉強会でお会いするキャラとはちょっと違う「カリスマトレーナー」としての島田さんがそこにいらっしゃいました。まわりのムキムキマッチョマンたちも島田さんに「一目置いている感じ」は歴然です。

しかも、なんだか、ストレッチの聞いた感じの濃紺のトレーニングウエアがやたらにお洒落!!お医者さんが白衣が似合うのと同じく、スポーツをしている人って、本当にトレーニングウエアがよくお似合いですよね。

最初はあえて、ざっくりつくってみる

e0103695_135255.jpg

e0103695_142217.jpg

e0103695_15821.jpg


これは、私が実際に初回の提案で島田さんにお出しした名刺のラフデザインです。濃紺の「やたらカッコいい」トレーニングウエアと「強靭な筋力」そして「ロジカルな手法」。にこやかであったり、甘さのようなものはすべて切り捨て、その知恵と筋力を見せ付ける、そういったディレクションの中で浮かび上がってきたのが実は上の3案です。

実際、このときのメールで、島田さんと私の間にこのようなやり取りがされています


とりあえずざっと創ってみました。

3案ありますが、私の中のイメージは
○○さんのセミナーに来ている時のこうちゃんさんではなく、GOLD GYMでカリスマやっている「島田さん」のイメージです。

キーカラーを濃紺にしているのは、

「トレーニングウエア」のイメージ

黒も使っていますが
GOLD GYMのテーマカラーも黒だったし、
加圧のベルトも黒かったし、
なんか全体的に「強い」イメージを出したかったからです。

とはいえ、ものすごく強い人がやさしく丁寧に指導してくれる感じは、本人にお会いしたらすぐに分かるので名刺はそっちを強調しました。

表面はインパクトを出したかったので
お名前と(良くできているホームページの)URLだけです。

裏面も、資格の説明などは省き、プロフィールを中心とした
「カリスマの証」にしました。

捨て案はなく「どれもオススメ3案」です。
(原文のまま)

ちなみにこれが裏面。裏面は、ステイタスとエピソードをばっちりいれて、保有資格も表記、イラストも入れました。「見せて、感じさせた」所で「読ませて、納得させる」という方法ですね。

e0103695_1114451.jpg



イメージの密度を上げる

結局、強さの中にやさしさという中途半端な案は切り捨て、イメージの精度を上げる作業にかかります。実際、島田さんサイドからも、「似顔絵を前に入れたら?」「グラデーションを入れてみたら?」などのご要望がありました。

e0103695_194063.jpg

e0103695_1261368.jpg


なんとなくブランド名刺「らしく」なってきましたね。
スポーツグラフィック特有の質感や島田さんの「凄さ」が、肌で伝わってくるようになりました。意外だったのは表面にイラストが入っているのが結構「しっくり」いっているということ。私には思いつきません(笑)。実際、よく自分でも言っている事なのですが、イメージを大きく変える時やリニューアルする際は、あくまでもイメージの「バージョンアップ」。他人になってしまっては意味がないし、ころころ変えすぎるのは信頼を損ないます。「デザイン資産」を運用しなければ!


「客単価をさげてもいいの?」

実はこのあと、イラストの周りに「オレンジの炎を燃やしてみる」「文字色を暖色にしてみる」などの細かい調整もあったのですが、ここは品質とイメージ管理の立場からご助言をさせていただいています。

「スポーツトレーナー界のブルガリみたいな人が、このイメージだと安くなっていってしまう。お客さんの単価を下げるようなことをしてもいいの?高田の馬場のブルガリになっちゃってもいいの」と。(注:私はブルガリマニアではありませんが).

