使える「デザインセミナー」
ujipub.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
タグ:ビジネス書 ( 2 ) タグの人気記事
売るのではなくて売れるようにするための3つのステップ『なぜか売れるの公式』
マーケティングコンサルタントの理央さんから新刊『「なぜか売れる」の公式』を頂きました。とても、読みやすくてわかりやすい。売れるしくみを作るために大切な超基本の3つのポイントの、さらにさわりだけですが、ちょっと飛躍的解釈を織り交ぜつつ今日はご紹介しますね。


【1】天ぷらうどんの法則

「何を売るか」それをはっきりさせましょうということです。あれも売っていて、これも売っているという状態では、お客さんは商品を選べません。おすすめをきちんとつくり、また、価格だけで勝負してはいけないといいます。情緒的な価値にプラスして、社会的な価値をもおさえておくことが重要度を増しています。マーケティング用語で「商品(製品)戦略」などといいますね。
e0103695_09344648.jpg
(細かい説明はぜひ書籍をどうぞ。写真が天ざるですが、すみません。。。)
売れないものは、結局、なにをやっても売れません。「売れる商品」をつくりましょう。



【2】自転車の法則
e0103695_09522059.jpg

「誰に売るか」つまり、自転車を買う際にお金を払う(ことを決める人)は誰か、ということです。「ターゲット戦略」などはみなさんもよくきく言葉でしょうか。これをただ漠然と考えるのではなく「消費者」と「顧客」、つまりこれから買ってもらいたい人とすでに買ってくれる人、さらに「顧客の中の仮面」をきちんと分析して、それらのお客さんに「理想の顧客」になってもらうことが重要です。

そのためにも、自分の将来(未来)にとっていちばん良いお客さんには、然るべき方法でアプローチをかけなくてはいけません。(細かい説明はぜひ書籍をどうぞ。)




【3】脳をジャックする法則

e0103695_09345183.jpg
お客さんをほったらかしにしたままで、ある日、偶然、いきなり大量に買ってくれるということは先ずありません。「何かのために」「あるタイミングで」「買う必要がある」から買う訳です。

「買いたいな」あるいは「欲しいかも」という欲求や必要性をいとも自然に作り出さなくてはいけないのです。これらの「どうやって売るか」を売れる公式では「プロモーション(販売)戦略」から導きだします。

例えばもうすぐ愉しいクリスマスですよね(笑)!つまり、お買い物のシーズンです。この時に「思い出してもらう」ことから先ずは始まって、「欲しいモノリストに入れてもらう」ことも重要ですし、なにか良い贈り物は無いかなと考えていた矢先に「偶然に目につく」ことも重要です。また、商品の良さをずっと真面目に伝えた結果として「念願だったので購買を決意する」というアクションへ導くということもありそうです。
いずれにしてもまずは「負けないためにはどこで戦うか」がとても重要なのですね。(細かい説明はぜひ書籍をどうぞ。)



理央さんは「自信過剰の罠にはまってはいけない」と言います。




さて、あなたはだいじょうぶですか?

e0103695_10033930.jpeg
「なぜか売れる」の公式 単行本(ソフトカバー) 理央 周 (著)



【編集後記】
そんな素敵なマーケティング戦略をわかりやすく教えてくれる『「なぜか売れる」の公式』の著者の理央周さん、間もなく新刊『ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術』を発売される徳本昌大さんと12/2(火)渋谷ヒカリエカンファレンスにてイベントを行います。
e0103695_10342303.jpg

【デザインとマーケティングのスペシャリストの3人が考える未来の創り方:新刊記念イベントin渋谷ヒカリエ】

すでに半数を超えるお申し込みを頂いているようですので、ご興味をお持ちくださった方、ぜひお早めに。クリスマスのシーズンですし、なにかプレゼントなどもご用意しようと思っています。ご参加の方の輝かしい2015年に貢献できるコンテンツをご用意してみなさまの多数ご来場をお待ちしております。

会場でお目にかかりましょう☆



by ujipublicity | 2014-11-26 10:43 | 献本&書評
『世界一わかりやすい4コマビジネス書ガイド』最も正しい(?)楽しみ方

ビジネス書を女性ならではの独特の視点と可愛いキャラクター『勉子』の4コマ漫画で紹介する『女子勉』ブログの勉子さんから、待望の新刊、世界一わかりやすい4コマビジネス書ガイドを献本で頂きました!ありがとうございます!

すでに蒼々たる、書評家の大御所のほとんど(?)というくらいのブログでご紹介が終わっているくらい、注目の新刊だったと思うのですが、想定読者にやや近めの「女子目線」&「絵解き」に注目してこちらの新刊を紹介したいと思います。ふだんビジネス書はあまり読まない方、デザイナーさんにももちろんお勧めです!


全体を通して、4ページで1冊の書籍が紹介されており、それぞれに4コマのとても読みやすい漫画がでてくるのですが、


漫画書評だと思ってさらっと読んでいたつもりが、「ちょっとしっかり読んでみようかしら?」なんていう気持ちになったりすることがよくあるんですよね。ブログでもそうですが、私は特に4コマの中の「4つのポイント」に注目しています。


1)ギャップに注目する(世界一わかりやすい4コマビジネス書ガイド)
ポイント【1】
勉子の「ギャップ」に注目する。この「ギャップ」こそが、読書による勉子の成長の証。いわゆる「体験の共有(Experience Design)」と言うんでしょうかね。苦い成長もあれば、清々しい成長もある。ということで、まずは、私はこの勉子の成長の2コマ=「ギャップ」を見ることで、何となくなんですが「読後感」をイメージしているような気がします。



2)ナゾのキャラクターに注目!(世界一わかりやすい4コマビジネス書ガイド)
ポイント【2】
次に注目するのは、本編に登場しない、ナゾのキャラクター、すなわちテーマの可視化(Visual Abstraction)に注目します。なんと言うか、女子(女性)って、けちんぼというか早とちりというか、「はっきりしない問題なんか、考えるのもなんだか面倒くさい・・・」と言うような、ちょっとおおざっぱな所もあるような気がしませんか。そのくせ、はっきりとした「問題の可視化」に対しては、意外に潔ぎよく立ち向かってしまう。。。「そうか、こいつと戦えばいいのね!現実的に考えるわ!」みたいに感じでしょうか(笑)。そういった意味で、はっきりと「テーマ」をカタチにして見せてくれるのは嬉しいですね。



3)擬態語に注目する!(世界一わかりやすい4コマビジネス書ガイド)
ポイント【3】
「擬態語」に注目する。「擬態語」というのは、上の「ざざーん」、とか「むーん」とか、男性の書評にはほぼ登場しない表現だと思うのですが、これが「この本、自分に関係なさそうだけど読んでみようかなぁ・・・・」という気分(frame of mind)を盛り上げるのにとても良いのです。実際、私自身が選書しないなぁと思うビジネス書で女子勉さんの4コマ書評で購入にいたったはっきりとした理由って、実際よく解りません(笑)。「興味がなかったんだけど、なんとなく、読んでみようかなぁ」という感じで、「たまたま、気が変わって」読んでみたと言うのも結構あるんですよね。こういう気まぐれ的な行動は、もしかしたら女性独特なのかもしれませんが。

もっとよむ>>
by ujipublicity | 2010-09-20 21:54 | 戦略とデザイン