使える「デザインセミナー」
ujipub.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
タグ:キャラクター ( 3 ) タグの人気記事
あなたをブランディングする名刺の作り方【1】
おかげさまで自著『視覚マーケティングのススメ』を読んでいただいた、という方から沢山のメールやお手紙を頂きました。ありがたい事です。。ブログでも沢山紹介していただき、本当に光栄です。その中にはもっとこうしてほしかった、これを書いて欲しかった、というご要望も多くありました。中でももっとも多かったのは「じゃあ、実際にはどうすればいいの?」「具体的なツールづくりに視覚マーケティングを取り入れる方法が書いていないじゃん」というものでした。


ブログランキングに参加しています。応援1クリック、宜しくお願いします☆


◼視覚マーケティングの実践/名刺づくりにチャレンジ

ということで、このブログでもよくとり上げている、まずは名刺をとり上げてみます。「目的をはっきりと定め」→「戦略を練り」→「可視化する」のでしたよね。


e0103695_15309.jpg



視覚マーケティングを実践した名刺のイメージはこんな感じです。相手に持ってもらう印象をあらかじめ計算しているために「スゴそう!」「きれい!」「カッコいい!」などの感情があなたのセールスポイントを記憶に残すための手助けをしてくれるのです。
コンセプトをぎゅっと絞った分、反動するパワーがある・・・そんなイメージでしょうか。


◼情報の詰め込みすぎ、売り込みのしすぎに注意!

よく、勉強会やセミナーなので見かけるのですが、がんばってマーケティングしている割に記憶に残らない名刺があります。もともと、人はすでに「知っている」ものに対しては興味や関心を多少は感じるものです。けれど、まったく「知らない」ものに対しては、「興味をもつべきか、持たないべきか」というレベルで判断されている場合もあります。


e0103695_1584852.jpg



つまり、まったく関心のない人に「細かく丁寧に」説明をするのは不可能なのです。まずは「やさしく、カンタンに、おおざっぱに」どんな感じなのかを伝える必要があります。誰もが知っている『コカ・コーラ』がCMをするのと、あなたがCMをするのでは、方法論自体を変える必要があるのです。


◼視覚マーケティング名刺の最新事例

e0103695_15264719.jpg


最近の事例ですが、『防犯住宅』のスペシャリストと知られる柴山さんという方の名刺とキャラクターを作成させてもらいました。ここに登場しているスーパーマンはもちろん柴山さんご本人です。



『防犯住宅』という漢字4文字に反応しない人、関心を示さない人手も泥棒とスーパーマンというものにはそもそもイメージを持っています。泥棒に入られるのはイヤだし、スーパーマンはカッコ良くて、強くて、問題を解決してくれる人だということはほとんどの人が『すでに知っている』から、記憶に残るし、さらにその先を聞いてみようという関心の扉を拓いてくれるのです。

e0103695_7481636.jpg


--------------------------------------------------------

STAFF INFORMATION
Design Farm : UJI PUBLICITY
ART DIRECTER : TOMOKO UJI
DESIGNER : TOMOKO UJI , MAKIKO AJISAWA
MAIN ILLUSTRATER :MARI TAKAHASHI
SUPPORT ILLUSTRATER : MAKIKO AJISAWA

--------------------------------------------------------


「このBLOG使える!」
e0103695_19215081.gif

と思ったら1Clickの応援、お願いします☆



この『あなたをブランディングする名刺の作り方』というコンテンツを近々掘り下げて刊行の予定です。名刺については、経営者の方はもちろん、企業にお勤めのビジネスパーソンにもいろいろとお役に立てると思っていますのでぜひ、ご注目を!!

