使える「デザインセミナー」
ujipub.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
タグ:戦略 ( 5 ) タグの人気記事
Beyond Strategy & Design:戦略とデザインのあいだにある、大切なことの話。 ~ウジトモコ×磯部光毅 スペシャルトークショー~
『売れるデザインのしくみ』の重版を記念して代官山蔦屋さんの企画イベント(トークショー)が開催されます。BNN新社さんのキュレーションにより、今回は広告業界の最先端でご活躍中のアカウントプランニンナー磯部光輝さんをゲストにお迎えし「戦略とデザイン」のさらに進んだ領域について広告・デザインといった枠を超えたお話しさせていただきます。(なんて豪華!!)
e0103695_19552319.jpg

Beyond Strategy & Design:戦略とデザインのあいだにある、大切なことの話。
~ウジトモコ×磯部光毅 スペシャルトークショー~

2014年6月30日(月) / 蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース会期:6/30店1号館 2階 イベントスペースhttp://tsite.jp/daikanyama/event/003876.html

「もの」の魅力をわかりやすく伝えるための1つのツールである「デザイン」。

デザインは、芸術や美術とは違い、戦略的に使いこなすための方法があり、
決して「なんだかよくわからないもの」ではありません。

書籍『売れるデザインのしくみ』では、デザインの考え方・正解の導き方を、
人に対して伝えたい雰囲気や世界観を意味する「トーン・アンド・マナー」を使い、
ノンデザイナーの方でもデザイン戦略の考え方を理解できるよう書かれた1冊です。
2009年10月刊行の本書は、ロングセラーとなり5度目の重版を出来することができました。

今回のトークイベントでは本書重版を記念しまして、ゲストに広告業界の最前線で活躍し、
昨年『ブレイクスルー ひらめきはロジックから生まれる』(共著、宣伝会議)を上梓された、
アカウントプランナーとして広告の戦略とクリエイティブの両方を手掛けられている、
磯部光毅さんをお迎えし、ウジトモコさんと一緒に、広告とデザインの枠を飛び越えた、
その先にある領域について対談をしていただきます。

企業がつくる商品ブランドや、企業そのものについて、
どのようにして世の中に伝えればいいのか、という
「戦略」=「伝わり方のデザイン」をされている磯部光毅さんと、
事業戦略や経営方針などを視覚戦略に盛り込み、
すべての媒体に活用可能なデザインシステムに落とし込んでいるアートディレクターのウジトモコさん、
両者のお話が聞ける貴重な機会となります。ぜひお越し下さい。

●参加方法、申し込みは下記の代官山蔦屋さんのイベントサイトをご確認ください。
http://tsite.jp/daikanyama/event/003876.html

●ゲストプロフィール
・ウジ トモコ(うじ・ともこ)
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒。
広告代理店および制作会社にて、三菱電機、日清食品、服部セイコーなど大手企業のクリエイティブを担当。
1994年ウジパブリシティー設立。デザインを経営戦略として捉え、
採用、販促、ブランディングなどで飛躍的な効果を上げる「視覚マーケティング」の提唱者。
ビジュアルディレクターとして数多くの企業の新規事業開発、事業転換期のデザイン戦略を立案。
視覚戦略を駆使したパフォーマンスの高いクリエイティブに定評がある。

著書に『視覚マーケティングのススメ』(クロスメディア・パブリッシング)、
『視覚マーケティング実践講座 ブログデザインで自分ブランドを魅せる』(共著、インプレスジャパン)、
『売れるデザインのしくみ』(ビー・エヌ・エヌ新社)、
『デザインセンスを身につける』(SBクリエイティブ)、
『伝わるロゴの基本』(グラフィック社)などがある。
HP:http://www.uji-publicity.com/

・磯部 光毅(いそべ・こおき)
アカウントプランナー/コピーライター。
1972年生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、1997年(株)博報堂に入社。
ストラテジックプラニング局を経て、クリエイティブ局(コピーライター)へ。独立後(株)磯部光毅事務所設立。
サントリー伊右衛門、ザ・プレミアムモルツ、マツダなどのブランド戦略立案や、
KDDI「android au」、Googleプレイスなどの統合キャンペーンの立案など、
数多くの国内外大手クライアント業務を担当。
戦略畑、クリエイティブ畑両方での経験を活かし、単なる広告開発に限らず、
経営戦略、商品開発、コミュニケーション開発、情報戦略立案からコピーワークまで、
全バリューチェーンを横断的にプランニングすることを得意とする。