たとえば、島田さんのように、フィーも高く、人気も抜群であるならば、何も媚びたイメージを作る必要はないでしょう。

かといって、本人と「自己統一性」がなければ、ツールとしての切れ味はなくなってしまう。クリエイターの持ち味の鋭さを使えば、実は、カンタンにゴールにたどり着くことができます。でも、その顧客のイメージと摺り合わせながら精度を上げていかなければ、「赤の他人からは評価されるデザイン」であっても、「顧客のステイタスを上げるデザイン」になる事は不可能なのです。



e0103695_115698.jpg

e0103695_1153211.jpg



「このBLOG使える!」
e0103695_19215081.gif

と思ったら1Clickの応援、お願いします☆


今回は、私が研究テーマとしている「視覚マーケティング」のお手伝いをしていただくために、最終的に2タイプ実際に持っていただき、周囲の感想を聞いていただくことになりました。
ちょっと見、よく似ていて、かつ「どちらもお奨め案」であることに間違いはないのですが、この二つの名刺には、実は異なる視覚メッセージが発信されています。

あと、これは2案ともなんですが、ご本人には内緒で(笑)、島田さんのある「強み」を視覚メッセージに埋め込んでいます。

いよいよ明日から、島田さんはこの新しい名刺をお使いになられるんだそうです。どちらに、どんな感想が寄せられるのでしょうね(笑)。

かなり愉しみな私です。

(2007年10月3日 追記)
昨日、島田さんよりメールを頂きました。

名刺、渡した人全員から
「かっこいい~」
と言われています(^^)v 」


こういうのはデザイナーをやっていて一番嬉しいことですね。
寝不足で、たとえお肌ががさがさになったとしても、
毎日があわただしくて、くつろぎの時間がなかなか取れなかったとしても、
「自分の能力や経験を生かして人様のお役に立てる」
こんな素晴らしい仕事はない、と思ってます。

島田さん、いろいろと、ご協力ありがとうございます!


▼参考サイト
週1回の加圧トレーニングで美しくなる

関連記事▼
ビジネスイメージを考える
自分の色を変えよう
デザイン資産の運用
by ujipublicity | 2007-09-28 01:40 | 戦略とデザイン
新会社設立/最短で最高のイメージを・・
中小企業の新会社の設立にあたってデザインやブランディングのお手伝いをさせていただく機会は多いのですが、経営者さまの悩みはほぼ同じのようです。
1. 「もう時間がない」2.「予算は限られているし」3.「イメージ、難しいなぁ・・・」さあ、あなたならどうしますか?今回は、「勝ちパターン」販促をすでに3連発している、あるIT企業の例をご紹介します。

このブログはブログランキングに参加しています。小さいデザインの現場から「これ、使える!」と思った日々の出来事をお伝えしていきます。1クリックで応援してください!


表現提案やデザインを効率化する「タイムハック」では、どのタイミングで何を決めたか、何を作ったか、どこで時間を稼いだのか、という「時間割」と「進行」がとても重要です。


(リリース45日前)
ロゴタイプの提案時に同時に名刺やレターヘッドの提案
e0103695_13341543.jpg

ロゴタイプ提案時に名刺やレターヘッドをまとめて提案するのは、ロゴだけの提案だと「実際のツールになった時の印象を見ないまま」デザイン案を決定してしまうからです。
また、このタイミングでステーショナリーを作ってしまえば、一番制作時間のかかる印刷行程を経ている間に他のツール制作もできます。今回は作成していませんが、フォルダーなどを作る場合もこのタイミングで提案してしまいます。

ちなみにこの時はA案の他に3案とバリエーション提出していますがA案で即決していただきました。もちろんここでお客様自身が決断できず、もしも2週間悩まれてしまったら、あたりまえですが納期は2週間おしてしまいます。



(リリース35日前)
会社案内、ウェブサイトのイメージをほぼ同時に提案

e0103695_13354186.jpg

e0103695_1341175.jpg

WEBと印刷物の連動は実際、制作するタイミングがずれたり、ツールの重要度、ターゲットの異なる場合などもありとても難しいことです。ただ新会社設立の場合、いち早く「実態として存在する」必要があり、媒体連動は企業にとってその実在感を大きく支援してくれるツールです。

紙媒体とネットでは永続的にその使命が異なる事が多く、なるべくなら初期段階にイメージの誤差を埋めておく必要があります。ここでこれをやっておかないと、結局はあとでツールのコントロールに悩み、そのギャップを埋めるために手間や費用が裂かれる事は間違いないのでしょう。


レターヘッドと名刺は、なるべく早いタイミングで

e0103695_13364826.jpg

レータ−ヘッドのなどもきちんとしていると好感をもたれますね。新会社設立時はご挨拶やご連絡が多くなります。当社はこれをpdfで納品しています。自社のプリンターでの印刷でも、全くかまいませんし、ちょっとしたセールスレターであれば、これに社内の方の自筆のお便りなどが非常に効果的であるにちがいありません。


