使える「デザインセミナー」
ujipub.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
タグ:名刺 ( 5 ) タグの人気記事
あなたをブランディングする名刺の作り方【1】
おかげさまで自著『視覚マーケティングのススメ』を読んでいただいた、という方から沢山のメールやお手紙を頂きました。ありがたい事です。。ブログでも沢山紹介していただき、本当に光栄です。その中にはもっとこうしてほしかった、これを書いて欲しかった、というご要望も多くありました。中でももっとも多かったのは「じゃあ、実際にはどうすればいいの?」「具体的なツールづくりに視覚マーケティングを取り入れる方法が書いていないじゃん」というものでした。


ブログランキングに参加しています。応援1クリック、宜しくお願いします☆


◼視覚マーケティングの実践/名刺づくりにチャレンジ

ということで、このブログでもよくとり上げている、まずは名刺をとり上げてみます。「目的をはっきりと定め」→「戦略を練り」→「可視化する」のでしたよね。


e0103695_15309.jpg



視覚マーケティングを実践した名刺のイメージはこんな感じです。相手に持ってもらう印象をあらかじめ計算しているために「スゴそう!」「きれい!」「カッコいい!」などの感情があなたのセールスポイントを記憶に残すための手助けをしてくれるのです。
コンセプトをぎゅっと絞った分、反動するパワーがある・・・そんなイメージでしょうか。


◼情報の詰め込みすぎ、売り込みのしすぎに注意!

よく、勉強会やセミナーなので見かけるのですが、がんばってマーケティングしている割に記憶に残らない名刺があります。もともと、人はすでに「知っている」ものに対しては興味や関心を多少は感じるものです。けれど、まったく「知らない」ものに対しては、「興味をもつべきか、持たないべきか」というレベルで判断されている場合もあります。


e0103695_1584852.jpg



つまり、まったく関心のない人に「細かく丁寧に」説明をするのは不可能なのです。まずは「やさしく、カンタンに、おおざっぱに」どんな感じなのかを伝える必要があります。誰もが知っている『コカ・コーラ』がCMをするのと、あなたがCMをするのでは、方法論自体を変える必要があるのです。


◼視覚マーケティング名刺の最新事例

e0103695_15264719.jpg


最近の事例ですが、『防犯住宅』のスペシャリストと知られる柴山さんという方の名刺とキャラクターを作成させてもらいました。ここに登場しているスーパーマンはもちろん柴山さんご本人です。



『防犯住宅』という漢字4文字に反応しない人、関心を示さない人手も泥棒とスーパーマンというものにはそもそもイメージを持っています。泥棒に入られるのはイヤだし、スーパーマンはカッコ良くて、強くて、問題を解決してくれる人だということはほとんどの人が『すでに知っている』から、記憶に残るし、さらにその先を聞いてみようという関心の扉を拓いてくれるのです。

e0103695_7481636.jpg


--------------------------------------------------------

STAFF INFORMATION
Design Farm : UJI PUBLICITY
ART DIRECTER : TOMOKO UJI
DESIGNER : TOMOKO UJI , MAKIKO AJISAWA
MAIN ILLUSTRATER :MARI TAKAHASHI
SUPPORT ILLUSTRATER : MAKIKO AJISAWA

--------------------------------------------------------


「このBLOG使える!」
e0103695_19215081.gif

と思ったら1Clickの応援、お願いします☆



この『あなたをブランディングする名刺の作り方』というコンテンツを近々掘り下げて刊行の予定です。名刺については、経営者の方はもちろん、企業にお勤めのビジネスパーソンにもいろいろとお役に立てると思っていますのでぜひ、ご注目を!!

