使える「デザインセミナー」
ujipub.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ちょうどいい距離感
今は昔、といってもほんの十数年前の話です。私はある制作プロダクションでデザイナーをしていました。そして、朝一番の仕事は決まって「のり」を作る事でした。「のり」といっても食べる「海苔」じゃありません。紙を貼る「糊」です。
・・・「え〜っ、ほんとに??」ええ、ホントの話ですよ。だって、当時はマックとかPCなんて世の中には無くて、写植を切ったり貼ったりして、印刷物のデザインをしていたんですからね(笑)。

ブログランキングに参加しています。応援1クリック宜しくお願いいたします☆


先日、某有名編集者の方と名刺交換をする機会があったのですが光栄にもその有名編集者の方から『自分を変える!リセットそうじ術』という新刊を送って頂きました。

やっぱり「今時のデザインオフィス」はスカーッと片づいていないと!なんだか説得力もありません(笑)。仕事も立て込む一方ですが、フル回転しながらも「リセット」しなきゃと古い資料や終了案件などバシバシ捨てまくっていた時、ふと目に止まったものがありました。

「デバイダー」そして「ピンセット」

もしも、版下というものをご存じの方であるならば、それが何をする為の物か多分ご存じでしょう。そうです。いわゆる版下を作る為の道具です。

私はそもそも、広告代理店に新卒で入社していましたから、版下は「外注」する事ができる立場の人間でした。それをあえて、版下まで制作する「事務所」に給料ダウンさえ覚悟で転職したのには大きな意味があります。

フィニッシュを経験する事、デザインを版下まで制作することで「デザインのツメ」「デザインの精度」を極限まであげたかったのです。

前置きが長くなりましたが、今日のテーマは文字と文字の「ちょうどいい距離感」。ここからは、文字、少なめでいきまーす☆最後まで読んでくださいね。

ブログランキングに参加しています。応援1クリック、今日も忘れずに☆


e0103695_1051162.jpg

普通に組んだ文字(00)
「写研」育ちの私たちにも「モリサワ」の書体の精度が上がったのは非常に良く分かります。

e0103695_107770.jpg

でも、普通に組んだだけでは、文字間(スペース)がバラバラ(01)
アドビイラストレーターを始め、DTPのアプリケーションには自動で「ツメ」の機能が搭載されていますが、やはり、日本語って組むのは難しいですね。

e0103695_10102057.jpg

optionプラス矢印キー→←で、ちょこっとカーニングを修正(02)
お〜、なんだかすっきりしていいですね。ちょうどいい距離感!

e0103695_10184143.jpg

さらに文字のスペースをあけると・・・(03)
あなたとはつかず離れずの間柄・・・なんていうのもありますよね。文字もただ、つめればイイってもんじゃありません。なんとなく、印象が変わって行くのって感じられます?

e0103695_10222912.jpg

ここからが「プロ」の領域といわれてますが・・・(04)
ちょっとスマートさ・・・を表現したいのであればここからのひと手間で大きく原稿がグレードアップしていきます。やる事まではここまでと同じ、ほんのひと手間で印象が「高級ホテル」並みにアップしますので是非チャレンジを。

e0103695_1026037.jpg

ほらね、凄く「高そうな」文字組になってきたでしょ!(05)
全く、世の中は便利になりましたよね。でも、私は「ワードしか持っていないからなぁ・・」という方は、DTPオペレーターの方に、ちょっと文字組みていねいにねって一言、声をかけておけば宜しいかと思います。

e0103695_115208.jpg

文字の距離は=(イコール)対象との距離(06)
「買って買って!」「すぐに儲かる!!」系のアプローチに、この文字組みはもちろんお勧めできませんが・・・。業者からレイアウトが上がってきて、なんだかしっくりこないなぁ・・・と迷われた時、もっともっと高級感をだしたいとか逆にもっと対象に近づきたいなぁ・・・なんていう時には

「文字の距離感」が「使える」という事をちょっと思い出してみてくださいね。


「このBLOG使える!」
e0103695_19215081.gif

と思ったら1Clickの応援、お願いします☆


で、デバイダーとピンセット、やっぱり捨てられませんでした。。。
こういう道具を使って私が培ってきたもの。いえ、道具を使って仕事を覚える事で「感性を磨いてもらった」事を何となく思い出してしまい、逆になんだかじーんとしてしまった私です。そっか、こういう過去があるから今があるんだなぁって。もちろん「糊」はずいぶん前に全部捨ててしまいましたけどどね(笑)。

