使える「デザインセミナー」
ujipub.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
「はって、とって、またはれる。harrytoree(ハリトレー)」
e0103695_9424115.jpg

新製品のデザイン戦略を担当しました。完成!「harrytoree(ハリトレー)」




ご覧のように、カードや名刺、メモなどを自分好みにセットして使えるところがとても便利な新機能文具です。
本日のデザインマーケティングカフェ「変化する消費者像とブランド戦略」特別講義&セミナーで、このharrytoree(ハリトレー)のデザイン戦略、つまりトーンアンドマナーとスマートプライシングを適用したバリューイノベーション導入のプロセスをご紹介します。まったく新しい、カテゴリの商品だから、ブルーオーシャンにもなっていますね。普通の名刺入れとも、もちろん、併用が可能です。


「変化する消費者像とブランド戦略」特別講義&セミナーはいよいよ、今日です。ハッシュタグは、 #dmcafe ですのでご興味を持たれた方は、たぶん、20時くらいのタイムライン、#dmcafe にご注目くださいね。



harrytoree(ハリトレー)ホームページ
harrytoree(ハリトレー)facebookページが出来ました





【追記】2012/06/15
harrytoreeが日本文具大賞デザイン部門の優秀賞を受賞しました。おめでとうございます!
受賞製品一覧
http://www.isot.jp/ja/Award/Winning-Products2011-ISOT/
ISOT 第23回[国際]文具・紙製品展
http://www.isot.jp/ja/home/
by ujipublicity | 2011-09-30 10:32 | メディア掲載/最近の仕事等
[Google]のイベント(ホリデー)ロゴはどうして[Google]と読めるの?
e0103695_2111587.jpg

2011年9月24日のGoogleロゴが「ジム ヘンソン生誕75年」をモチーフにしたものになっています。
e0103695_2118827.jpg

いじるといろいろと動いてかなり可愛いです。
e0103695_21182373.jpg

ああーーーーっ!!たべちゃったのー!?





と、話題に事欠かないGoogleのロゴなのですが、
これを私たちが「Googlenのロゴ」と認識できる理由は2つあります。

とても簡単に説明すると『コンテクスト』と『意味』で私たちはモノを見ている(見ようとしている事実がある)ということ。

(詳しくは新刊『デザインセンスを身につける』の177P、”自社の社名をPRして愛されるグーグルホリデーロゴの不思議”に書いておりますのでご興味を持たれた方はぜひそちらを読んでくださいね。)

ちなみにひとつめの「人がどうやってモノを見ているのか?」という事を考えた時に浮かび上がるキーワードの『コンテクスト』、これについては、デザインマーケティングカフェの前身となった、アップルストアでのイベント

e0103695_234099.jpg


こちらで、ご登壇頂いた佐々木正悟さんのセミナーが大変に参考になりました。こちらにご参加頂いた方は、新著をよまずとも「ふんふん、あれの事ね!」と、察しがつきますね。

2つ目のキーワードの『意味』は、記憶に新しい

e0103695_1034408.jpg


東海大学の芦田宏直教授をお招きした「デザインとブランドアイデンティティ」が、きっかけとなっています。


という事で、毎回、大きな学びが期待できるデザインマーケティングカフェ

今回は、新著の予定とまったく関係ない進行で企画してしまったので(汗)、テーマそのものはかなり本格的なマーケティングセミナーとなっているのですが、マーケティングとは無縁!という方でも、デザインやこういったイベント、学びの場にご興味を持っていただいた方、京大の先生の授業を受けてみたい、ウジトモコさんの鬼の(!?)デザインセミナーを体験してみたい!という奇特な方もぜひお気軽にご参加くださいね。


このイベントの学びが、わたしのみならず、みなさんのお仕事やアイデアのリソースになる事といいなぁ、と思っています。プレゼントコーナーや懇親会(何故か、毎回お酒はたんまり)もセットでもれなくついてきますので、「なんとなく楽しそうかな」と思われた方もぜひお気軽に。「えええっー?」という人が、参加している可能性もあります(笑)。



[すでにお申し込み頂いた方へ]
一部の方からご連絡も頂いているのですが、9/27〜28日頃にリマインダーご案内メールをお送り致します。(会費のご入金を持ってご参加の意思表明をさせていただいておりますので、未入金の方には、別にこちらのご案内もさせていただくかもしれません。)



事前にご質問頂いた事以外にも、なにか聞いてみたい、日頃の疑問などぜひお気軽に。当日も、質疑応答のお時間はしっかりと取るつもりでいます。それでは、みなさま、会場でお会いしましょう!


