使える「デザインセミナー」
ujipub.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
タグ:防府市 ( 3 ) タグの人気記事
【繋げて・続ける】-山口(防府市)に3年通って地域ブランド「幸せますデザインガイドライン」を作った話
あくまでも私の知る限りですが、全国に先駆けた取組みとして先日、山口県防府市にデザインガイドラインを導入することができました。

e0103695_06134465.jpg
富海の海を前にたたずむ「防府市のおもてなし観光課」前・担当課長の石丸氏と担当デザイナー(オンライン)のこもりまさあき氏


最新号の日経デザインに、大変に上手に紹介していただいるのですが、実は案件(オーダー)としてのそれは無く、 いくつかのプロジェクトにおける成果の「保管庫」のようなかたちでその知見を「デザインガイドラインにまとめる」結果が今回の取り組みです。



それは、まだミッションとして具現化していないプロジェクト、たとえば未来に繋げたいというプロジェクトのことも視野に入れて考えておこうというデザインのフレームワークでもあり、いわゆる行政主導の試みとしてはとても珍しいものになっています。


e0103695_06181661.jpg
(photo:防府市商工高等学校黒川教諭 消滅の危機を乗り越えようと協力を呼びかけている、登り窯=真山窯火入れの様子)



防府市には「幸せます(幸せに思います、光栄です、等の意味)」という方言を使用したブランドのプロジェクトが以前からあり、他の地域と同じようにお土産品を作ったりされていて、それらはもともと、「ピンク色」がキーカラーでした。当時(3年前)からとても珍しいなぁと実は感じていました。
e0103695_05500255.jpg
(3年前 防府市からのご訪問記念写真。ウジのピンク色の衣装は当時幸せますブランドとは無関係の若い女子に揶揄されることもある日常風景)



【デザインで都市の未来は変えられるか?】地元高校生も巻き込む山口県防府市の「地域デザインプロジェクト(幸せます防府ブランド) という記事にも書いたとおりなのですが、防府市商工高等学校に拙著『デザインセンスを身につける』をご採用いただいたことがきっかけで、デザインのセミナーなどをさせていただき、実は、そのときの「とっさのアドバイス」がその後、プロジェクトにおけるスローガンのように採用されたりして、ご縁が深まりました。


e0103695_05502880.jpg
(某局のテレビドラマのドラマ館なのに、権利的に番組ロゴを市町村は使えない!どうする?ということで・・・)



その後、ある記録を持っていると言われる「某大河ドラマのサイン計画」にピンチヒッター的にお手伝いをすることになり、このときに「どうせこれからもブランドカラーとしてピンク色を使っていくなら、


e0103695_06543569.png
(防府市幸せますブランド デザインガイドラインのページより)



より使いやすく、整理して規定してしまおう」としたのが、デザインガイドラインの始まりです。そして、それらに「サブカラー」等のオプションは増えていったものの規定としては、継続的に利用してもらいながら改善されながら、このように一般にも公開されています。



e0103695_07114734.png
(防府市幸せますブランド デザインガイドラインのページより)



もちろん、デザインガイドラインには色だけで無くフォントの規定等もあるのですが、「市政へのデザインガイドライン導入」に執拗なまでにこだわったのには大きな理由があります。



e0103695_07163593.jpg
(「視覚」で訴えるWebサイト、自社ブランドらしさを出すために何が必要か?取材時の記念写真)


フォントメーカーのモリサワさんに伺った時に、いろいろと興味深いお話を伺ったのですが、何千万規模の広告・Web作成予算をもつ大企業さんでさえ、フォントを規定してガイドライン化して導入することが「予算上の壁にぶち当たり」至難の業だという衝撃的なお話を伺ったからです。