関連記事▼
「たまたま訪問ユーザに、最訪問していただく方法」
「満足度と料理の質は落とさず、利益をあげるには?」

「愛されキャラクターを目指せ!」(使えるデザインセミナー)
「ネコのキャラクターといえば・・・」(使えるデザインセミナー)
「視覚マーケティングのススメ」

by ujipublicity | 2008-09-27 15:53 | 視覚マーケティングのススメ
デザインの秘密
名刺コンサルタント・堀内伸浩さんの名刺ブログに前回の記事でご紹介したマーク富岡さんの名刺が取り上げられていました。堀内さん自身が「いつか持ちたい」と書いて頂いています(ありがとうございます!)実は、一見とてもシンプルにみえるこの名刺に、「ある秘密」があったのです。ご存知でした?
ブログランキングに参加しています。応援1クリック、宜しくお願いします☆


センター揃えと見た目センターの違い

マーク富岡さんは「アメリカ人1万人をイエスといわせた男」というキャッチフレーズの国際派やり手ビジネスパーソンです。ですから、デザインのコンセプトも超シンプル、超スマートを目指すべく「イケメン名刺」として、前回ご紹介ししています。



e0103695_0571144.jpg




ちなみに下はマークさんの名刺の版下データです。銀箔押しなのでプロセスのマゼンタ版に置き換えています。(余談ですが特色を使う時にもイラストレーターのバージョン9以上であればこのようなデータにしておくと安心ですね。)色の見た目は、違和感があるかもしれませんが、レイアウトは何の変哲もない、左右センターに文字がおいてあるだけのデザインに見えます、よね?



e0103695_22155438.gif




それでは、この版下を180度回転させてみましょう。お気づきになりました?




e0103695_22284656.gif





そうなんです。隠されたこんな秘密があったんです。もう分かりましたよね?
えっ、分からない?では、ヒントです。




e0103695_22264561.gif





はい、これがその秘密です。



見た目をセンターにするために実際よりも文字を少し上に配位置しています。なぜかというと、本当のセンターにおいてしまうと、錯覚でセンターよりも文字が落ちて見えてしまい、スマートな感じや軽やかでシャープなイメージにはなりません。ぱっとめ、野暮ったい、というか重たい感じになってしまうのです。


世界各国を飛び回る、スマートなビジネスパーソンの方に「野暮ったい」レイアウトでは失礼ですよね。やはり、シュッと、スマートに見せなくては!

このほんの数ミリにもならないわずかな文字配置テクニックが、実は大きく「デザインの印象」を決定づけています。なんの変哲もない「文字配置」がその対象の「雰囲気」を醸し出す「アートデイレクション」に変わるための小さくて大きな秘密のテクニックなのです。


と、偉そうに書いてしまいましたが実は、こんなことはデザイナーにとっては当たり前のことです。フツウに誰でもやっています。でも、意外に一般の方には知られていないのだなぁ、ということで今回ご紹介してみました!どうでしょう。参考になりましたか。


まだまだ、デザインの秘密はいっぱいありますよ。けっこう、奥が深いでしょ?
もっともっと知りたい方のために、もうすぐ良いお知らせがあります!お楽しみに☆


関連サイト▼
ユダヤ商人を手玉に取るマーケティング講座
【世界75カ国を飛び回る海外マーケッターが教える】〜世界でも通用するスマートな 「ビジネススキル」 をつける法〜

名刺ブログ
たかが名刺、されど名刺−−。印象に残った名刺やユニークな名刺を紹介します。
by ujipublicity | 2008-04-16 22:52 | 潜在意識と視覚戦略
著者ブランド応援名刺エントリーまとめ(1)
「10年愛されるベストセラー作家養成講座」というのをご存知でしょうか。とてつもなく魅力的ではんぱなく面白い・・そんな人たちが集まる「すごーい講座」なんですよ。

ブログランキングに参加しています。応援1クリック、宜しくお願いします☆


◼それは、カリスマ整体師から始まった

96万個の背骨とすでに対話を重ね道を究めたという、カリスマ先生の名刺デザインが実は事の発端でした。自分の企画が全く思いつかないのに、名刺のデザインは思いついちゃったんですよね。「中西先生、とりえず、今の名刺はなんか先生のすごさが表現できていないみたい・・・」

e0103695_23304513.gif

e0103695_2331672.jpg

芦屋の大先生というエントリーすでに紹介させていただいていますのでぜひこちらも!


