使える「デザインセミナー」
ujipub.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
タグ:エクスペリエンスデザイン ( 3 ) タグの人気記事
〈デザインする〉とは何かがはっきりがわかる『CEOからDEOへ- 「デザインするリーダー」になる方法』
BNN新社さんよりCEOからDEOへ - 「デザインするリーダー」になる方法 を献本頂きました。いつもありがとうございます。


(http://www.hotstudio.com/leadership/maria-giudiceより)


執筆者のひとり、ジュディース・マリアはデザインディレクターエクスペリエンス(体験)デザインが専門で1997年にHot Studioを設立。2013年、FacebookがHot Studioを買収したため、現在はFacebookでプロダクトデザインのディレクターだそうです。

そういえば日本では、女性でエクスペリエンス(体験)デザインが専門の方とかをあんまり、見かけたことありませんね。



もうひとりの執筆者、アイアランド・クリストファーはシリコンバレーのデザインリサーチ会社の先駆けとなったCheskinの共同創設者。デザインリサーチについてもまだあまり一般的でないかも。多くの企業では「ビッグデータ」などの「統計」が重要視されているからでしょうか。

クリストファー氏は、やはり2007年に同社を売却後、デザイン重視のテクノロジー企業の発展を支援するMix & Stir Studioの共同創設者としてスタートアップ企業を指導しているということ。「スタートアップ企業を指導するデザイン会社」というのも、そういえばあまり聞いたことはありません。

とはいいながら、実は先日、知人から某スタートアップ系のスマホアプリとそのアプリ制作者(founder)の方をご紹介いただく機会がありまして、デザイン面で出来ることがあればぜひ支援していこう!などとちょうど身内で話していたところでした。

「デザインで支援」というと大げさで、実際にはまだ「スミ(黒い)ケイが太いとダサイから、もういっそのこと白抜きで良いんじゃないの?」レベルのアドバイスを1回くらいしただけの、いや、支援にもなっていない気もしますが(汗)・・・

いろいろとタイミングが重なって、さまざまに思うところはあったわけです。


ということで、本書が発売になるすこし前からちょっと気になってチェックしておりました。


この本では、今までとは違うタイプのリーダーが必要になると言います。

変化を起こす
リスクを冒す
システム思考をする
直感力が高い
社会的知性が高い
さっさとやる(GSD)
e0103695_10480173.jpg


小難しい概念論ではなく、実話とエクセサイズが満載で、「笑って失敗する」「心の弱さを受け入れる」など、いわゆるデザイン書には決して登場しない(笑)自己啓発テイストのものもちりばめられており、そちら系のビジネス書好きの方にも楽しめる工夫がされていました。


e0103695_10283282.jpg

もちろん、デザイナー向けの本ではありませんが、デザイナー&デザイン関係者も必読でしょう。


まぁ、でも、実際に勢いがあって伸びている人(エース系)って、すでに、こんな感じじゃないのかな、とも思いました。



目次も貼っておきますね。

【目次
NOW
変化

ME
変化を起こす
リスクを冒す
システム思考をする
DEO紹介:カール・バス
直感力が高い
社会的知性が高い
さっさとやる(GSD)
DEO紹介:アヤ・ブデール

WE
コ・クリエーション(共創)
ネットワークとコミュニティ
メンタリングvs管理
DEO紹介:ジェシー・ジフ・クール
企業文化の構築
社員へのケアと特典
オフィス設計
DEO紹介:マーク・ドワイト

DO
前向きな情熱
専門スキル
問題解決
DEO紹介:スティーブ・ガンドラム
失敗の容認
職場での「遊び」
イテレーションと進化
DEO紹介:クリス・アンダーソン

BE
インテグリティ
謙虚さ
DEO紹介:エミリー・ピロトン
気前のよさ(寛大さ)
オリジナリティ

NEXT
将来に向けて

DEO紹介:マリア・ジュディース&クリストファー・アイアランド
e0103695_09591500.jpg
CEOからDEOへ - 「デザインするリーダー」になる方法 単行本(ソフトカバー)¥2,808

ごいっしょにぜひどうぞ(PR)
問題解決のあたらしい武器になる視覚マーケティング戦略 単行本(ソフトカバー)¥1,706




【編集後記】
先日、いわき市の川前(かわまえ)にある宇佐見農園さんを訪ねました。こちらで採れる「地粉(じごな)=国産で地産の小麦粉でできたうどんの取材だったのですが、帰りに畑を見せていただく機会がありました。
e0103695_11354294.jpg
一面に広がるのはごぼうの大きく広がった青々とした葉っぱ。そして、大根、自然薯(ジネンジョ)畑。「台風で葉っぱがやられているのよ」と、農園の責任者である万里子さんがおっしゃっていたのですが、雨が降ってきたら傘になりそうな大きさの葉っぱにびっくり。