関連記事▼
「たまたま訪問ユーザに、最訪問していただく方法」
「満足度と料理の質は落とさず、利益をあげるには?」

「愛されキャラクターを目指せ!」(使えるデザインセミナー)
「ネコのキャラクターといえば・・・」(使えるデザインセミナー)
「視覚マーケティングのススメ」

by ujipublicity | 2008-09-27 15:53 | 視覚マーケティングのススメ
ネコのキャラクターといえば・・・
2006年10月に新しいシンボルマークを導入し、「システム中心」から「人が中心」の企業に華麗なる変身を遂げ、躍進を続けるある企業から、自社のデータベースサイトのキャラクター制作の依頼を受けました。企業姿勢やサービスをユーザーにメッセージする重要な役割をもつ「使えるキャラクター」であることはもちろん「愛されるキャラクター」でなくてはなりません。

このブログはブログランキングに参加しています。何か面白いと思えることがあったら応援クリックお願いいたします☆


ネーミングに由来する動物キャラクターをつくる

データベースのサイト名は
Custemer-Aid Technology & Service by Information 」
短くちぢめて「CATS」、すなわち今回のテーマは「ネコ」です。私たちは、まず、丸二日、3人がかりですでに世の中に出回っている「ネコ」のキャラクターを調べます。たとえ、わざとでなくても、出来上がった制作物が万が一何かに似ていたら、お客様に迷惑をかけてしまうからです。


「ネコらしいネコ」vs「人間味溢れるネコ」
e0103695_14372791.gif


次はキャラクターのイメージとサイトのイメージを重ね合わせてのコンセプト作り。これを、キャラクターはキャラクター制作チーム 、サイトはサイトとやっていると・・・

関連記事▼
新会社設立/最短で最高のイメージを・・
でも、お話したように

費用も時間もざっと見積もって3倍。というか一緒に創ることでとてもパフォーマンスとしては高くなります。結局、インターフェイスは企業サイトと連動したイメージで人間味溢れるネコ、ということでこの2案に絞られました。


「マスターゲットにむける、穏やかで愛されるイメージ」
vs
「ピンポイントユーザーの心を捉えて話さない個性的で魅力的なネコ」




e0103695_14384468.jpg


個人的な好みでいうと、私はこのネコは大好きでした。
なんか、自分に正直に生きている感じ?もしかしたら、すでにどこかで出会っている、誰かに似ているのかもしれません。


e0103695_14391013.gif


ちなみに最終的な結論として、私たちが選んだ結論はこちらです。


こういうレベルまでいったら、イラストの良し悪し、ではもうありません。企業が誰に向けて、何を発信し、どこまで繋がりを持っていくのかという視覚戦略の領域なのです。つまりイラストが良いか悪いかではなく

「人を中心としたオートメーションで、安心・快適・達成感を実現」

をより表現できるのはどちらか、という選択でしかありえないのです。



「このBLOG使える!」
e0103695_19215081.gif

と思ったら1Clickの応援、お願いします☆


実際にサイトは公開されていますが、印象的なシーンをいくつかご紹介しますね。FLASH PLAYER最新版をすでにインストールされている方は、是非、ムービーもご覧ください。

かわいいです(*^-^*)。
e0103695_1439321.jpg

e0103695_14394250.jpg

e0103695_14395186.jpg

e0103695_1440160.jpg
e0103695_1440849.jpg

e0103695_1440174.jpg

e0103695_14402671.jpg

e0103695_14404978.jpg

e0103695_14405859.jpg

e0103695_1441882.jpg


▼参考サイト
CATS-I ログイン画面


関連記事▼
新会社設立/最短で最高のイメージを・・


-------------------------------------------------------------------

STAFF INFORMATION
Design Farm : UJI PUBLICITY
ART DIRECTER : TOMOKO UJI
MAIN ILLUSTRATER :MARI TAKAHASHI , MIHOKO TOI
SUPPORT ILLUSTRATER : YAMAGI , AKANE SAOTOH

-----------------------------------------------------------------------

このブログに掲載されている作品をUJI PUBLICITYの許可無く
無断転載、無断使用、無断複製することは固くお断り申し上げます。

(C) 2007 UJI PUBLICITY ALL RIGHT RESERVED
by ujipublicity | 2007-10-06 14:44 | 戦略とデザイン
愛されキャラクターを目指せ!
キャラクターといえば、以前は大手イメージがとても強かったのですが、最近は小さい会社の自社製品や個人でもキャラクターを取り入れる機会が大変多くなりましたね。ツールの進化でグラフィックのソフト等がとても身近になったのも原因でしょう。

