使える「デザインセミナー」
ujipub.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
「デザインなんて、哲学そのものだろう」第2回デザインマーケティングカフェまとめレポート
「デザインとブランドアイデンティティ」セミナー&特別講演

「デザインとブランドアイデンティティ」デザインセミナー&特別講演会が
無事終了しました。つぶやきのまとめやUSTの録画にて、当日の様子がご覧になれます。

「デザインとブランドアイデンティティ」セミナー&特別講演

特にアナウンスもしていませんでしたが、今回の「黄色」のキーカラーには、<やる気><論理>、風水では<金運>などの意味があるとされています。一方、「茶色」は土をイメージしている色ですが<蓄積>や<基盤>、そこから発展して<信頼性>の意味などもあります。


「デザインとブランドアイデンティティ」セミナー&特別講演

ということで、第一部では「資産になる(=ストック?)デザインの正解とは何か?」について考えます。図は「視覚マーケティングのススメ」からいつも使っているものですが、広告やプロモーション、実業やPRのすべてが「蓄積」されてブランドを形成していきますよ、というイメージです。

「デザインとブランドアイデンティティ」セミナー&特別講演

そのためには短期目標と中・長期が同じ方向を向いていなければなりません。「軸」とか「道」等と言い換えると解りやすいかもしれません。ふらふらしてはダメよ、という意味です。

「デザインとブランドアイデンティティ」セミナー&特別講演

それに対して「デザインの正解」を、<今、売れている(評価されている)→老若男女に受けている、シンプルなブランドの既存イメージ>などを目標にしてしまう、事例参考主義(?)や見本追随主義(笑)はダメですよ。流行廃りを追いかけて、あちこちをふらふらしていると色々なものが無駄になりますし、また、次に打つ手も、だんだん解らなくなってしまいますよね。というようなお話をさせて頂きました。

自身のポジションを知り、現地点とは何か?を深めつつ、未来を考えていきましょう、というのがシカマケ(=視覚マーケティング)の概要なのですが、自分自身は自分を見えないと言うか、現状分析がやはり難しいのですね。

「デザインとブランドアイデンティティ」セミナー&特別講演

成長企業は(アップル、サムソンなど)は、自身の「ポジション」を明確にし、「デザイン」「マーケティング」「テクノロジー」の矛先を同じくし、、強く、そして永く使えるデザインの答えを出すことに成功しています。

「デザインとブランドアイデンティティ」セミナー&特別講演

デザインやブランドは「運用計画」も重要です。使い続けないことには効果も現れては来ません。また、メンテナンス(見直し)の他に、管理(マネジメント)が非常に大切であると言うこともお話ししました。


「デザインとブランドアイデンティティ」セミナー&特別講演

こちらのイベントでも何度かくり返してお伝えさせて頂いた「デザインのスタートとゴール」ですが、ゴールとはつまり「今売れているもの」つまり「データベース」であったり「すでにあるカテゴリー」ではありません。

デザインのゴールとは、事業の「ミッション」や「ビジョン」を貫き継続すること、つまりアイデンティティそのものなのです。

逆にスタートとはなんでしょう?現状、己の「今」を知るということは、未来も含めての過去からの「本質」つまり、「根源」的なものを思い知るようなことなのではないかなぁ、というのが、今回の芦田先生のデザイン講義を受けての私の感想です。

芦田先生の了承を得ましたので、当日のスライドをこちらで公開させて頂きます。



デザインとは何か ― 〈意味〉の超越的な時間性について


デザインとは何か ― 〈意味〉の超越的な時間性について


もっとよむ>>
by ujipublicity | 2010-09-22 12:23 | ブランド構築とアイデンティティ
『世界一わかりやすい4コマビジネス書ガイド』最も正しい(?)楽しみ方

ビジネス書を女性ならではの独特の視点と可愛いキャラクター『勉子』の4コマ漫画で紹介する『女子勉』ブログの勉子さんから、待望の新刊、世界一わかりやすい4コマビジネス書ガイドを献本で頂きました!ありがとうございます!

