使える「デザインセミナー」
ujipub.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
タグ:視覚マーケティングのススメ ( 2 ) タグの人気記事
『視覚マーケティングのススメ』からの引用につきまして(お願い)
『新装版 視覚マーケティングのススメ(題名は変更になります)』の刊行にあたり、いろいろとウェブを調べていたところ、偶然にも当該の書籍からの引用をそのままサービス概要に使われている企業および個人をいくつか発見してしまいました。


デザインの与える印象を理解し、計算されたデザイン戦略を盛り込んだ優れたデザインであれば、人の無意識や潜在意識に関わるレベルまで深く入り込んでいき、狙い通りの反応を得ることができます。(『視覚マーケティングのススメ』はじめにより)
人はデザインされているモノ”をデザインされているとは意識していません。好き・嫌いといった「タイプ(好み)」や高級感や安っぽさなどの「クラス(階層)」で感じているのです(『視覚マーケティングのススメ』22pより)
人は基本的に自分の興味のある事にしか目には写りません。ですが、逆に言うと、お客さんの目の前におかれた商品が、その人の好みやステイタスを満たすものであれば、その出会いを必然だと感じる事もあるのです。(『視覚マーケティングのススメ』38pより)


8年前には斬新だった考え方も、今では一般的になっている部分ももちろんありますが、1字一句違わない引用で、しかも「引用先」などが明確になっていないものは違法行為です。刊行から8年も立った現在、取り上げていただける事自体大変に名誉に感じる一方で、ぜひ「引用先」「書名」をつけていただければと切に願う次第です。

せっかく素晴らしいスキルや人材を持っている企業でも「引用先」無しで違法に著作物から文章をそのまま掲載される事は「他にも買っていない違法の画像などがあるのでは?」「違法コピーのアプリを使っているのでは?」など、企業のイメージやブランド価値をむしろ下げてしまうのではないでしょうか。

また、引用文にさらにご自身の経験を加えた、ご自身なりの言葉で「示唆に富んだ提案や提言」をされることは、ご自身の顧客との信頼関係をよりいっそう深めるのではないかと考えます。どうぞ宜しくお願い致します。


e0103695_11520697.jpg

2014.8.30
株式会社 ウジパプリシティー 代表/アートディレクター ウジトモコ


by ujipublicity | 2014-08-31 10:40 | 視覚マーケティングのススメ
表紙ボツ案から検証する「没ネタマーケティングのススメ」
最近、どうも多いですよね。「××マーケティングのススメ」とか?!え、まだ読んでいない?いや、それはまずいでしょう。

まだ、ブログランキングに参加しています!応援1クリック、宜しくお願いします☆


■ある書籍の表紙「没案」を公開

e0103695_1154563.jpg


ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、これは最近発刊されたばかりのあるビジネス書籍の表紙の没案なのです。
「あ。これ、いいじゃん。」
あるいは、
「え、なんだこっちのほうがいいじゃない?」

と、もしや思われたあなた。

ずばり、あなたは「○○な方」です。
なぜなら、この案はそう言った○○な方に狙った表紙案だったからです。

e0103695_1171335.jpg

e0103695_10272215.jpg



こんなバリエーションもつくりましたね。
(ちょっとラフなのでツメあま=ツメの甘い状態ですが)



■「これはないよね、」と言いながら一応作ってみる


e0103695_11852100.jpg


「これはないよね、」と言いながらこういうのもつくりました。

e0103695_1134426.jpg


もちろん、時間と費用が許せばですが、もしや違うと思っていても自分の目で見てみる事ではっきりとする事はかなりあります。
この案は、いわゆる△△ 本でこのジャンルの本にやはり権威があるので、ちょっとなりすまし効果を狙いつつ、△△ 本をよく読まれるような方にアプローチをしようというコンセプトです。書籍の内容をご存知の方ならお分かりになると思いますが、デザインの善し悪しと言うよりも、内容がこういう内容ではないということで違和感を感じられる方も多いと思います。



■何処かで見たことがあるような表紙って、なぜか安心感があるよね


e0103695_11183840.jpg


こんなのもつくってみました。
なんか、こういう本って、売れそうじゃないですか?

e0103695_10493589.jpg


でも、なんか、いつか、どこかでみたことがあるような・・・
アイデンティティ的には?マッチングは?

「そういうのって、デザイン□□的にどうなんでしょう?」
「ええ、もちろんおすすめしておりません。デザイン□□にオリジナリティはかなり重要ですからね。」



なるほど、そう言うオチなのね!と思った方、応援1クリック、宜しくお願いします☆



■「視覚マーケティングのススメ」出版記念トークショーイベント

「△△ 本」なども常日頃から、良く読まれているような○○なあなた。
「デザイン□□」にご興味のある方、
「○○」「△△ 」「□□」が気になってしょうがない!!

というかた

「視覚マーケティングのススメ」出版記念トークショーイベント
にいらっしゃいませんか?

もちろん、「○○」「△△ 」「□□」の正解も公開します!
普段、なかなか会えない素晴らしいベストセラー作家の方、第一線でご活躍のディレクター、デザイナー、様々な業種のかたが多数かけつけてくれます。受付はメールにて!
info @ uji-publicity.com (スペースはつめてくださいね)

関連サイト▼
「視覚マーケティングのススメ」出版記念トークショーイベント少ない投資で大きく儲けるデザイン戦略
視覚マーケティングのススメ/公式BLOG
視覚マーケティングのススメ/公式サイト





e0103695_11133784.jpg
視覚マーケティングのススメ


本当のことを言うと、これ以外にも老舗の装丁デザインプロダクションさんが案を出してくれていました。本当にありがとうございました!!お疲れさまでした。
by ujipublicity | 2008-05-29 11:21 | 視覚マーケティングのススメ