◼あの芸能人も有名コンサルタントも。筋肉を作ったカリスマトレーナー

中西先生とカリスマパーソナルトレーナーの島田さんは大の仲良しだったので、即効お声がかかりました。取材とかなんとか言って、加圧トレーニング体験までさせてもらいました。筋肉のIT革命?!いえいえ、正しくは島田さんのサイトをご覧くださいね。http://www.k-conditioning.com/index.html

e0103695_23412794.jpg

当時、こんなエントリーも書いてましたっけ。筋肉と知性を表現するには?


◼10年愛の華麗なる先輩達

e0103695_2346333.jpg


先輩後輩って今の世の中、どうなんでしょうね。でも、この「10年愛」でいうと「愛あるダメだし」に象徴される、強いきずながあって先輩はとても後輩思いです。ちなみにこれはファッションプロデユーサーの鴫原さんの名刺ですが、どうも鴫原さん本人は覚えていらっしゃらないようなんですが・・・「あなた10年愛に行った方が絶対にいいわよ!」とお勧めしてくれた方でもあります(笑)。

サイトも作らせてもらっています。http://shigihara-h.jp/


◼アメリカ人1万人をイエスといわせた男
イケメン名刺と名付けてみたんですが・・・

e0103695_0571144.jpg


マーク富岡さんもすごいです。日本人の最も苦手とする分野であり、これからもっとも必要とされる「交渉」ジャンルのスペシャリスト。グローバルなお方です。講座期間中は、いろいろとアドバイスしていただきました。ありがとうございました!!
ユダヤ商人を手玉に取るマーケティング講座
【世界75カ国を飛び回る海外マーケッターが教える】〜世界でも通用するスマートな 「ビジネススキル」 をつける法〜


◼日本中どこでも・・・一番目立つウエスタン税理士さん

e0103695_03643.jpg


1GBのウエスタンハットというエントリーですでにご紹介済みですが「日本で唯一のカウボーイ税理士」なんですよ。ウエスタンさんは。たぶんウエスタンさんネタで、2,3本はエントリーが出来そうですけど(笑)。3/10にいよいよ配本ですね!応援しています☆
ウエスタン安藤 税の荒野を行く!


◼イタリアの優雅な暮らしを教えてくれる・・・

e0103695_083637.jpg


一級建築士でインテリアデザイナーの戸倉容子さんの名刺は、事務所の皆さんおひとりずつにお選びいただいた作品の写真集になっています。デザイナーさんらしく、判型も少し細長くてシャープなイメージです。はっきり言って素敵です。うっとり。こんな豪邸に一度でいいから住んでみたい・・・。「全員の名刺を集めたいねぇ」とおっしゃっていたいただいたクライアントさんもいらっしゃるとか。たしかに見応えありますよね。女性の感性で住宅をデザインする建築設計事務所ドムスデザイン


◼現場取材と情報ネットワーク今を伝える教育ジャーナリスト

e0103695_0193716.jpg

e0103695_0195537.jpg


「子供と出かける遊び場ガイド」は私も実は愛読者でした。封筒も作っていただいたんですよね。鮮やかなグリーンは、現行サイトのイメージでもありましたがちょっと改まった取材用にと2パターンの名刺を作りました。

まだまだ寒さが厳しい日が続いていますが、一日も早く、お母様の体調のご回復をお祈りしています!!



ブログランキングに参加しています。応援1クリック宜しくお願いいたします!



半年間、実ビジネスの合間を縫って、闇雲にただがむしゃらに創っていたようで、いろいろと大きな学びがありました。普段やっている事は中小企業のブランディングで、近いといえば確かにそうですが、より小さい紙面、より限られた条件というものがあり、パーソナルブランディングの骨子を掴んだような手応えも。

最近の名刺の流行りでいうと、ジャバラ折で何ページにもなっているもの、冊子形式のものなどもありますが、あえて「表と裏」「魅せて、読ませる」の可能性にトライしています。

というか結局、沢山書いてあっても読んでくれなければ同じなのです。名刺をもらう時は、沢山のひとからいっぺんにもらう訳ですし、所詮ここですべてを伝えるのは無理ですよね。何か引っかかってもらって、強烈に印象づける事でウエブサイトや個人ブログに引っ張れればいいわけです。