受賞歴にニューヨークフェスティバルズAME賞グランプリ、ACC CM FESTIVAL ME賞メダリストなど。
著書に『ブレイクスルー ひらめきはロジックから生まれる』(共著、宣伝会議)
『アジア・マーケティングをここからはじめよう。』(共著、PHP出版)、
『ニッポンの境界線』(共著、ワニブックス)などがある。
HP:http://www.isobekoki.com/


書籍を買って頂くだけでどなたにもお気軽にご参加になれる、緩やかでかつ濃いめのトークショーイベントです。ここだけでしか聞けない「戦略」と「デザイン」の旬のトピック、「コミュニケーション」や「トーン・アンド・マナー」にまつわる鉄板のお話も見逃せません。会場には、実務家の方や現役デザイナーも多数参加予定。垣根を飛び越えたクロスセッションにも期待大!
独自のハイセンスな選書とクリエィティビティに満ちた書店イベントの醍醐味。どうぞ、知的で熱く愉しい夜をお過ごしください。
e0103695_20052267.jpg
お誘い合わせの上、多数のご来場を心からお待ちしております。会場でお目にかかりましょう☆

Beyond Strategy & Design:戦略とデザインのあいだにある、大切なことの話。
~ウジトモコ×磯部光毅 スペシャルトークショー~ | 代官山DAIKANYAMA T-SITE

http://tsite.jp/daikanyama/event/003876.html

by ujipublicity | 2014-06-11 20:48 | デザインセミナー
なないろのクリスマス
広告代理店に勤めていた頃、民放テレビ局のディレクターさんが主催するある勉強会でファッションプロデューサーとして著明な故石津謙介さんの講演を伺う機会がありました。もう20年近くも前の事なのですが、今でも印象強く残っている石津さんの言葉があります。「おしゃれっていうのはね、TPOに合った服を着るっていう事なんですよ。」
今日の使えるデザインセミナーは、シンプルな赤いクリスマスカードが主役。TPOに合わせて「色を着こなして」変身させてみましょう。

このブログはブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いいたします☆


e0103695_22533750.jpg

クリスマスと言えば・・・

赤とか、金とか、緑とか。そんな感じですね。昔よくシューズメーカーの店頭POPを作りました。クリスマスの配色って、シンプルでもインパクトがありますね。



e0103695_22542630.jpg

お洒落して夜のパーティ・・・

ならば、ちょっとドレスアップしたいですね。
リッチブラックとも言いますが、単色のスミ(black)でなく、プロセス4色の掛け合わせにちょっとしたグラデーションで、気分はゴージャスに。。


e0103695_22552841.jpg

ホワイトクリスマス

いえいえ、そんなぁ・・・。パーティだ、ゴージャスだ、なんて浮かれている場合じゃありません。クリスマスといえば、朝からミサ。
生成りのシェットランドセーターに、白い帽子と手袋。ちらちらと降り積もる雪。これが本当のクリスマスでしょう?



e0103695_22554988.jpg

クリスマスって楽しい!

楽しい気分を魅せたいなら、オレンジをつかってみましょう。
あ、いつの間にかこんなに雪が。
「白」を印象的に使いたいなら、背景色に気を使うとイイですね。


e0103695_236676.jpg

そしてサンタは忙しい・・・

浮かれてばかりもいられません。クリスマスに働いている人も沢山いるんです(笑)
深いグリーンを装うと、なんだかトラディッショナルクリスマス。これはこれで、キライじゃありません。



e0103695_22563439.jpg

お父さんも忙しい

プレゼントも買わなきゃいけないし、忘年会におつき合い・・・。
ええっ?今日は勉強会?英語レッスン?大人はみんな、忙しいのね。
でも、「濃紺の夜」をまとえば、格調もワンランクアップ。大人ならではのダンディクリスマス。



e0103695_22565964.jpg


斬新さを装いたいのであれば...

