使える「デザインセミナー」
ujipub.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
タグ:カラー ( 3 ) タグの人気記事
グラフィックの可能性:ブログデザインリニューアル勉強会[2]
アートデイレクターという仕事では、何をつくらせてもらえるのかということももちろんとても大切ですが「誰と組むか」で結果が大きく変わって来ます。インスパイアされる、というか互いの干渉によってより「個性の華」を咲かせる事がデザインやクリエイエィブの醍醐味。あまり人目につかないたとえ小さな案件であっても、それは至高の体験ですね。そもそもデザインとは、誰が一番かを競うゲームではないのです。

ブログランキングに参加しています。応援1クリック、宜しくお願いします☆



今回も[N]netafull×[S]shikamakeブログデザイン勉強会のレポート。いよいよ折返し地点まできました。

デザインリニューアル/リブランディングすることの難しさ

今回は「アルファー」と呼ばれるブロガーの方のご参加も頂いていて、そもそも「デザイン変えなくても、たくさんの人がすでに集まっているでしょう?」という状態です。このデザイン勉強会自体が、さらに上を狙うという試み以外の何ものでもありません。(手間、ヒマ、時間、リスクをとって、立ち向かう志の高さに敬服です)

そして、なんてったて勉強会のレビューのアップがみなさん早いんですが、想像以上に、参加者のみなさんの「気づき」のスピードも早いように思います。有名ブログみたいもんのいしたにまさきさんがちょうどいい感じで、デザイン考案のツボにはまられていらっしゃるので(ご本人の了解も得られたことですし)、今回こちらでトピックしておこうと思います。


人気ブログ「みたいもん」デザインマーケティングのポジショニングマップ

まずは現状のまとめから

いしたにさんとはすでにスカイプやリアルなワークショップの場を通じて、今後も残していくべき「デザインの資産」やこれからも続けていくブログのコンセプトをすでに伺っています。いしたにさんなりにピックアップした1回目の課題


むらさきの領域とピンクの領域とグレーの領域をコンテンツ別に再設定する
むらさきをピンクとグレーが支えるデザインに
ピンクの領域に一見さん向けのナビゲーションコンテンツを整備
デザインのおいて桁数を上げるために何ができるか?


今回は私は制作者ではなくアドバイザーなので、あくまでも船頭はご本人なのですが、デザインのポジショニングを明解にするためにマトリクスをつくってみました。こんな感じでしょうか。
e0103695_1702676.jpg


ピンク>>無限大の知的好奇心(みたいもん!)
紫>>コンテンツとのしての閾値へのこだわり(ちゃんとしてなきゃ、紹介もしないもん!)

方向性としては真反対ではありませんが、このふたつの異なる方向性にご本人自体も翻弄されつつ、そのテンションの「差異」を楽しみながら日々ブログを更新されているのでしょうね。読み手としても振り幅の大きさに感覚を揺さぶられる、独特タッチのコンテンツと切り口の鋭さが秀逸です。

いしたにさんご自身にお会いしてみると、これが意外にソフトな印象なので驚きます(笑)。会場でモニターになかなか画面が接続できないという「どんくさい講師」(あ、私だ)をなにげにサポートしてくれたり、可愛いマグネットコレクションをさり気なく用意してくれて、若い女子の引きもバッチリ。頼りになるおにいちゃん的な、「あれ、怖くないぞ。思った以上にフレンドリー!」


「もっと怖い人だと思ってたとか、よく言われるー」


なるほど。コンテンツの切れ味と今現在のビジュアルイメージの成せる技でしょうね。
であるならば、なおさら、ここは戦略的にデザインを見直した方が良さそうです。




グラフィックの可能性

実はこちらは、次回(第3回/ブログデザイン勉強会)のスライドの中の1枚なのですが・・・。すでに気づいている事を、いつまでも悩み続けているのは時間の無駄ですよね。5日ほど前倒しで、公開してしまいます。

第1回目のレビューなど読んで頂くと、「ああ、なるほど!」と納得して頂ける方ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。

e0103695_8333727.jpg

そして今回のいしたにさんの「みたいもん!」の場合、破線より下の「トレンド感」としてのグラフィックをさじ加減を見ながら慎重に加えていく作業=「グラフィックの可能性」を追求していく作業ということになります。