そして何よりも一番大切な事は、どんなに素敵で魅力的な人たちかという事を「見て感じて」もらえる事だと思っています。

度重なるトライ&エラーにおつき合いいただき、また受け取った人の反応や性別などテストマーケティングにもご協力を頂きました。ありがとうございました。



関連サイト▼
『10年愛される「ベストセラー作家」養成コース』入門講座
by ujipublicity | 2008-02-13 00:43 | まずは名刺を作ろう
3億円のイメージ?3万円のイメージ?
私の知り合いのディレクターの新しいボスは、ちょっと有名なブランディングディレクターなんですが、ちなみに、最近のプロジェクトはデザインフィー3億円だそうです。え、3億円のイメージって・・?答えは文末に書きます。最後まで読んでくださいね☆

このブログはブログランキングに参加しています。何かひとつでも、なるほど、と思えることがありましたら、ぜひ、応援のクリック、忘れずによろしくお願いいたします!


芦屋の大先生

先週、大阪に行ったのですが、その翌日、芦屋では著明な整体の中西貴大先生のところに伺ってきました。

大先生..といいながら、中西先生は、あるセミナーの同期生で、親しくしていたいただいているのをいい事に、今回、ずうずうしく押しかけてしまったのですが、お時間のない中、二人丁寧に見て頂いたうえ、私の崩壊寸前の手首の関節の問題について、指摘と指導をして頂きました。

デザイナーにとって、手、そして目は商売道具。これが使えなくなっては、もはやデザイナーに生命はありません。

今回は先生へのご恩返しもかねて、中西先生の名刺を「使えるデザイン」に変えてみます。

使えるデザインセミナーでも名刺コンテンツはいつも人気がありますしね☆

e0103695_2575615.jpg


偉い人は、肩書が多い

そうですね。中西先生のように、偉くて、資格もお持ちで院長となると実はレイアウトは大変です。注意書きのように、見どころがたくさんあり過ぎるために、実際にはどこも目立ちにくい、という現象が起こりがちです。

実は私達が通っているその講座では、自分のプロフィールのエッジをたてる、と言う授業もあり、先生は新しい名刺を用意されていました。


e0103695_2591171.jpg


ずいぶんとすっきりしています。

肩書きも一本に絞られているし、裏面を使ってエピソードや顧客の評価が入っています。これなら、初めての患者さんも安心できそうですね。

でも「使えるデザインセミナー」的にいうと、これでもまだまだダメなのです。
e0103695_302710.jpg

視覚でメッセージしていない、まだデザインを「使えていない」状態です。


まず先生、個人の名刺を、ざっくり要素半分くらい、カットしてしまい文字に強弱をつけて、カリスマ整体師らしく縦組のレイアウトにしてみました。

e0103695_317100.gif


ツールの感度をあげる

そもそも、先生はすでに偉いのです。偉い人が、営業チラシを手に一杯握りしめているなんて、見た目にもへんですよね。洗剤とか景品とか、間違っても持ってちゃいけません。ともかくにシンプルに、そして堂々と。ともかく先生は偉い人だ、ただもんじゃない、とうメッセージが名刺ひとつにとってもとても大切なのです。

以前、あるお仕事で当社の事例を「シンプルなのにインパクトのあるデザイン」と評価して頂いた事がありました。とても、ありがたい事ではありますが・・・私に言わせれば、シンプルだから、インパクトが出せるのです。



e0103695_315010.jpg


好感のフォロー

確かに、正々堂々と立派なレイアウトになりましたが、実はとても大切なものを半分くらい削っています。そう、とても大切なもの。「0歳からの整体」エピソードです。0歳というのは、非常に重要なメッセージです。0歳がOKなら、「うちの10歳の子も大丈夫ね」「ウチの80歳のおばあちゃんも行けるわね」ということになります。

実際、私たちが帰り際に会ったのは10歳くらいの少年とお母さんでした。

いままだ、世間一般に認知されていないサービスというのは、とても価値のあるお仕事だと私は思います。マクドナルド創業者レイ・ロックの「Be daring(勇気を持って)、Be first(誰よりも先に)、Be different(人と違った事をする)」と言う金言にもある通り(『成功はゴミ箱の中に』レイ・クロック/ロバート・アンダーソン共著より引用)まさに、人がやっていない、誰よりも先に始めている素晴らしいサービスなのですから、それだけでビジネスカードをもう一枚、創る価値は充分にあります。