クリスマス=(イコール)でない色を使うだけで、新しさが表現できますね。これでレイアウトやタイポグラフィーをクリスマス=(イコール)から外していけば、もっともっと過激に目立つ事間違いなし!クラブパーティでもいけちゃうかな。ただし取扱は要注意ですよ。使い方を間違えて、目立ったのはいいけれども、ちょっと外しちゃったなんていう覚悟も必要かもしれません・・・・。


「このBLOG使える!」
e0103695_19215081.gif

と思ったら1Clickの応援、お願いします☆



以前、ある企業の新製品のキャンペーンで「今回のテーマは赤です」という仕事がありました。「ハイ、テーマカラーは赤ですね。で、訴求のコンセプトは・・・」「はい、今回のコンセプトは赤です」「・・・・・。」


当時、まだ広告予算が多めにあった時代だったので、一流の撮影スタッフ、最先端の印刷技術、何ごともなく仕事は終ったように見えましたが現場では結構頭を抱えました。キーカラーを設定するのは重要ですが、それ以前に目的と概念が必要です。

「まさか」と思われるかもしれませんが企画書ベースでの立案ではあり得る頃です。それは色の話だけではなく、唐突な「ある要素」だけがまず先決めされてしまう、不思議な現象。実際、それに縛られるために現場はひどく困惑し、表現の幅を狭められたりするのです。

ファッションの話に戻りますが「赤いドレスがあるから着る」というような即物的な判断では、石津さんのおっしゃる「おしゃれ」とは程遠いということなります。

「赤いドレスにふさわしいシチュエーションがある」のでそれを「選ぶ」というような気持ちがデザインの発注はもちろん制作にも大切ではないでしょうか。目的やターゲットに合わせて色やデザインを使いこなしていただければ、効果も抜群。ぜひ、意識してみてくださいね。


関連サイト▼
石津謙介オフィシャルサイト
あわせてこちらも▼
農大ブランドのジャムトースト(AllAboutProfile)


--最後に—
VAVジャケット、とかIVYルック、とかって知ってました?(笑)
by ujipublicity | 2007-12-09 23:15 | 戦略とデザイン
3億円のイメージ?3万円のイメージ?
私の知り合いのディレクターの新しいボスは、ちょっと有名なブランディングディレクターなんですが、ちなみに、最近のプロジェクトはデザインフィー3億円だそうです。え、3億円のイメージって・・?答えは文末に書きます。最後まで読んでくださいね☆

このブログはブログランキングに参加しています。何かひとつでも、なるほど、と思えることがありましたら、ぜひ、応援のクリック、忘れずによろしくお願いいたします!


芦屋の大先生

先週、大阪に行ったのですが、その翌日、芦屋では著明な整体の中西貴大先生のところに伺ってきました。

大先生..といいながら、中西先生は、あるセミナーの同期生で、親しくしていたいただいているのをいい事に、今回、ずうずうしく押しかけてしまったのですが、お時間のない中、二人丁寧に見て頂いたうえ、私の崩壊寸前の手首の関節の問題について、指摘と指導をして頂きました。

デザイナーにとって、手、そして目は商売道具。これが使えなくなっては、もはやデザイナーに生命はありません。

今回は先生へのご恩返しもかねて、中西先生の名刺を「使えるデザイン」に変えてみます。

使えるデザインセミナーでも名刺コンテンツはいつも人気がありますしね☆

e0103695_2575615.jpg


偉い人は、肩書が多い

そうですね。中西先生のように、偉くて、資格もお持ちで院長となると実はレイアウトは大変です。注意書きのように、見どころがたくさんあり過ぎるために、実際にはどこも目立ちにくい、という現象が起こりがちです。

実は私達が通っているその講座では、自分のプロフィールのエッジをたてる、と言う授業もあり、先生は新しい名刺を用意されていました。


e0103695_2591171.jpg


ずいぶんとすっきりしています。

肩書きも一本に絞られているし、裏面を使ってエピソードや顧客の評価が入っています。これなら、初めての患者さんも安心できそうですね。

でも「使えるデザインセミナー」的にいうと、これでもまだまだダメなのです。
e0103695_302710.jpg

視覚でメッセージしていない、まだデザインを「使えていない」状態です。


まず先生、個人の名刺を、ざっくり要素半分くらい、カットしてしまい文字に強弱をつけて、カリスマ整体師らしく縦組のレイアウトにしてみました。

e0103695_317100.gif


ツールの感度をあげる

そもそも、先生はすでに偉いのです。偉い人が、営業チラシを手に一杯握りしめているなんて、見た目にもへんですよね。洗剤とか景品とか、間違っても持ってちゃいけません。ともかくにシンプルに、そして堂々と。ともかく先生は偉い人だ、ただもんじゃない、とうメッセージが名刺ひとつにとってもとても大切なのです。