より「やんわり」いくなら、グラデーションをいれていくといいかもしれません。グラデーションだけでもかなり印象が変わりますよね。


e0103695_835597.jpg

【みたいもん!moreはんなり】

e0103695_8354632.jpg

【みたいもん!moreすっきり】


ちなみに先日「いしたにさん、もういっそのこと【みたいもん!moreやんちゃ】とか【みたいもん!moreアバンギャルド】とかにしちゃったらどうですか。」なんて言う煽り系のアドバイスをしてしまいました。そんな事いわれても・・・と、きっとさらに悩まれているかもしれません。
より「遊び〜悪ふざけ」をいれていくなら、テクスチャーを加えても良さそうですよね。
ちょっと試しにいろいろといれてみましょうか。

e0103695_9302361.jpg

【みたいもん!moreポップ?】

e0103695_8361453.jpg

【みたいもん!moreかわいい?】

e0103695_8374549.jpg

【みたいもん!moreアート?】

e0103695_8551848.jpg

【みたいもん!moreデジタルアグレッシブ??】

グラフィックの背景を変えただけのテストサンプルですから、もちろんドラフトの域を超えていませんが、同じテクスチャを使ったモチーフのちょっとした変化であるにもかかわらず「書き手のイメージやコンテンツの印象」さえも変わっていくのを感じていただけたでしょうか。

それと、毎日見続けるものに人間って結構引っ張られそうです。ですから、最終的には何を選ぶのか、何処を目指すのか、という話に結局、戻っていく訳ですね。


(では、みなさん、引き続きがんばってくださいー!)



デザインは詳細に宿る

「デザインにこだわる」という主旨のコラムでよく「デザインは詳細に宿る」という言葉が引用されますが、これは「木を見て森を見ず」という意味ではありません。

「木を見て、森を見せる」という意味であり、そもそもどんな森をつくろうとしているのか、というイメージこそが2回分を費やして探し続けて来たデザインのゴールでした。もちろん、作り手のそれぞれの個性が生きた森であるならば、それが正解でありゴールです。そしてその森をカタチ創るのは、1本づつの木。ひとり一人が違って当然であり、これからも常に育て進化していくものなのです。選ぶグラフィック、色の組みわせ方(もちろんテキストなども!)などのディテールで全体の印象はがらりと変化を遂げていきます。

さて、その新しい森のためにどんな新しい木を植えていきましょうかというところで、次回はデザインのラフがあがってくると思います。ますます次回が愉しみになって来ました!



参加者のリポートがあいかわらず秀逸です。さすがプロの技。

「ブログデザイン勉強会 02」テーマソングから考えるブログデザイン:[N]ネタフル

ネタフル x シカマケ = ブログデザイン勉強会第2回:デザイン戦略は役割分担を明解にせよ:[mi]みたいもん!

[N]ネタフル x [S]シカマケ = ブログデザイン勉強会 第2回:テーマ曲を決めて自分を更に深堀 ::: creazy photograph

[w]ムジログは変われるか?ブログデザイン勉強会第2回 - ムジログ

旅と本とGuinnessと…: [デザイン][N]X[S]第2回ブログデザイン勉強会

ブログデザイン勉強会第2回:分からないものは分からない | orange

ブログデザイン勉強会 第2回。自己分析からのマーケティング戦略立案&デザイン :Heartlogic




また、次回も書きます。


「このBLOG使える!」
e0103695_19215081.gif

と思ったら1Clickの応援、お願いします☆





【おまけ(追記)】

今回、ブログデザインリニューアルと言いながらかなりマーケティング、ブランディングよりに偏ったコンテンツになっています...ので、こちらのエントリーが参考になりますね。私も参考にさせて頂きます☆

ブログデザインリニューアル、10のチェックポイント:[mi]みたいもん!
by ujipublicity | 2009-04-05 10:07 | ブログデザイン
なないろのクリスマス
広告代理店に勤めていた頃、民放テレビ局のディレクターさんが主催するある勉強会でファッションプロデューサーとして著明な故石津謙介さんの講演を伺う機会がありました。もう20年近くも前の事なのですが、今でも印象強く残っている石津さんの言葉があります。「おしゃれっていうのはね、TPOに合った服を着るっていう事なんですよ。」
今日の使えるデザインセミナーは、シンプルな赤いクリスマスカードが主役。TPOに合わせて「色を着こなして」変身させてみましょう。

このブログはブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いいたします☆


e0103695_22533750.jpg

クリスマスと言えば・・・

赤とか、金とか、緑とか。そんな感じですね。昔よくシューズメーカーの店頭POPを作りました。クリスマスの配色って、シンプルでもインパクトがありますね。



e0103695_22542630.jpg

お洒落して夜のパーティ・・・

ならば、ちょっとドレスアップしたいですね。
リッチブラックとも言いますが、単色のスミ(black)でなく、プロセス4色の掛け合わせにちょっとしたグラデーションで、気分はゴージャスに。。


e0103695_22552841.jpg

ホワイトクリスマス

いえいえ、そんなぁ・・・。パーティだ、ゴージャスだ、なんて浮かれている場合じゃありません。クリスマスといえば、朝からミサ。
生成りのシェットランドセーターに、白い帽子と手袋。ちらちらと降り積もる雪。これが本当のクリスマスでしょう?



e0103695_22554988.jpg

クリスマスって楽しい!

楽しい気分を魅せたいなら、オレンジをつかってみましょう。
あ、いつの間にかこんなに雪が。
「白」を印象的に使いたいなら、背景色に気を使うとイイですね。


e0103695_236676.jpg

そしてサンタは忙しい・・・

浮かれてばかりもいられません。クリスマスに働いている人も沢山いるんです(笑)
深いグリーンを装うと、なんだかトラディッショナルクリスマス。これはこれで、キライじゃありません。



e0103695_22563439.jpg

お父さんも忙しい

プレゼントも買わなきゃいけないし、忘年会におつき合い・・・。
ええっ?今日は勉強会?英語レッスン?大人はみんな、忙しいのね。
でも、「濃紺の夜」をまとえば、格調もワンランクアップ。大人ならではのダンディクリスマス。



e0103695_22565964.jpg


斬新さを装いたいのであれば...

クリスマス=(イコール)でない色を使うだけで、新しさが表現できますね。これでレイアウトやタイポグラフィーをクリスマス=(イコール)から外していけば、もっともっと過激に目立つ事間違いなし!クラブパーティでもいけちゃうかな。ただし取扱は要注意ですよ。使い方を間違えて、目立ったのはいいけれども、ちょっと外しちゃったなんていう覚悟も必要かもしれません・・・・。


「このBLOG使える!」
e0103695_19215081.gif

と思ったら1Clickの応援、お願いします☆



以前、ある企業の新製品のキャンペーンで「今回のテーマは赤です」という仕事がありました。「ハイ、テーマカラーは赤ですね。で、訴求のコンセプトは・・・」「はい、今回のコンセプトは赤です」「・・・・・。」


当時、まだ広告予算が多めにあった時代だったので、一流の撮影スタッフ、最先端の印刷技術、何ごともなく仕事は終ったように見えましたが現場では結構頭を抱えました。キーカラーを設定するのは重要ですが、それ以前に目的と概念が必要です。

「まさか」と思われるかもしれませんが企画書ベースでの立案ではあり得る頃です。それは色の話だけではなく、唐突な「ある要素」だけがまず先決めされてしまう、不思議な現象。実際、それに縛られるために現場はひどく困惑し、表現の幅を狭められたりするのです。

ファッションの話に戻りますが「赤いドレスがあるから着る」というような即物的な判断では、石津さんのおっしゃる「おしゃれ」とは程遠いということなります。

「赤いドレスにふさわしいシチュエーションがある」のでそれを「選ぶ」というような気持ちがデザインの発注はもちろん制作にも大切ではないでしょうか。目的やターゲットに合わせて色やデザインを使いこなしていただければ、効果も抜群。ぜひ、意識してみてくださいね。


関連サイト▼
石津謙介オフィシャルサイト
あわせてこちらも▼
農大ブランドのジャムトースト(AllAboutProfile)


--最後に—
VAVジャケット、とかIVYルック、とかって知ってました?(笑)
by ujipublicity | 2007-12-09 23:15 | 戦略とデザイン
自分の色を変えよう
「APPLEのサイトデザインが変更になった」という「ネタフル」の記事を読んで早速apple.comのサイトに行ってみました

http://apple.com

白いサイトが黒いサイトに様変わりすると、さすがにインパクトがありますね。インパクト、登場感の演出・・・と分かっていても、「ふんふん。。」と、つい見てしまいます。やはり見なれた色ががらりと変わると印象が一新します。今回は「自分の色を変えよう」がテーマ。なりきりテクで「使えるデザインセミナー」を変身させてみます。


