使える「デザインセミナー」
ujipub.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
タグ:トーンアンドマナー ( 7 ) タグの人気記事
週間読書人( @Dokushojin_Club )新年特大号に寄稿させていただきました。


週刊読書人|新年特大号(12月30日号合併) に寄稿させて頂きました。
【第1部】東浩紀氏ロングインタビュー「日本発の新しい民主主義」
『一般意思2.0』(講談社)創刊を機に~

【第2部】特集=新書のすすめ
※あずま・ひろき氏=哲学者・作家。専門は現代思想、表彰文化論、情報社会論。東京大学大学院博士課程修了。早稲田大学教授。『存在論的、郵便的』で第21回サントリー学芸賞受賞。『クォンタム・ファミリーズ』で第23回三島由紀夫賞受賞。著書に『郵便的不安たち』など

こちらの【第2部】特集=新書のすすめの中に「私のモチーフ」というコーナがあり、9冊の新書が紹介されています。
今号では、9月に刊行された「デザインセンスを身につける(ソフトバンク新書)」のテーマ、すなわちどういった背景でこの企画が生まれたのか?について、本編に含まれないエピソードを含めて書かせて頂きました。少しだけ紹介します。

[週間読書人 新書のすすめ/『デザインセンスを身につける』より]

(略)・・・本当に読むだけでデザインセンスが「5」になれるの? 本書の「セールストーク」に対して、疑問の声があるのも事実です。実際、ツイッターにも「求めていたものと違った」「お手本としてすぐ使えるものではない」というコメントが、いくつか寄せられました。
 本書に「がっかりした」人々が求めていたのは、ステップバイステップという手法なのでしょう。たとえば「シック&エレガンス」というキーワードを与えられ、どんな本を読み、何を食べ、どのブランドを着たらそれになれるのかというような、バブル期に頂点を極めた「ファッションライフスタイルマガジン」の特集記事のような「誰かがうまくいった事例をもとに、人のセンスを借りてくる」というものであったのだと思われます。

 かくいう私も、20年ほど前には若者向け男性誌で、ある靴メーカーの記事広告の担当デザイナーをしていた時期があります。前述の手法を使用して多くの読者を「誑かした」ことを告白しなくてはなりません。・・・(略)

読書好きの方はもちろん、『デザインセンスを身につける』の制作秘話にご興味をおもち頂いた方、ぜひ読んでみてください。

▼週間読書人とは?
読書人は本のスペシャリストが創る専門誌。取り上げるジャンルは文学・思想・学術・芸術からサブカル、コミックまで。著者インタビューや書評、記事で「時代のいま」を切り取ります。『週刊読書人Online』では、毎週金曜日に発行する『週刊読書人』のweb版としてその内容の一部と、onlineだけで読める記事を配信しています。http://www.dokushojin.co.jp/
▼iPad&iPhoneでも読めます。
iPad&iPhoneで読む 【週刊読書人】アプリ登場!
http://itunes.apple.com/jp/app//id482453515?mt=8




【編集後記】

早いもので、さまざまなできことがあった2011年も幕を閉じようとしています。

先日、以前の勤め先であった代官山でとあるロジカルシンキング系のビジネスセミナーに参加しました。とてもお洒落なセンスのいい会場で、一足早いクリスマス気分を満喫しつつ、若かりし(まだ、アルマーニ・ヴェルサーチなんかが全盛だった)日のことを思い出しました。代官山のデザインブティック的プロダクションに勤務していたのは、ちょうど読書人で告白している、アパレル関連の販促を担当していた頃です。

ファッショナブルなクリスマスイルミネーションに彩られた町並みを歩きながら(ちょうど転職がその時期だったこともあり)、面接の時に書いた履歴書・・・・そのなかに書いた【この会社に入る目的】という項目をなぜか思い出しました。
「デザインで人をしあわせにしたいから」

そして、当時の社長にこういわれたのです。「まぁ、これで決めた。と、いっても間違いではないよ(笑)」

2011年はつらい出来事もありましたが、素敵な出会いもあり、また、遠い昔、自分の思いであり願いであった「しあわせをデザインというカタチにすること」が叶った年でもありました。

もちろん、「しあわせ」というもののカタチは人によってさまざまです。

「自信に満ちて堂々としている」という状態がしあわせである人(もの)もあれば、「しなやかで優しく、多くの人に愛されている」という状況がしあわせである人(もの)もあります。
そういった、それぞれの「しあわせ」について真剣に考えカタチにしたものが、2011年、私の手から大海へと旅立っていきました。