プロが作るものと違いかなりユニークなキャラクター等もあって「なるほど」と感心することも増える一方で「ああ、もったいないなぁ。」と感じる事もあります。
今日のテーマは「愛されキャラを目指せ」
キャラクターのデザインというよりはむしろ、なぜ、「そのキャラクターなのか」というディレクションの部分について過去の事例を用いてご説明したいと思います。

このブログはブログランキングに参加しています!何かひとつでも「おっ使える!」という記事があった方だけで結構です。1クリックの応援よろしくお願いいたします☆



e0103695_1714280.gif

1.キャラクターに機能名称を説明させる
「うま早(うまそう)過熱」のうま早ブラザーズの場合

サンプルは、以前、某家電メーカーの調理器具の新機能名称(要は新しいネーミング、ですね)の認知度アップのためにつくったキャラクターです。
「うまい(旨い)」加熱=オーブン加熱と
「早い」加熱=レンジ加熱のコンビ過熱機能の説明を
「オーブン・シェフ1号」と「レンジ・シェフ2号」を使って説明しています。

つまり、新機能を擬人化したことで

1、 ふたつの機能(オーブン+レンジ)がミックスされている
2、 それは早くて旨い(美味しい)というべネフィット
3、 「シェフ」というモチーフで本格的な料理というイメージ

という3つのポイントが、「誰にでも説明しやすいしくみ」が完成されているのです。

家庭の主婦をはじめ、女性にもわかりやすくという企業の配慮が感じられますね。



e0103695_1721954.jpg

2.キャラクターにユ−ザーの気持ちを代弁させる
「税金カエル」青色申告会

その名の通り、記帳をきちんとし、正しく納税して、かつ税金がかえって来た、うれしいなぁという青色申告会の会員数増大キャンペーン。
これは「税金安く」でなく「税金かえる」というところがミソでしょう。青色申告会という団体の律儀で誠実な姿勢をさりげなく、でもとても親しみやすくブレイクダウンしてアピールしていると思います。

e0103695_1732128.jpg


共通していえることは、「意味づけがはっきりしているキャラ」は非常に「強い」ということです。

これはたとえばどういうことかというと「ファンが増える」ということは、「理不尽な文句を言う人」が増えてくる可能性をも意味します。大手企業等が必ずこのあたりをきっちりおさえてくるのは、そういったときに「キャラクターが気に入らないという理由だけでそのサービス自体を敬遠する事」などが決してないように、配慮してキャラクターを選定している結果と言えるでしょう。

つまりは、「覚えられやすく、働き者」であるということだけでなく「ケチがつけにくい」「ケチのつけがいあまりない」「とりあえず、そこは問題になりにくい」という効果を期待されているようです。

「あ、またおやじギャグだ」なんて冷めた目で見ないで「あぁ、このキャラ達はがんばって仕事しているんだぁ」といった目で見る癖をつけていると、ご自身のビジネスで何か実際にキャラクターが必要となった時、案外するっといいアイデアが浮かぶかもしれません。

最近では個人の発信するサービスでも、大ブレイクする可能性はおおいにある時代といえます。万が一の「大ヒット」に備えてたとえ小さいキャンペーンであっても「意味づけがはっきりしているキャラを作るクセ」をつけておくとよいと思いますよ☆



やっと更新できたよぉ。。。ほぉ~
e0103695_19215081.gif

また、使える記事をご紹介したいと思います。ぜひ、1クリックの応援よろしくお願いします☆



実は最近も続々と新しいサイトのキャラクターが準備されていて、もうまもなくデビューするキャラクターもいくつかあります。
リリース出来次第、また事務所のブログ等でご紹介しますね。

もちろん、「働き者のキャラ達」であることはいうまでもありません(笑)


関連記事▼
 「これを人件費に換算すると・・・」(by AllAboutPlofile8/6のコラムより)
by ujipublicity | 2007-08-05 17:25 | デザインTIPS!