以前、あるお仕事で当社の事例を「シンプルなのにインパクトのあるデザイン」と評価して頂いた事がありました。とても、ありがたい事ではありますが・・・私に言わせれば、シンプルだから、インパクトが出せるのです。



e0103695_315010.jpg


好感のフォロー

確かに、正々堂々と立派なレイアウトになりましたが、実はとても大切なものを半分くらい削っています。そう、とても大切なもの。「0歳からの整体」エピソードです。0歳というのは、非常に重要なメッセージです。0歳がOKなら、「うちの10歳の子も大丈夫ね」「ウチの80歳のおばあちゃんも行けるわね」ということになります。

実際、私たちが帰り際に会ったのは10歳くらいの少年とお母さんでした。

いままだ、世間一般に認知されていないサービスというのは、とても価値のあるお仕事だと私は思います。マクドナルド創業者レイ・ロックの「Be daring(勇気を持って)、Be first(誰よりも先に)、Be different(人と違った事をする)」と言う金言にもある通り(『成功はゴミ箱の中に』レイ・クロック/ロバート・アンダーソン共著より引用)まさに、人がやっていない、誰よりも先に始めている素晴らしいサービスなのですから、それだけでビジネスカードをもう一枚、創る価値は充分にあります。

実際、日本でデザイナーという職業は、過小評価されていると思っています。名刺だったら、版下代だけだし、誌面も小さいから安くできたら安いほどいいなぁ・・というのがホンネのところでしょう。

本当のところ、名刺というのは、あなたが素晴らしく価値があって、他の人とは違うという事を強く印象づけながらコミュニケーションできる、最初の一手なのです。


「このBLOG使える!」
e0103695_19215081.gif

と思ったら1Clickの応援、お願いします☆


最初の3億円のデザインの話に戻りますね。
つまり、簡単にいってしまうと、ロゴやCIは企業を象徴して創ります。その象徴に、規範や行動が合っているか、と言う事を一元化するためにアプリケーションをつくっているのだそうです。

名刺や、小さいツール店頭や店舗、トイレやエントランス、すべてのツールにおいて、
「らしさ」が定着されているかってこと、、それががすなわち3億円なのです。

皆さんも、お支払いする金額はともかく、ロゴとか、名刺とか、これは3億円のイメージだなって想像してみてください。

もっと、魅力的な自分を「魅せる」ことができるはずです。

関連記事▼
アンバランスのバランス力
名刺生き残りチャンピオン(レイアウト編)
by ujipublicity | 2007-09-06 03:21 | 戦略とデザイン
デザイン資産の運用
3年ぐらい前だったと思いますが、「鹿島アントラーズ」と「ある下位チーム」の試合を見に、わざわざ鹿島スタジアムまで見に行った事がありました。
私は、鹿島の熱烈なファン、と言うわけではないんですが...(笑)

レギュラー陣の故障などで、鹿島はベストメンバーではありませんでした。私
が良く知っている選手も出ていませんでした。正直言って、内容はいまひとつ
でした。

でも、勝ったのは鹿島でした。
ホームで、サポーター席は満席で、大きな旗ひるがえっていました。
強烈なサポーターの応援を見に行ったようです。

今日は、デザインの資産を増殖させるテクニックを学んで、あなたの「12人目のチームメイト」をパワーアップしましょう!

e0103695_119188.jpg


前回の記事を呼んで頂いた方はもうお分かりだと思いますが、「山田ディビッド」案のキーグラフィックをビジネスカード、ビジネスシート、ウェブに展開させていったものです。
e0103695_11124587.gif

どうですか?
ツールが増えただけなんですが、「山田ディビッドワールド」がなんだか見え始めて来たような気がしませんか?

質にこだわる事ももちろん重要ですが、「量」が増えてくる事で、さらにイメージが広がる場合もあるのです。
もし、寄せ集めデザインのバラバライメージツール郡だったらどうでしょう?
「山田ディビッドワールド」を『感じる』ことはできるでしょうか。

さらにあなたの会社の顔を見せるにふさわしい、キービジュアルを持っているかどうか、多くの媒体に展開して耐えうるあなたのビジネスの「顔」をあなたが持っているかどうか、ということがとても大切になってくる事を理解して頂けるのではないでしょうか。


「なるほど・・・」と、もし思っていただけたら、清き1票をおねがいします!