デザインで人をしあわせにしたいという気持ちは、今も色褪せることはありません。来年も、そしてこれからもずっと、そうありたいと考えます。


今年、お力をお借りしたみなさま、ほんの小さな触れ合いであってもご縁を頂いたみなさまにここで改めてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。感謝します。
2012年がみなさまにとって、輝かしい、そして素晴らしい年になりますように。


2011年12月31日  ウジトモコ
by ujipublicity | 2011-12-31 22:51 | メディア掲載/最近の仕事等
Webディレクターを目指すひとがこれだけは知っておきたいデザインとブランディング



デザインでブランド力をアップしましょう。ウェブディレクションに携わる方のために、デザインとブランドアイデンティティを学ぶ集中講座が開催されます。

e0103695_167932.jpg


これからのウェブサイトのデザインにおいては、無作為に大量の人を集めるという既存のニーズに変わって「ブランドとしてのポジショニング」「優良顧客と効率よく繋がるフィルタリングやマッチング」といった、ディレクション技術は欠かせません。

今後、期待されるウェブマーケティングにおいても、広告や企業ブランディングの機能を強化する「アートディレクションの技術」「様々なメディア(ソーシャルメディアはもちろん、紙のパンフレットや店舗の店頭デザインなども含め)連携の理解」が必須です。

ウェブディレクション講座では、強みやらしさといった「ブランドのアイデンティティ」をまずは探り出し、サイトの機能とどのようにリンクしていけば成果に繋がるのか、理論とプロセス、簡単なワークショップを含めて学んでいきます。(本講座は3段階のステップで学びます。)

【講座内容】
1.(これだけは知っておきたい!)
  WEBの成果につなげる、アートディレクションの3つのポイント(50分)
2.(こうすればうまくいく!)
  デザインプロジェクトを成功させるためのコンセプトとプロセスのデザイン(50分)
3.(やってみよう!)
  ブランディングに効くウェブデザインのクリエィティブブリーフをつくろう(50分)


ウェブはもちろん、商品企画からパンフレット制作まで、フルメディアで連携が可能なビジュアルアイデンティティを導きだすための「視覚マーケティングレギュラーワーク」も、もちろん実技つきで体験して頂きます。

デザイン戦略
デザイン戦略の「方位(direction)」を決める

デザイン戦略
デザイン戦略の「角度(reach)」を決める

デザイン戦略
デザイン戦略の「クラス(class)」を決める

デザイン戦略
デザイン戦略の「タイプ(type)」を決める




お申し込み・詳細はこちらからどうぞ↓↓↓
http://www.active-college.jp/instructor/uji/web-d/
▶ウジトモコ氏から学べるクリエーター向けスキルアップスクールアクティブカレッジ!11月29日Webディレクション講座



by ujipublicity | 2011-11-23 21:00 | デザインセミナー
『模倣の法則』
e0103695_553542.gif

社会学者ガブリエル タルドの主著『模倣の法則』は、一昨年末から昨年のはじめにかけて読みふけって、非常に感銘を受けた一冊。正直に言って、いつもはもうちょっと軽めの本を読んでますが、ちょうど昨年のこの時期、トンマナ(トーンアンドマナー)の本が刊行されたばかりのころで、「なぜ、日本のデザインや広報(特に企業サイトなど)のトンマナは、同じ方向に、似たような雰囲気に流れてしまいがち、というかそれを望まれる事が多いのだろう」という疑問が頭を渦巻いていて、ずっともやもやとしていた時にたまたま書店で目について手に取ったもの。


もちろん、この書籍から得るものは「デザインのトンマナ」などを遥か上回る深い考察に満ちているのだけれども、少なくとも、なぜ人々は「差異」には、向かわず、「模倣」に向かうのか。退屈でありきたりな風潮に飲み込まれていくのか。また、工業製品に限らず、どうして同じようなデザインのものばかりが量産されてしまうのか、等という私の愚直な疑問に鮮やかに答えてくれる。


文化や宗教がたとえ異なっていても「文様・装飾」や「パターン」は、着実に文化や生活の中に浸食していくという描写もリアル。まずは、形から浸食され、次第に意識まで染まっていくのですね・・・。


昨日、ある案件の打ち合わせで、デザインコンサルティングの依頼主の方に「おススメの本ありますかー?」と聞かれて『コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則』やら『グランズウェル ソーシャルテクノロジーによる企業戦略』『クリエイティブ資本論—新たな経済階級の台頭』その他最近の本等いろいろとをおすすめしたのだけど(打ち合わせ中に全部、携帯で即買いをされていてびっくりした!!)、あと、なにあったかなぁといろいろ思い出していて、ああ、そうだ『模倣の法則』の事はブログにも何にも書いていないなぁ・・・と突然思い出したのでした!