すでに蒼々たる、書評家の大御所のほとんど(?)というくらいのブログでご紹介が終わっているくらい、注目の新刊だったと思うのですが、想定読者にやや近めの「女子目線」&「絵解き」に注目してこちらの新刊を紹介したいと思います。ふだんビジネス書はあまり読まない方、デザイナーさんにももちろんお勧めです!


全体を通して、4ページで1冊の書籍が紹介されており、それぞれに4コマのとても読みやすい漫画がでてくるのですが、


漫画書評だと思ってさらっと読んでいたつもりが、「ちょっとしっかり読んでみようかしら?」なんていう気持ちになったりすることがよくあるんですよね。ブログでもそうですが、私は特に4コマの中の「4つのポイント」に注目しています。


1)ギャップに注目する(世界一わかりやすい4コマビジネス書ガイド)
ポイント【1】
勉子の「ギャップ」に注目する。この「ギャップ」こそが、読書による勉子の成長の証。いわゆる「体験の共有(Experience Design)」と言うんでしょうかね。苦い成長もあれば、清々しい成長もある。ということで、まずは、私はこの勉子の成長の2コマ=「ギャップ」を見ることで、何となくなんですが「読後感」をイメージしているような気がします。



2)ナゾのキャラクターに注目!(世界一わかりやすい4コマビジネス書ガイド)
ポイント【2】
次に注目するのは、本編に登場しない、ナゾのキャラクター、すなわちテーマの可視化(Visual Abstraction)に注目します。なんと言うか、女子(女性)って、けちんぼというか早とちりというか、「はっきりしない問題なんか、考えるのもなんだか面倒くさい・・・」と言うような、ちょっとおおざっぱな所もあるような気がしませんか。そのくせ、はっきりとした「問題の可視化」に対しては、意外に潔ぎよく立ち向かってしまう。。。「そうか、こいつと戦えばいいのね!現実的に考えるわ!」みたいに感じでしょうか(笑)。そういった意味で、はっきりと「テーマ」をカタチにして見せてくれるのは嬉しいですね。



3)擬態語に注目する!(世界一わかりやすい4コマビジネス書ガイド)
ポイント【3】
「擬態語」に注目する。「擬態語」というのは、上の「ざざーん」、とか「むーん」とか、男性の書評にはほぼ登場しない表現だと思うのですが、これが「この本、自分に関係なさそうだけど読んでみようかなぁ・・・・」という気分(frame of mind)を盛り上げるのにとても良いのです。実際、私自身が選書しないなぁと思うビジネス書で女子勉さんの4コマ書評で購入にいたったはっきりとした理由って、実際よく解りません(笑)。「興味がなかったんだけど、なんとなく、読んでみようかなぁ」という感じで、「たまたま、気が変わって」読んでみたと言うのも結構あるんですよね。こういう気まぐれ的な行動は、もしかしたら女性独特なのかもしれませんが。

もっとよむ>>
by ujipublicity | 2010-09-20 21:54 | 戦略とデザイン
「やまなしモノづくりデザイン塾」2100/企画発想力強化のためのデザインセミナー受講者募集
2010年度「やまなしモノづくりデザイン塾」、こちらの10/15(金)、デザインセミナーのトップバッターの講義であります「売れるデザインのしくみ」について、講師を担当致します。
山梨県工業技術センター主催、中小企業のモノづくりを支える高度人材育成を目的に、商品開発の総合的な実務能力を養成する「やまなしモノづくりデザイン塾」を開講します。
座学だけでなく、演習やグループワークを交えて商品開発に役立つ実践的な能力を身につける連続講座です。皆さまのご参加をお待ちしております。

For what is it wal

For what is it wal

For what is it wal


【詳細・お申し込みはこちらからどうぞ↓】
「やまなしモノづくりデザイン塾2010」受講者募集

http://www.pref.yamanashi.jp/kougyo-gjt/design_juku2010.html


もっと読む>>
by ujipublicity | 2010-09-19 09:37 | デザインセミナー