では、ここで、デザインのテクニックを一つ公開しましょう。

e0103695_11273650.gif


今回使用したイメージは、いわゆるロイヤリティフリーとして流通しているものです。
だいたいは、フィルムサイズのプロポーションですから、極端な縦長、横長と言ったものはほとんどあり得ません。

e0103695_11183398.gif


これを横長に目延ばししているわけですが、これをする事でほとんどの媒体への流用が可能になります。しかも、画像を延ばす際にボケ足にちょとした加工をしています。
これをする事で、何処までも横長にのびる、最後は白く飛んでいくのでビルボードや屋外看板と言った極端に細長い媒体にも、イメージを統一したまま展開が可能になっていくのです。


「使える!」と、もし思っていただけたら、、、清き1票をおねがいします!


プロダクション勤めをしている時代、会社の社長に「ウジちゃんはウチの会社
の切り札だよ」と言ってもらった事があります。
たしかに、ルーティンワークをきっちりこなす役は、いつも別のデザイナーで
新規の開拓や大手代理店が並ぶ競合プレゼンのきつい仕事ばかり、私のところ
にまわって来ました。
今思えば、当時、切り札として使ってもらった事が今の私のとても貴重な財産
となっているのかもしれません。。

ただ、私は最近強く思うのですが
今の時代は、「あなたはビジネスの切り札を持っていますか」とかいうレベルで
はなくなって来ていると思います。

本当に切れる切り札を、あなたはいったい何枚持っていますか。

デザインや可視戦略はそういった切り札になる事が可能です。

たとえばやむを得ず「あなたが試合に出れない時」にも、全力を尽くしてあなたをバックアップしてくれる事でしょう。
デザインの資産を運用し、どんどん増殖させて、あなたのビジネスに役立ててくださいね。がんばって☆


「このBLOG使える!」
e0103695_19215081.gif

と思ったらClickしてくださいね。

by ujipublicity | 2007-04-30 11:31 | 戦略とデザイン
「質感」の使い方
前回の記事で「実際の質感の使い方がよくわかならい」と言う質問を受けたので
事例を織りまぜながら、ご紹介していきたいと思います。
e0103695_15191343.gif

e0103695_23252269.gif

e0103695_23274279.gif

このように、「ステージとタイポグラフィだけ」のようなシチュエーションだと質感の差」は歴然ですね。
何でもいいからテクスチャーをつければOKと言うわけではなく、発信する側が「こうしたい、こう見せたい」と質感によって計算と戦略を加えることが重要で、これによって明らかに印象が変わって行くのが分かります。

「シンプルにメッセージをきちんと伝えたいのだけれどちょっと◯◯な感じ」
にしたい時、まさに威力を発揮します。

e0103695_23332556.gif

e0103695_23334059.gif

e0103695_23335656.gif

ここからちょっと話はそれますが、同じテクスチャーを使い、
タイポグラフィーでどれだけ印象が変わるかと言うサンプルです。
やりたいことはいたってシンプル。
前のサンプルよりもインパクトをだして迫力ある見せかたをしています。

そもそも私がデザインのテンプレートを推奨しないのは、こう言った所にあります。
単純に要素を差しかえていくだけでは、表現力は半減、伝えたいメッセージが視覚から伝わって行きません。ほんのちょっとしたバランスや間隔、強弱の付け方といった些細なことで、見る側からしてみれば「大きく印象が違う」のです。

質感表現と言うのは、非常にシンプルでまさに「使える」手法です。次回はもっと、具体的にさまざまな質感を使って「こうみせたいなら・・・」を研究してみましょう。


「このBLOG使える!」
e0103695_19215081.gif

と思ったらClickしてくださいね。


e0103695_23381974.gif

「タイポ自慢」のデザイナー、確かに結構います。
でも敷き居が高いことは確かですよ。タイポだけでの表現には、やはり限界がありますね。
表現力を高めるのに言いかたは悪いですが『手っ取り早い』のは、質感と色彩をマスターすることでしょう。是非、チャレンジしてみてくださいね。
by ujipublicity | 2007-03-25 08:44 | 潜在意識と視覚戦略