ノウハウ本ではありませんが、ブランディングやデザインマーケティング案件に携わる人にも参考になるところの多い書籍だと思います。制作サイドにいらっしゃる方にもぜひ。おススメです!



模倣の法則 ガブリエル タルド (著)  
e0103695_6503230.gif
by ujipublicity | 2011-02-03 07:25 | 献本&書評
ウエスタンハットを脱いだ「ウエスタン」ーウエスタンコンサルティング合同会社ー
日本で唯一のカーボーイ税理士として、税務会計の著書なども出されている、ウエスタン安藤氏の新しい事業、ウェスタンコンサルティング合同会社設立にあたり、デザイン担当をさせていただきました。



e0103695_9482339.jpg



ウエスタンコンサルティングは、会計を武器として使える経営者育成を最も大切な使命と考えています。
私たちの目的は資金繰り・会計・教育からの開放を通して、
企業を発展させることにあります。


「会計は武器」であるという、安藤氏の新しいサイト。見どころは、やはり「会計実学セミナー」のカテゴリではないでしょうか。


e0103695_1156328.jpg
本当に黒字は必要なのか? | 会計を武器に日本を守る企業を創造する。ウエスタンコンサルティング合同会社



中小企業経営者の方はもちろん、「経営と会計」というところに関心をもたれるビジネスパーソンにも役立つ内容になっています。

ウエスタンコンサルティング合同会社
http://www.western-consulting.co.jp/index.html
ウエスタン安藤(WesternAndo) on Twitter
@WesternAndo






[Creative Direction & Designfarm : Uji Publicity Inc / Art Director : Tomoko Uji / Assistant Art Director : Saeko Kojima , Nanako Uebou]
[Web Development : UAsist Inc / Web Desiger : Tomoko Matsumoto / by Movable Type 4.0]
by ujipublicity | 2011-01-30 08:36 | ブランド構築とアイデンティティ
「IA」と「トンマナ」は共創できる?第3回デザインマーケティングカフェにご参加ありがとうございました!
e0103695_22523532.jpg

「デザイン思考とデザイン戦略」セミナー&新年会/第3回デザインマーケティングカフェがなんとか(?)無事に終わりました。今回の対談は、こちらのブログでもご紹介した、使える「デザインセミナー」 :「ボイス Vol. 03:デザインで問題解決していますか?」が公開されています。の続きになっています。UST録画はこちらから。

当日の様子は、まずはリアルタイムでレポートがあがっていましたのでこちらから。(ちなみにブログアップの時刻を見たら、なんと2011年1月12日 19:55となっていました。)
新年恒例となった@UJITOMOの「デザイン思考とデザイン戦略」セミナーに参加しています。自分用メモを更新していきます。ゲストはインフォメーションアーキテクトの長谷川敦士氏です。
お二人の会話から気になる部分をメモしました。

[N] @UJITOMOの第3回デザインマーケティングカフェ「デザイン思考とデザイン戦略」メモ(ゲスト:長谷川敦士)


セミナーの告知をtwitterでするようになってから、参加者や関係者やもちろん、全く面識の無い方でもテーマやコンテンツで呟きに参加して頂けるようになったように思います。こちらのまとめも、当日すぐにあがっていたのですが、私の方では全く面識の無い方でした。(UX関連の方でしょうか。ありがとうございました)
Togetter - 「2011年01月12日 「デザイン思考とデザイン戦略」セミナー #dmcafe」
e0103695_23515491.jpg
議論や対談が行われている、まさにその場で、自身の疑問や考えで『参加』できるところがTogetterのいい所ですよね。

そしてこの視点は秀逸。ここまでのイベントにも何度かご参加頂き、自著も読んで頂き、実務レベルでも近いところにいらっしゃるこの方も速攻でブログをあげてくださいました。
デザインは「視覚マーケティング」だというウジさんと、
情報アーキテクトとしてウェブを中心に活躍する長谷川さんの対談ですから、
このところ「デザイナーとプログラマーの融合」なんてことを考えている私には
ドンピシャな企画なわけです。

昨年も同じ時期に第1回のデザインマーケティングカフェに行ってます。

若だんなの新宿通信  第3回デザインマーケティングカフェ「デザイン思考とデザイン戦略」に行ってきました(#dmcafe)
なるほど、こんな風にこのイベントをみていらしたのですね。そして、注目すべきコメントは、特に以下の下りではないでしょうか。
今回の注目はウジさんの着物の写真だけではなく、やはり「トンマナ」と「IA」の対決かと。