ともかく、仕事はたまる一方ですがリセットとリスタートは大いに成功!D社のT様、素敵な本のご紹介、ありがとうございました☆

▼関連書籍
『自分を変える!リセットそうじ術』
by ujipublicity | 2007-10-24 10:53 | 戦略とデザイン
ネコのキャラクターといえば・・・
2006年10月に新しいシンボルマークを導入し、「システム中心」から「人が中心」の企業に華麗なる変身を遂げ、躍進を続けるある企業から、自社のデータベースサイトのキャラクター制作の依頼を受けました。企業姿勢やサービスをユーザーにメッセージする重要な役割をもつ「使えるキャラクター」であることはもちろん「愛されるキャラクター」でなくてはなりません。

このブログはブログランキングに参加しています。何か面白いと思えることがあったら応援クリックお願いいたします☆


ネーミングに由来する動物キャラクターをつくる

データベースのサイト名は
Custemer-Aid Technology & Service by Information 」
短くちぢめて「CATS」、すなわち今回のテーマは「ネコ」です。私たちは、まず、丸二日、3人がかりですでに世の中に出回っている「ネコ」のキャラクターを調べます。たとえ、わざとでなくても、出来上がった制作物が万が一何かに似ていたら、お客様に迷惑をかけてしまうからです。


「ネコらしいネコ」vs「人間味溢れるネコ」
e0103695_14372791.gif


次はキャラクターのイメージとサイトのイメージを重ね合わせてのコンセプト作り。これを、キャラクターはキャラクター制作チーム 、サイトはサイトとやっていると・・・

関連記事▼
新会社設立/最短で最高のイメージを・・
でも、お話したように

費用も時間もざっと見積もって3倍。というか一緒に創ることでとてもパフォーマンスとしては高くなります。結局、インターフェイスは企業サイトと連動したイメージで人間味溢れるネコ、ということでこの2案に絞られました。


「マスターゲットにむける、穏やかで愛されるイメージ」
vs
「ピンポイントユーザーの心を捉えて話さない個性的で魅力的なネコ」




e0103695_14384468.jpg


個人的な好みでいうと、私はこのネコは大好きでした。
なんか、自分に正直に生きている感じ?もしかしたら、すでにどこかで出会っている、誰かに似ているのかもしれません。


e0103695_14391013.gif


ちなみに最終的な結論として、私たちが選んだ結論はこちらです。


こういうレベルまでいったら、イラストの良し悪し、ではもうありません。企業が誰に向けて、何を発信し、どこまで繋がりを持っていくのかという視覚戦略の領域なのです。つまりイラストが良いか悪いかではなく

「人を中心としたオートメーションで、安心・快適・達成感を実現」

をより表現できるのはどちらか、という選択でしかありえないのです。



「このBLOG使える!」
e0103695_19215081.gif

と思ったら1Clickの応援、お願いします☆


実際にサイトは公開されていますが、印象的なシーンをいくつかご紹介しますね。FLASH PLAYER最新版をすでにインストールされている方は、是非、ムービーもご覧ください。

かわいいです(*^-^*)。
e0103695_1439321.jpg

e0103695_14394250.jpg

e0103695_14395186.jpg

e0103695_1440160.jpg
e0103695_1440849.jpg

e0103695_1440174.jpg

e0103695_14402671.jpg

e0103695_14404978.jpg

e0103695_14405859.jpg

e0103695_1441882.jpg


▼参考サイト
CATS-I ログイン画面


関連記事▼
新会社設立/最短で最高のイメージを・・


-------------------------------------------------------------------

STAFF INFORMATION
Design Farm : UJI PUBLICITY
ART DIRECTER : TOMOKO UJI
MAIN ILLUSTRATER :MARI TAKAHASHI , MIHOKO TOI
SUPPORT ILLUSTRATER : YAMAGI , AKANE SAOTOH

-----------------------------------------------------------------------

このブログに掲載されている作品をUJI PUBLICITYの許可無く
無断転載、無断使用、無断複製することは固くお断り申し上げます。

(C) 2007 UJI PUBLICITY ALL RIGHT RESERVED
by ujipublicity | 2007-10-06 14:44 | 戦略とデザイン