リクルート用別紙パンフレット

e0103695_13371268.jpg

ひろく間口を広げて未経験のキャリアの中からでも優秀な人材を発掘するには、企業として好感をもたれ、自分の将来として夢を描ける、というアプローチが必須です。応募者の多くは、企業が何をやっているかではなく、採用に対してどれだけエネルギーを使っているか、という事に着目してしまいます。たしかにリアルビジネスが見えてこない、若いターゲット層にとっては、仕方がない事かもしれません。



(リリース30日前)
すべてのイメージの核になる部分はこのタイミングで完全に決定
e0103695_13381695.jpg

印刷物はすべて入稿済みの状態を一カ月前に作り上げてしまいます。
サーバやドメイン取得は1カ月前までに済ませましょう。もちろん、すぐにCominSoon画面をアップして、下階層にテストデイレクトリを用意しておく事も忘れずに。



(リリース15日前)
名刺や会社案内はもう納品済み。いよいよウェブコンテンツのつくりこみです。
e0103695_1340164.jpg

採用目的のサイトであれば、入社後の研修制度はもちろん、人生のライフプランも立てやすいよう、FAQなどのコンテンツは充実させておく必要がありますね。

e0103695_13395080.jpg
もちろんこんなTHANK YOU画面も手抜きは禁物です。



(リリース1週間前)
すべてのコンテンツほぼ決定
e0103695_13393095.jpg

TOPのフラッシュムービーを除いて、ほとんどすべてのコンテンツが出来上がりました。最終チェックを先方にお願いしている状態です。ここで、時間がかる封筒があがってきました。今回は印刷所の8月のお盆休みもあって、ギリギリのタイミングでした。(あぶなかった〜)


(リリース3日前)
FLASHムービーの完成
e0103695_13391267.jpg

イントロはとても短いですが、ロゴタイプとキャッチコピーが印象に残るムービーになっています。消えては無くなる、ロゴのグラフィックが気をとられているうちに、知らない間にスローガンもロゴも覚えてしまったという作戦ですね。
表現として過激な事をしている訳ではありませんが20社くらい同時に見ているという応募者でも、強く印象に残る事だけは確かです。

駆け足でご説明しましたが、やはりご担当者の「ご協力」無くしてこのような行程はあり得ません。

美しく知的で、いさぎのいい広報担当者さま+カリスマトップの即判断+がんばる現場力、この3つあってはじめてリリースの日を迎えたという事はいう間でもありません。

ちなみにこちらの企業からはすでに次のプロジェクトのお声がけを頂いていて、すでにロゴタイプとレターヘッドまで提案済み、今回も即決でしたね(笑)。

いつも本当にありがとうございます☆


「このBLOG使える!」
e0103695_19215081.gif

と思ったら1Clickの応援、お願いします☆



▼事例提供:株式会社システムダルテ
社会と暮らしをテクノロジーで支える「システムダルテ」


▼関連記事・企業イメージを可視化
キービジュアルのつくられ方
デザイン資産の運用
おすすめA案の呪縛から逃れるための「ワーク」
by ujipublicity | 2007-09-17 13:51 | デザインTIPS!
3億円のイメージ?3万円のイメージ?
私の知り合いのディレクターの新しいボスは、ちょっと有名なブランディングディレクターなんですが、ちなみに、最近のプロジェクトはデザインフィー3億円だそうです。え、3億円のイメージって・・?答えは文末に書きます。最後まで読んでくださいね☆

このブログはブログランキングに参加しています。何かひとつでも、なるほど、と思えることがありましたら、ぜひ、応援のクリック、忘れずによろしくお願いいたします!