[詳細はこちら]
第4回目デザインマーケティングカフェ(9/30)テーマは「消費者マーケティング」
▶http://ujipub.exblog.jp/15412336/

[お申し込みはこちらから]
9月30日(金)「変化する消費者像とブランド戦略」特別講義&セミナー
▶http://kokucheese.com/event/index/16308/
by ujipublicity | 2011-09-24 23:18 | 潜在意識と視覚戦略
第4回目デザインマーケティングカフェ(9/30)テーマは「消費者マーケティング」
e0103695_22423622.jpg

すでに、告知・募集を開始しています。http://kokucheese.com/event/index/16308/
第1部 マーケティング特別講義| 「変化する消費者像」とブランド戦略
講師:若林 靖永(わかばやし やすなが)
京都大学経営管理大学院 教授
京都大学大学院経済学研究科  教授

第2部 デザインマーケティングセミナー| 「センスの時代を生き抜く」
講師:ウジ トモコ
アートディレクター ウジパブリシティー代表
デザインマーケティングカフェ代表

第1部は、消費者マーケティングにお詳しい、若林先生をお招きしています。事前のご質問などもふるってどうぞ。なお、事前の質問は、twitterのハッシュタグ #dmcafe あるいは、デザインマーケティングカフェのfacebookページにて受け付けます。

日時:2011年9月30日(金)
時間:19:30〜21:30(開場19:00)
会場:インターナショナル・デザインリエゾンセンター
住所:東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)
http://www.liaison-center.net/?page_id=725
会費:5000円(税込)懇親会費を含みます。軽食、飲み物つき

場所はおなじみ、インターナショナルデザインリエゾンセンター。六本木にある、ミッドタウン・タワーの5Fです。(会費の5,000円の中には、軽食、飲み物代も含まれてますよ!なんてったって、主催は非営利ですから)。

それと、前回の反省も兼ねて、今回は、懇親会を挟んで、「デザインマーケティングセミナー」という前代未聞のスタイルに挑戦します。

今回のプレゼンテーションは、

[消費者は○から△に変わってしまった]
という仮説から導いた、
デザインマーケティング手法による「最新事例」とその「ブランド開発プロセス」

で今回は、理論部分、概論部分は、いっさい「ナシ」にしようかなぁ・・と。

ですので、もしも、デザインマーケティングカフェにご参加がはじめてという方、デザインマーケティングの書籍などにあまり触れる機会がない・・・・というかたは、ぜひ、ソフトバンク新書から9/20に発売になります、新刊

『デザインセンスを身につける』

の4章に「デザインマーケティング」が、とてもかんたんにまとまっていますので、あらかじめお目通しの上、ご参加頂くととても分かりやすいかもしれません。(新刊については、また改めて、こちらで内容やその活用法をご紹介させていただければと思います)


ぜひ、皆様、ふるってご参加くださいね。会場でお会いしましょう!
http://kokucheese.com/event/index/16308/




【関連記事】
▼「ツイッター140文字は世界を変える微分メディア?」デザインマーケティングカフェふりかえりまとめ2
▼「デザイン思考とデザイン戦略」はいよいよ来週!過去のデザインマーケティングカフェふりかえりまとめ
▼「ボイス Vol. 03:デザインで問題解決していますか?」が公開されています。▼「弱み」から「強さ」を導く リ・ポジショニング・デザインマーケティング
▼「やまなしモノづくりデザイン塾」2100/企画発想力強化のためのデザインセミナー受講者募集
▼「デザインとブランドアイデンティティ」セミナー&特別講演会 講演内容について
▼「誰でも」「今すぐに」創造力の翼が広がる5つのワーク【&八戸紀行】
▼実践的デザイン戦略セミナー開催「八戸でお会いしましょう!」
▼「視る力」鍛える7つの習慣
by ujipublicity | 2011-09-23 23:26 | デザインセミナー
福島県いわき市に行ってきました。デザインの仕事で。
福島県浜通りの商工会とご縁があり、1カ月1度程度なのですが、「中小企業のブランディング支援」「デザイン戦略立案」といった、まさに本業でお世話になっています。せっかくなので、見聞き、感じたことを、率直にレポートします。(今回は写真など、撮る時間がなくて...文字ばっかりですが。)

