使える「デザインセミナー」
ujipub.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
<   2008年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
著者ブランド応援名刺エントリーまとめ(1)
「10年愛されるベストセラー作家養成講座」というのをご存知でしょうか。とてつもなく魅力的ではんぱなく面白い・・そんな人たちが集まる「すごーい講座」なんですよ。

ブログランキングに参加しています。応援1クリック、宜しくお願いします☆


◼それは、カリスマ整体師から始まった

96万個の背骨とすでに対話を重ね道を究めたという、カリスマ先生の名刺デザインが実は事の発端でした。自分の企画が全く思いつかないのに、名刺のデザインは思いついちゃったんですよね。「中西先生、とりえず、今の名刺はなんか先生のすごさが表現できていないみたい・・・」

e0103695_23304513.gif

e0103695_2331672.jpg

芦屋の大先生というエントリーすでに紹介させていただいていますのでぜひこちらも!


◼あの芸能人も有名コンサルタントも。筋肉を作ったカリスマトレーナー

中西先生とカリスマパーソナルトレーナーの島田さんは大の仲良しだったので、即効お声がかかりました。取材とかなんとか言って、加圧トレーニング体験までさせてもらいました。筋肉のIT革命?!いえいえ、正しくは島田さんのサイトをご覧くださいね。http://www.k-conditioning.com/index.html

e0103695_23412794.jpg

当時、こんなエントリーも書いてましたっけ。筋肉と知性を表現するには?


◼10年愛の華麗なる先輩達

e0103695_2346333.jpg


先輩後輩って今の世の中、どうなんでしょうね。でも、この「10年愛」でいうと「愛あるダメだし」に象徴される、強いきずながあって先輩はとても後輩思いです。ちなみにこれはファッションプロデユーサーの鴫原さんの名刺ですが、どうも鴫原さん本人は覚えていらっしゃらないようなんですが・・・「あなた10年愛に行った方が絶対にいいわよ!」とお勧めしてくれた方でもあります(笑)。

サイトも作らせてもらっています。http://shigihara-h.jp/


◼アメリカ人1万人をイエスといわせた男
イケメン名刺と名付けてみたんですが・・・

e0103695_0571144.jpg


マーク富岡さんもすごいです。日本人の最も苦手とする分野であり、これからもっとも必要とされる「交渉」ジャンルのスペシャリスト。グローバルなお方です。講座期間中は、いろいろとアドバイスしていただきました。ありがとうございました!!
ユダヤ商人を手玉に取るマーケティング講座
【世界75カ国を飛び回る海外マーケッターが教える】〜世界でも通用するスマートな 「ビジネススキル」 をつける法〜


◼日本中どこでも・・・一番目立つウエスタン税理士さん

e0103695_03643.jpg


1GBのウエスタンハットというエントリーですでにご紹介済みですが「日本で唯一のカウボーイ税理士」なんですよ。ウエスタンさんは。たぶんウエスタンさんネタで、2,3本はエントリーが出来そうですけど(笑)。3/10にいよいよ配本ですね!応援しています☆
ウエスタン安藤 税の荒野を行く!


◼イタリアの優雅な暮らしを教えてくれる・・・

e0103695_083637.jpg


一級建築士でインテリアデザイナーの戸倉容子さんの名刺は、事務所の皆さんおひとりずつにお選びいただいた作品の写真集になっています。デザイナーさんらしく、判型も少し細長くてシャープなイメージです。はっきり言って素敵です。うっとり。こんな豪邸に一度でいいから住んでみたい・・・。「全員の名刺を集めたいねぇ」とおっしゃっていたいただいたクライアントさんもいらっしゃるとか。たしかに見応えありますよね。女性の感性で住宅をデザインする建築設計事務所ドムスデザイン


◼現場取材と情報ネットワーク今を伝える教育ジャーナリスト

e0103695_0193716.jpg

e0103695_0195537.jpg


「子供と出かける遊び場ガイド」は私も実は愛読者でした。封筒も作っていただいたんですよね。鮮やかなグリーンは、現行サイトのイメージでもありましたがちょっと改まった取材用にと2パターンの名刺を作りました。

まだまだ寒さが厳しい日が続いていますが、一日も早く、お母様の体調のご回復をお祈りしています!!



ブログランキングに参加しています。応援1クリック宜しくお願いいたします!



半年間、実ビジネスの合間を縫って、闇雲にただがむしゃらに創っていたようで、いろいろと大きな学びがありました。普段やっている事は中小企業のブランディングで、近いといえば確かにそうですが、より小さい紙面、より限られた条件というものがあり、パーソナルブランディングの骨子を掴んだような手応えも。

最近の名刺の流行りでいうと、ジャバラ折で何ページにもなっているもの、冊子形式のものなどもありますが、あえて「表と裏」「魅せて、読ませる」の可能性にトライしています。

というか結局、沢山書いてあっても読んでくれなければ同じなのです。名刺をもらう時は、沢山のひとからいっぺんにもらう訳ですし、所詮ここですべてを伝えるのは無理ですよね。何か引っかかってもらって、強烈に印象づける事でウエブサイトや個人ブログに引っ張れればいいわけです。

そして何よりも一番大切な事は、どんなに素敵で魅力的な人たちかという事を「見て感じて」もらえる事だと思っています。

度重なるトライ&エラーにおつき合いいただき、また受け取った人の反応や性別などテストマーケティングにもご協力を頂きました。ありがとうございました。



関連サイト▼
『10年愛される「ベストセラー作家」養成コース』入門講座
by ujipublicity | 2008-02-13 00:43 | まずは名刺を作ろう