実際、日本でデザイナーという職業は、過小評価されていると思っています。名刺だったら、版下代だけだし、誌面も小さいから安くできたら安いほどいいなぁ・・というのがホンネのところでしょう。

本当のところ、名刺というのは、あなたが素晴らしく価値があって、他の人とは違うという事を強く印象づけながらコミュニケーションできる、最初の一手なのです。


「このBLOG使える!」
e0103695_19215081.gif

と思ったら1Clickの応援、お願いします☆


最初の3億円のデザインの話に戻りますね。
つまり、簡単にいってしまうと、ロゴやCIは企業を象徴して創ります。その象徴に、規範や行動が合っているか、と言う事を一元化するためにアプリケーションをつくっているのだそうです。

名刺や、小さいツール店頭や店舗、トイレやエントランス、すべてのツールにおいて、
「らしさ」が定着されているかってこと、、それががすなわち3億円なのです。

皆さんも、お支払いする金額はともかく、ロゴとか、名刺とか、これは3億円のイメージだなって想像してみてください。

もっと、魅力的な自分を「魅せる」ことができるはずです。

関連記事▼
アンバランスのバランス力
名刺生き残りチャンピオン(レイアウト編)
by ujipublicity | 2007-09-06 03:21 | 戦略とデザイン
使える「デザインセミナー」2007上期 注目エントリーまとめ
月初めにも書きましたが、使える「デザインセミナー」のちょうど半年分のエントリーが溜まりましたので
1. ヒット数 2.コメント数 3.ランキング 4.ブックマーク等をトータルに判断して反応の良かったエントリーをまとめてふりかえりたいと思います。

次回のテーマは「愛されキャラクターを目指せ!」大手はもちろん中小個人企業でどのようにキャラクターが生まれっていったか、愛されるコツをケース別ワンポイントを紹介。応援、どうぞよろしくお願いいたします☆


注目度の高かったカテゴリーNo.1
◆まずは名刺を作ろう

1.アンバランスのバランス力
「えっ、せっかくつくったのにっーー」あるある、よくありますね、こういうこと・・・・

e0103695_1923969.gif



2.名刺生き残りチャンピオン(レイアウト編)

名刺のレイアウトは華と品。もしも私がカリスマ系アートディレクターだったら・・・
e0103695_8141846.gif



注目度の高かったカテゴリーNo.2
◆THEにんむWEB

1.冠(かんむり)をはずすと見えてくるもの

問題になるのは、何をつくるかではないのです。・・・・

e0103695_16335347.jpg


2.優秀な女性社員獲得のためのWEBリニューアル

・・・「大きな決断」や「高額な買い物」を、直感や本能で決めてしまう傾向があると思います。・・・
e0103695_10143432.jpg



注目度の高かったカテゴリーNo.3
◆戦略の可視化

1.おすすめA案の呪縛から逃れるための「ワーク」

最初に思いついた案に愛着があり、なかなか次のアイデアが浮かばない時もあります。・・・・

e0103695_9552587.gif



2.なりたい自分にトリミング

私はこのクローズアップのトリミングを「モノ言うトリミング」と名づけています。・・・

e0103695_8431450.jpg


3.デザイン資産の運用

「鹿島アントラーズ」と「ある下位チーム」の試合を見に、わざわざ鹿島スタジアムまで見に行った事がありました。・・・

e0103695_119188.jpg




当たり前と言えば当たり前ですが、「使える」エントリーが人気でした(笑)

今後ですが、人気の高かったレイアウトやWEBサイトリニューアル、戦略の可視化はもちろんアイデアや企画を生かすデザインなどについても、積極的に取り上げて行きたいと思います。

また、番外編として「使えるコピーセミナー」や「使える写真セミナー」などなど、ゲストセミナーとして協力していたけるかたを募集します。どしどしご応募くださいね!

「このBLOG使える!」
e0103695_19215081.gif

と思ったら1Clickの応援、お願いします☆

by ujipublicity | 2007-07-28 01:45 | まとめとふりかえり