芦屋の大先生

先週、大阪に行ったのですが、その翌日、芦屋では著明な整体の中西貴大先生のところに伺ってきました。

大先生..といいながら、中西先生は、あるセミナーの同期生で、親しくしていたいただいているのをいい事に、今回、ずうずうしく押しかけてしまったのですが、お時間のない中、二人丁寧に見て頂いたうえ、私の崩壊寸前の手首の関節の問題について、指摘と指導をして頂きました。

デザイナーにとって、手、そして目は商売道具。これが使えなくなっては、もはやデザイナーに生命はありません。

今回は先生へのご恩返しもかねて、中西先生の名刺を「使えるデザイン」に変えてみます。

使えるデザインセミナーでも名刺コンテンツはいつも人気がありますしね☆

e0103695_2575615.jpg


偉い人は、肩書が多い

そうですね。中西先生のように、偉くて、資格もお持ちで院長となると実はレイアウトは大変です。注意書きのように、見どころがたくさんあり過ぎるために、実際にはどこも目立ちにくい、という現象が起こりがちです。

実は私達が通っているその講座では、自分のプロフィールのエッジをたてる、と言う授業もあり、先生は新しい名刺を用意されていました。


e0103695_2591171.jpg


ずいぶんとすっきりしています。

肩書きも一本に絞られているし、裏面を使ってエピソードや顧客の評価が入っています。これなら、初めての患者さんも安心できそうですね。

でも「使えるデザインセミナー」的にいうと、これでもまだまだダメなのです。
e0103695_302710.jpg

視覚でメッセージしていない、まだデザインを「使えていない」状態です。


まず先生、個人の名刺を、ざっくり要素半分くらい、カットしてしまい文字に強弱をつけて、カリスマ整体師らしく縦組のレイアウトにしてみました。

e0103695_317100.gif


ツールの感度をあげる

そもそも、先生はすでに偉いのです。偉い人が、営業チラシを手に一杯握りしめているなんて、見た目にもへんですよね。洗剤とか景品とか、間違っても持ってちゃいけません。ともかくにシンプルに、そして堂々と。ともかく先生は偉い人だ、ただもんじゃない、とうメッセージが名刺ひとつにとってもとても大切なのです。

以前、あるお仕事で当社の事例を「シンプルなのにインパクトのあるデザイン」と評価して頂いた事がありました。とても、ありがたい事ではありますが・・・私に言わせれば、シンプルだから、インパクトが出せるのです。



e0103695_315010.jpg


好感のフォロー

確かに、正々堂々と立派なレイアウトになりましたが、実はとても大切なものを半分くらい削っています。そう、とても大切なもの。「0歳からの整体」エピソードです。0歳というのは、非常に重要なメッセージです。0歳がOKなら、「うちの10歳の子も大丈夫ね」「ウチの80歳のおばあちゃんも行けるわね」ということになります。

実際、私たちが帰り際に会ったのは10歳くらいの少年とお母さんでした。

いままだ、世間一般に認知されていないサービスというのは、とても価値のあるお仕事だと私は思います。マクドナルド創業者レイ・ロックの「Be daring(勇気を持って)、Be first(誰よりも先に)、Be different(人と違った事をする)」と言う金言にもある通り(『成功はゴミ箱の中に』レイ・クロック/ロバート・アンダーソン共著より引用)まさに、人がやっていない、誰よりも先に始めている素晴らしいサービスなのですから、それだけでビジネスカードをもう一枚、創る価値は充分にあります。

実際、日本でデザイナーという職業は、過小評価されていると思っています。名刺だったら、版下代だけだし、誌面も小さいから安くできたら安いほどいいなぁ・・というのがホンネのところでしょう。

本当のところ、名刺というのは、あなたが素晴らしく価値があって、他の人とは違うという事を強く印象づけながらコミュニケーションできる、最初の一手なのです。


「このBLOG使える!」
e0103695_19215081.gif

と思ったら1Clickの応援、お願いします☆


最初の3億円のデザインの話に戻りますね。
つまり、簡単にいってしまうと、ロゴやCIは企業を象徴して創ります。その象徴に、規範や行動が合っているか、と言う事を一元化するためにアプリケーションをつくっているのだそうです。

名刺や、小さいツール店頭や店舗、トイレやエントランス、すべてのツールにおいて、
「らしさ」が定着されているかってこと、、それががすなわち3億円なのです。

皆さんも、お支払いする金額はともかく、ロゴとか、名刺とか、これは3億円のイメージだなって想像してみてください。

もっと、魅力的な自分を「魅せる」ことができるはずです。

関連記事▼
アンバランスのバランス力
名刺生き残りチャンピオン(レイアウト編)
by ujipublicity | 2007-09-06 03:21 | 戦略とデザイン