矢大臣といういわき最高峰の裾野に広がる高原野菜には、土地の特長である「寒暖差」によって、美味しさや栄養がぎゅっと詰まるのはもちろん、無農薬栽培を採用しているために、野菜に一切エグミや苦みがありません。

写真の2キロ以上あるんじゃないかと思われる立派な大根も、いわば、土地と気候と農園オーナーによって「デザインされている野菜」といえます。翌朝、卵焼きに添えて大根おろしにしていただきましたけど、エグミや苦みが一切無く、瑞々しい甘さで大変に美味しかったです。

e0103695_10131567.jpg

すでに現れているカタチ(表層)からその理由(深層)を導きだすのは、デザインリサーチ手法のひとつですが、この大きな甘い大根が出来るには、なるほどこういう工夫があったのか、という「カタチ(デザイン)と中身(コンテンツ)の関係」のことがよく分かり過ぎるフィールドワークとなりました。

あまり東京の人には知られていないと思いますが、夏井川(なついがわ)渓谷というのはかなりワイルドで、また、絵になるロスタルジックな線路沿いや無人駅なども景観にも風情があり、予想外の素敵なところでした。現地のご案内も大変にありがとうございました!また、訪れてレポートしたいですね。

by ujipublicity | 2014-10-12 10:56 | 献本&書評
Intel® 「The Museum of Me」 ありそうでなかった自分の美術館
すでにFacebookユーザーの方にとっては新しいニュースではありません。インテルの新しいプロモーションサイト「Intel® The Museum of Me」が話題です。
e0103695_7452294.jpg

http://www.intel.com/museumofme/r/index.htm

Facebookにログインして、自分のアイコンが現れて・・・という仕掛けはすでにいくつも見た様な気がしますが、この企画はそれらと一線を画しているように思います。音楽が、映像が本当に美しいからです。



メイキングのCMも素敵です。

音楽と映像と自分とが繋がって「美しい体験」が生まれ、ゆったりとした流れる空間と感情のさざ波を味わいながら、企業ロゴがまるで深呼吸をするように(クールに)脳裏に吸い込まれていく瞬間を味わいました。自分から再生ボタンを押したい、何度も見てみたいと思える素敵なプロモーションです。



予算のある無しに関わらず、こういう仕事をしなければいけませんねぇ。



【美術館の関連記事】
雪の帽子をかぶった「あおもり犬」 @ 青森県立美術館
http://ujipub.exblog.jp/14082045/

『十和田市現代美術館』が素晴らしい!できそうでできない、美術館3つの試み
http://ujipub.exblog.jp/13547079/

美術館の壁の色は「誰のため?何のため?」
http://ujipub.exblog.jp/13086446/

アートでクールダウン(この夏、NYにご滞在の方はぜひアゴラギャラリーへ)
http://ujipub.exblog.jp/13094443/


【デザインマーケティングカフェでフェイスブックページをはじめました】
デザインマーケティングカフェ | Facebook
by ujipublicity | 2011-06-02 08:27 | クリエイエィブ雑感
雪の帽子をかぶった「あおもり犬」 @ 青森県立美術館
e0103695_893389.jpg
奈良美智 (ならよしとも) さんの「あおもり犬」が展示される事でも知られる、青森県立美術館へ行ってきました。

常設展入場料500円ですが、広いのと、方向感覚を失うふしぎな白い空間を漂う愉しみも相まって、入場料はとてもリーズナブルに思えました。

e0103695_8145912.jpg
人入りの写真で見ると分かりますが、とても大きいです。素材は「鉄筋コンクリート」


e0103695_8173889.jpg
(Photo By Jammy)
今の季節にいくと、美術館自体が深い雪の中で、屋外作品にも独特の世界が広がります。雪景色の美術館にそもそも訪れる機会があまりないのですが、素敵ですね。

ウェブや写真集で見て満足ではなく、現地を訪れると自分の中の存在感が全く変わります。


ちなみに「あおもり犬」は撮影可の作品です。こちらを訪れるときは、私のようにカメラをロッカーにしまって後悔・・・・などということのないように。




青森県立美術館
http://www.aomori-museum.jp/ja/

【関連記事】
『十和田市現代美術館』が素晴らしい!できそうでできない、美術館3つの試み
http://ujipub.exblog.jp/13547079/

美術館の壁の色は「誰のため?何のため?」
http://ujipub.exblog.jp/13086446/

アートでクールダウン(この夏、NYにご滞在の方はぜひアゴラギャラリーへ)
http://ujipub.exblog.jp/13094443/
by ujipublicity | 2011-01-30 08:34 | クリエイエィブ雑感