【見たものと聞いたこと】
・いわきは、本当に偶然というか、3/11の風向き&もともとの地形などから、福島件の中でも「数値が低い」場所なんだそうです。(なので、わたしはとても危険なところに、わざわざ、行っているというわけではないのです。あまり都内の方とかはご存じないようなので。あらかじめ)

・人が多い。車の数も。町は賑わっています。(上記の理由で、企業の方、行政の方、避難の方…、人が多いのは確かです)

・国産車や外車なども、売れているそうです。独自性や工夫があり美味しい、人気がある飲食店は、売上げもいいとか。もしかしたら、短期的にはビジネスのチャンスもあるのかもしれません。


【感じたこと】
・震災直後に「浜通に、もう、人いません」というメールを頂いてとても心が痛んだ記憶があるのですが、今、現在のいわき市には、そう言う雰囲気はありませんでした。町は活気づいています。それが、なになのかは、わかりませんが、この事実はとても嬉しい、人が動いていてすごい!と思いました。

・福島県の中でも、少し危険なところから越してくる方などは多いそうです。越したくでも、でも、越して来れない人もいるのでは?東電&国&行政??人命を最優先にして、するべき事を速やかにやって欲しいです。

・17時に業務終了だったのですが、「売れるデザインのしくみ」を読んでくださった事がきっかけで、福島市でウェブデザイン関係のお仕事をしていただいている方から、郡山のお土産を頂きました。知らなかったのですが、福島市といわき市は近くないのですね。。。3時間もかけて「郡山銘菓(檸檬)」の宣伝をしにきてくれたのです(泣)。

・東電の偉い人がこれを読んでいるとか思いませんが、一応、書いておきたいと思います。できる事でもちろんいいので、会社や役職に関係なく、「人として」「今すぐに」「私財を投じて」「除染に協力して」欲しいです。お願いします。

・四倉のある会社さんで、ロゴのプレゼンをしてきたのですが(いわゆる、ロゴプレ3案)、意外にももっとも現代的というか、尖っているというか、しゅっとしていてとてもかっこいいロゴを選んでいただきました。デザイナーって、いろんな案を作れるから、デザイナーなのですが、発注者にこの「攻める気持ち」がなければ、クールでカッコイイロゴはもちろん選ばれません。そう言った意味で、先週、とても嬉しい体験をしました。完成したら、みなさんにもお見せします!!



e0103695_7434580.jpg

写真は、頂いたお土産。郡山の銘菓。「檸檬」と書いて「れも」と読みます。美味しかったです。3個入りでしたが、3個全部自分で食べちゃいました!




【編集後記】
ブログ「マインドマップ的読書感想文」で拙著をご紹介頂きました。
▼これが決定版じゃね?とってもお手軽『デザインセンスを身につける』
http://smoothfoxxx.livedoor.biz/archives/51961715.html


土井英司さんの『毎日3分読書革命!土井英司のビジネスブックマラソン』 で拙著をご紹介頂きました。
▼『毎日3分読書革命!土井英司のビジネスブックマラソン』
http://www.mag2.com/m/0000135008.html


▼「ビジネスブックマラソン」バックナンバーズ
http://eliesbook.co.jp/review/

☆どちらも、選書の良さ、紹介の上手さで人気のブログ&メルマガですよ。購読していない方、今すぐ、登録を!!
by ujipublicity | 2011-09-19 07:56 | ブランド構築とアイデンティティ
『デザインセンスを身につける』ができました!紹介します。
新刊がでます。ちょっと刺激的で惹かれるタイトルは、版元さんの、お家芸でしょうか。