キーワードとしては「ビジネス・エスノグラフィー」とか、
「Big IA」だったかと思いますが、その辺はググッていただくとして。

私の感想は、デザインという言葉が指すものが、お二人の間で「別のフェーズ」だったような。
ウジさんが使う「デザイン」と、長谷川さんが使う「デザイン」が、
微妙にすれ違っていて、時々同じだから、話が噛み合うようで噛み合わなかった。

間に行司か通訳が必要だったのではないかなと聞いていて思いました。


若だんなの新宿通信  第3回デザインマーケティングカフェ「デザイン思考とデザイン戦略」に行ってきました(#dmcafe)

確かにその通り、ご指摘のとおりだったかもしれません。というか、むしろ、完全一致のようなものがなかなかやってこないために、いつまでも議論し続けられる『ベース』があるのかもしれませんし、そのかみ合いそうでときどき噛み合なかったりもするのだけれども、あるときは一致するその『探り合い』のようなものの中に、実は「真理」や「発見」が隠されているのではないかと思っていたりもします。

この若だんなブログのコメントを読んで気づいたんですけど、きっと「共創」って、似た者同士の馴れ合いからは生まれなくて、もともと違う遺伝子を持つところから繋がって、発展して、それこそ「創造」されるものに意味や価値があるのでは。つまり、このデザインマーケティングカフェ自体の意味も「そこ」にあるのではないかと思いました。


また、第3回目を迎えるにあたって、オープンに周囲にπが広がっていく様子を感じられると同時に会の運営や告知方法、進行等にもさまざまな方からご意見を頂きました。まだまだ、このデザインカフェの試みは始まったばかり。「未熟であるうちは成長できる」と言ったのはレイ・クロックでしたっけ?反省点もさることながら、改善できる点もいろいろ発見できたのは収穫でした。


お忙しい中、会場にお運び頂きました皆様、本当にありがとうございました。ネットでRTや告知の協力をして頂いた方にも御礼申し上げます。ぜひ、次回のデザインマーケティングカフェにご期待ください。

また、この場をお借りして、いつもこのイベントを支えご協力してくださるスタッフ、関係者の方に感謝の意を表したいと思います。次回もぜひ、懲りずにおつきあいくださいね。


関連URLーーーーーーー
【第3回】
[N] @UJITOMOの第3回デザインマーケティングカフェ「デザイン思考とデザイン戦略」メモ(ゲスト:長谷川敦士)
若だんなの新宿通信  第3回デザインマーケティングカフェ「デザイン思考とデザイン戦略」に行ってきました(#dmcafe)

1月12日 「デザイン思考とデザイン戦略」セミナー&新年会(東京都)
「デザイン思考とデザイン戦略」はいよいよ来週!過去のデザインマーケティングカフェふりかえりまとめ

【第2回】
BLOG「芦田の毎日」: デザインとは何か ― デザインの哲学的意味論について
使える「デザインセミナー」 : 「デザインなんて、哲学そのものだろう」

UST中継「デザイン思考とデザイン戦略」


【第1回】
デザインマーケティングカフェにご参加ありがとうございます!
「ソーシャルメディア x デザイン」セミナー&新年会のお知らせ





by ujipublicity | 2011-01-14 01:22 | デザインセミナー
プレゼンシートのトーンアンドマナー『結論』と『根拠』の差をつけるには?

「プレゼンシートのデザインをなんとかしたいのだけれど・・・」というご相談を実は良く受けます。今までは「パワポ使えないからなぁ・・・」と、あえてあまり突っ込んだアドバイスをしないように遠慮をしていたのですが、最近『あのお方』のプレゼンを見ていて「やっぱりそうか!」と思う事がありました。いや、実にあたりまえの事なんですが・・・・

もっとよむ>>
by ujipublicity | 2010-04-21 23:38 | プレゼンデザインハックス
これからツイッターを始める人のためのアイコン講座−1(写真とグラフィックのトーンマナー)
  このブログでも何度か紹介している、ミニブログtwitter

 ハンドルネーム(ID)やメールアドレスを設定しても、アイコンを登録しないといわゆるデフォルト画像=名無しのゴンベ画像になってしまいます↓(私が使っているウェブうサービスのロゴとデフォルトアイコンはこんなかんじ)

e0103695_21331235.jpg


このままでも意外と可愛い?などと思ってしまいそうですが、実際に大量の情報を『受け取って』みると・・・

アイコンは認識や差別化、さらに突き詰めて品格や発言の価値をも左右する、非常に重要な役割を果たしているという事に気づきます。(ツイッターとかソーシャルの本の人とか、ぜひ『次の本』には、もっとちゃんと書いて欲しいなぁ。。)

もっと読む>>
by ujipublicity | 2009-12-26 00:45 | ソーシャルメディアとデザイン