このブログは「BLOG RANKING」に参加しています。応援のクリックを宜しくお願いします☆


e0103695_281144.jpg


これは、今、「使えるデザインセミナー」で使用しているグラフィックです。実は、先日「ある講演会」の「その後のパーティのその後の打ち上げ」で「恋愛マニアリーダー」の藤沢あゆみさんにお会いすることができました。もちろん、「1秒で彼を夢中にさせる本」のキャンペーン中でしたのでいろいろとお話をお伺ったのですがその説得力、その行動力、そのかわいらしさ、、、ですっかりファンに。。。「きゅん本」私的には、もう少し早く書いてほしかったかなぁ・・・(笑)。
さてさて、今回は色替えがテーマなので、私に恋愛セミナーはできませんがデザインはママイキ、まぁ、1グラフィックとタイトルくらいの変更はありで、まずは「恋愛マニア」になりきってみます。



e0103695_284490.jpg


「使える恋愛セミナー」


ピンクはもちろん恋愛色の基本なんですが、あゆみさんもおっしゃっている通り「恋の17%」は裏切りから出来ているんでしたよね?
と、いうことで、ちょっと切なく、ちょっとあったかい、そんな感じもまぜてみました。どうでしょう?

ちょっと「キュン」としていただけました?

さてさて、最近の私といえば、本当に人に会う機会が多くなりました。ほんの1〜2年前まで、仕事以外の人脈と全く関わりがなかった(ほぼ引きこもり)なんてウソのよう。やはり、人とのおつき合いから縁が生まれ、運も生まれてきますよね。
今年に入ってからなんですがWEB学校時代の恩師や友人と毎回テーマを決め、定期会、とまでは言わないまでも、会話7割/イベント3割位のコミュニケーション会(遊ぶ日)を作るようにしています。私はやりませんが投資の話等もずいぶん盛り上がっていましたね。もちろん、専門科は何か難しいプログラムではじき出しているようですよ。気になりますね!



e0103695_295569.jpg


「使える投資セミナー」

お金、投資、とくるとやはり黒を使いたくなってしまいます。
ブルー系でも良かったのですが、やはり、その両局面、変動性、などを考えると寒色系がいいのかなぁと思ってしまいます。投資家の皆さん、どうでしょう?このセミナーは使えそうですか?

さてさて、そんな毎日を過ごしていると、半年ほどすっかりご無沙汰していた上場大手企業の広報部の女性担当者から慌てふためいた電話が。
「ウジさん!例のあのシリーズで、急ぎで一本出稿したいんだけど・・・・!」そう言えば、「例の環境広告」はT社様にはずいぶん長く使っていただいていますね。もう8年くらいかなぁ。ある意味、ロングテールと言えるでしょうね。一回の出稿量は少ないとは言え、これだけ長くじっくりデザインを使っていただけるのは、非常に名誉な事だと、私自身は思っています。長もちする広告を作るのも、ある意味「エコ」のような気がしてきた。。。



e0103695_2101287.jpg


「使えるエコライフセミナー」

グリーン淡色使いより、よりヒューマン、より真摯なかんじがしますよね。




オリジナルのグラフィックの話に戻りますが、名前をカタカナに変えて、このような派手目のグラフィックに変えて、何年経つのでしょうか。5~6年?いえいえ、3~4年かもしれませんね。
よく、勘違いされてしまうんですが、この事務所のド派手なグラフィックの効果(?)で、私自身も派手目に印象づける事に成功しているようです。(酒豪でブイブイ言わせているような?!感じに見えるみたいです!)実際、カラーリストの友人にサンプルとして診断してもらった事もあります。その結果がどうか、というのはヒミツにしておきますが、私自身は本当に生真面目でシャイで、ひっそりと野に咲くコスモスのような・・・(あ〜、なんだかブーイングが聞こえてきたので、ここでやめておきますが)



e0103695_2102621.jpg


・ ・・・↑↑↑↑こんな吹けば飛ぶような繊細な心の持ち主だったような気もします。


でもこんな弱気な事では、自信と確信を持って提案のひとつも出来ませんよね。こんな風になりたい、ここまでは抜けたいと願って、掲げてきたものに、きっと少しづつ近付いていっているのだと思います。


「このBLOG使える!」
e0103695_19215081.gif

と思ったらClickしてくださいね。


どうでしょう?近付いています?今度、お会いした時に是非、教えてくださいね(笑)
by ujipublicity | 2007-06-13 02:11 | 戦略とデザイン