e0103695_757397.jpg

『デザインセンスを身につける』


e0103695_7574313.jpg

もちろん「釣り」じゃありません。本を読んだだけで、デザインセンスが磨かれるつくりになっています。


e0103695_7574914.jpg

あなたが、今、すでに持っている感覚で「なるほど」と思ってもらえるように、


e0103695_7575334.jpg

まずは、アイコンの構図やトリミングを変えてみようかなとか、



e0103695_7575830.jpg

プレゼン資料の新しいフォーマットをこしらえてみようかなとか、



e0103695_758219.jpg

ブランディングやデザインマーケティングについてもさくっと、1章で



e0103695_758610.jpg

ビジュアルシンキングについても、とても、簡単にですが大切なことだけ書きました。



e0103695_758752.jpg

「えっ⁈」と、思われる書き出しに、戸惑われる方もいらっしゃるでしょうね。



e0103695_758873.jpg

終わりまで読むと、ここまでのすべてはかかわり合い、つながっていて、「これは、デザインされている本だ」と言う事にきっと、気づいていただけるはずです。



e0103695_758975.jpg

『デザインセンスを身につける』ができました。きっと、お役にたてると思って、信じて書きました。




ぜひ、読んでください。
by ujipublicity | 2011-09-16 16:11 | デザイン本とあれこれ
ロゴデザイン・ラブ! -僕の失敗と成功、みんなの話からわかるブランド・アイデンティティのつくり方
BNN新社様(売れるデザインのしくみbot中の人)より献本御礼。
e0103695_22251785.jpg

「ロゴデザイン・ラブ!」 は、月刊PV100万PVを記録しているという、人気デザインブログlogodesignlove.comの筆者である、David Airreyによるまさに「ロゴラブ」な本。

もともとBNN新社さんから出されているロゴ資料の書籍はとても優秀なので2〜3冊は持ってる気がしますね。ただ、今回の書籍は、あくまでも「ロゴラブ」な書籍(=「ブランド・アイデンティティとしていかにロゴを作成するか」「どうしたら、ロゴづくりのための情熱を絶やさずにいられるか」)であって、「いわゆるロゴ資料」とはひと味もふた味も違うものになっています。


また、人気ブログの書き手というだけあって、いわゆるデザイナーの作品集とは違う、とても「共感」の持てる語り口が魅力。

世の中の成り立ちから考えれば、僕はものすごく恵まれている。頭の上には屋根があり、テーブルには食事が並ぶ家で、家族と共に安全を保障されて育ったのだ。

このことが、どのようにモチベーションにつながるのか?僕は、今の子供たちが同じように恵まれた環境で育って欲しいと望んでいる。自らを鼓舞し、より優れたデザイナーになって、よりやり甲斐のあるプロジェクト(金銭的にも心情的にも) に参加できるようになれば、この世界の未来のために貢献できる。

デザインのすべてを知り尽くす事はない。
デザインの世界は絶えず進化している。だから、このゲームに参加している間は、僕たちも共に進化しなければならない。

素敵。おおいに共感。

e0103695_22335675.jpg

ちなみにロゴデザインラブブログはまたこんな感じです。logodesignlove.comは、デザイナーでなくても(デザイナーはもちろん)、購読しても良さそうですよ。話題も豊富です。




BNNさんの詳細ページで書籍や目次や内容がご覧になれます。




e0103695_23171470.jpg


by ujipublicity | 2011-09-11 23:21 | デザイン本とあれこれ
"知りたい情報"がサクサク集まる!ネット速読の達人ワザ コグレマサト(著)
ブログ10段で、人気ブログネタフルの管理人でもあるコグレマサトさんの意外にも初の単著。
e0103695_15263428.jpg
“知りたい情報”がサクサク集まる!ネット速読の達人ワザを紹介します。なんか、一見難しそうに見えるんですよね、、、でも、ちなみに、『サクサク』ネットで情報を集めなければならない人というのは、「あなた」とか「私」のような、ついつい、日常の業務に追われて、ブログの更新が滞ってしまうような・・・・


e0103695_15424963.jpg


「ネットに「本丸」がないけれども、ネットの事をきちんと知っておかなければいけない」

まさに、そういう人ですね。とても、分かりやすくていねいに書かれていると思います。企画・マーケティングやクリエィティブ、ネットにちょっと、苦手意識が残るトラディッショなるな広告人も必読でしょう。

e0103695_15563721.jpg


この本で「あなた」や「わたし」がなんといっても、マスターしなければならないのはこれ。(って、勝手に私が決めるとすればですけど…)

Instapaper(インスタペーパー)

なんといっても、これでしょうね。ブログやツイッターをしない人であっても、企画書を書いたり、資料を整理したりしますよね。ニュースの記事をチェックしたり。こういうの、ちゃんと整理しないと、「あれ、どこでみたんだっけなぁ・・・」という事に、必ずや遭遇することになるからです。

e0103695_1631437.jpg

この本では、いくつかの、Instapaperと「何か」の組合わせによるテクニックを披露しています。コグレマサトさんにとっては、テクニックですら、ないかもしれません。

ただ、けっこう、正直に書いていらっしゃいますね。「広告を外して、テキストだけで読みたい時に便利」「ブラウザの中で読むより、印刷して読んだ方が早い事がある」などの記述はリアルです。


「テクニック」については、私が書くとかえってややこしいと思いますので、ご興味のある方は、ぜひ、ちゃんと本を買って読んでくださいね。



“知りたい情報”がサクサク集まる!ネット速読の達人ワザ



これもあわせて持っておくと、さらにいい事があるかもしれません。

e0103695_16211788.jpg











『できるポケット+ Evernote 活用編』
by ujipublicity | 2011-09-09 16:29
「モレスキン」人生を入れる61の使い方
e0103695_1192349.jpg

ダイヤモンド社より献本御礼。


モレスキン 人生を入れる61の使い方は、人気ブログLifehacking.jpの堀正岳 さんと共著の中牟田洋子さん、高谷宏記による「モレマニア」による?「モレスキンファンの集い」のような?・・・何やらすごく素敵な本。

というのも、この本の中身をまだ全然読まずにこれを書いているのですが・・・・


なぜってこの本、装丁がすごすぎる。


e0103695_1110961.jpg

角をとって丸くしてるのですがもちろん帯も丸い。

e0103695_11204674.jpg

あれですよ、「次世代マーケティングシリーズ」
とかとおんなじ縦長の

e0103695_11213835.jpg

普通のサイズより、タテに寸のばしのサイズで

e0103695_11254159.jpg

定価1600円なのに、なぜか本文がオールカラーなんですけど!!!(モレスキン社の「提供」とか、あったりするのでしょうか。)

e0103695_11561581.jpg

もう、フォーマットとかそういう雰囲気じゃないですね。1ページずつ、ちゃんとレイアウトされていて・・・

e0103695_1157333.jpg

よくよく考えてみれば「モレスキンファン」による「モレスキン宣伝本」なんだけど・・・・・。なにせ、1ページ1ページの、この、登場してくる「ノート」そのものがとても素敵なのですよね。


この春、映画「ソーシャルネットワーク」の影響で、facebookはかなりの新規ユーザー獲得したという話ですが、こういうコンテンツとしても素敵で、魅力溢れる啓蒙ものが出回ってしまうと、もう、本当に広告ではかなわないんじゃないかと思ったりします。しかも、完全な、『ユーザーマキコミ型』。登場しているノートの持ち主の多くが、ツイッターのアカウントを公開しています。


お好きな方は、今すぐワンクリックで。現物をみられたい方は、ぜひ、書店さんでお手に取ってみられるといいと思います。(最後まで、中身にふれずにすみません。でも、たぶん、きっと素敵な事が書いてあるのだと思います。)


いや、勉強になります。そしてオールカラーいいなぁ〜。

【追記】
という記事を書いた瞬間に、著者の堀さんからメッセージを頂きました。ツイッターで。
紹介ありがとうございます!実はこの本、モレスキンの協力こそあれ、提供などは一切なしで、内容も全て著者が呼びかけた投稿のみという恐ろしいつくりです。損益分岐点とか聞かないでくださいw 僕も知りたくないですww

https://twitter.com/#!/mehori/status/112003997321273344


メーカーは、ファンを大切にしなければなりませんねー。いや、「愛されて、なんぼ」ということでしょうか。ほんと、すごい☆





モレスキン 人生を入れる61の使い方 [単行本(ソフトカバー)]

堀 正岳 (著), 中牟田 洋子 (著), 高谷 宏記 (著)
by ujipublicity | 2011-09-09 12:19 | 献本&書評