(技術的な課題もクリアになってきた昨今、Webフォントの値段なんて、年間でもちろん使用するフォント数やPVにもよりますが、たかが数万円ではないでしょうか。)


e0103695_07082979.png
https://newspicks.com/news/1597069/



先日、経済メディアキュレーションの進化形ともいえるNews Picksさんに光栄にも,新刊を紹介させていただく連載を掲載させていただいたのですが「女性が好むデザイン」のような話には、ピラニアのように(ごめんなさい)猛烈に食いつかれるも・・・・


e0103695_07463328.png
https://newspicks.com/news/1599385



【ウジトモコ】既存ユーザーを大切にしながら新規を開拓する戦略 という最終回では、「全く論が分からない」という人も見かけました。デザインガイドラインと未来における事業計画みたいなものの結びつき、あるいは、いくつかのプロジェクトを繋げて続けるという感覚的な部分が実感として、わかりにくかったのだと思います。


e0103695_07542398.png
https://www.gov.uk/service-manual



こちらの記事にコメントをいただいたことがきっかけで、Service Designの観点からヘルシンキ市の行政サービス改善プロジェクトに取り組んでいるニュースピッカーの方に教えていただいたのですが、イギリスなどは国を挙げてサービスデザインをすでにガイドライン化して公開していますし

e0103695_07583897.jpg
下記の記事をさらに紹介していただいたのですが(上はフィンランドのヘルシンキの風景写真です。フィンランドにはでデザインミュージアムなどもありますね。)


そのためヘルシンキ市では、市の内部の人たちに"デザインとは何か"を学んでもらい、デザイン文化を根付かせるアプローチを取っていく見込みです。継続的にデザイン文化を啓蒙するために、ヘルシンキ市ではCDO(Chief Design Officer)のポジションを設けることを発表しています。
e0103695_08022649.png
https://newspicks.com/news/1578624


という取り組みが行われているそうなのです。防府市でもちょうど『市の内部の人たちに"デザインとは何か"を学んでもらい、デザイン文化を根付かせる』取り組みが行われていますが、こういう「前例のないプロジェクト」を成功させるには、やはり、ひとりの力では限界があります。



先日、昔の映画で「荒野の7人」というのをなぜかぼんやりと(リアルタイム世代じゃないですよ)思いだしたのですが、ぜひ、「凄腕のデザイン関係者をあと少なくとも5〜6人」は防府にお連れしたいなぁなどと思うのであります。


e0103695_08552794.jpg
荒野の七人



イギリスの事例、フィンランドヘルシンキ市の事例を見ていただければ一目瞭然ですが、こうやって自慢げに公開している「幸せますブランド デザインガイドライン」も、サービスデザインという見地で言えば、全くのスタートラインといえます。



e0103695_08240508.png


デザインとは「これまでのことに関わらず(或いは、これまでのことを守りながら)これからをつくる」ものであることや、「複数プロジェクト、複数ミッションを繋げて続ける」ためのツールであると言うことが理解されていないからではないかなとと思っています。



(本のことを書くとまた、宣伝かと怒る方がいらっしゃるのですが)上記のようなあまりにも理解されていない「デザイン」のことも含めて『生まれ変わるデザイン−持続と継続のためのブランド戦略』は書かれました。是非、お手にとっていただければ幸いです。



【編集後記】

直前のお知らせとなりましたが、来週の月曜日、六本木の蔦屋さんでトークショーが開催されます。ご予約席は限りがありますが(念のためお問い合わせください)、当日、直接会場にお越しいただいても書店さんのイベントなので大丈夫ということです。

本イベントは、ビジネスパーソン向けということですので、地域ブランディングだけでなく

・女性向けのデザイン(ピンク色とかは使わない)
・新商品開発と既存ブランドをシナジーさせるデザイン戦略
・コストを下げて、ブランド認知を向上させる「バリューイノベーション」
・ロゴから展開させて、物販や空間デザインに拡張する「エクステンシブルデザイン」
・生き物のようにロゴをダイナミックに展開させる「ダイナミックデザインアイデンティティー」

等のお話もする予定です。
会期  2016年06月20日(月)
時間  19:30~21:00(開場19:15~)
場所  2F 特設イベントスペース
主催  TSUTAYA TOKYO ROPPONGI
参加費 対象書籍 定価2,000円+税
共催・協力  ビー・エヌ・エヌ新社
申し込み方法 03-5775-1515 お電話にてご予約を承ります。
ぜひ、ふるってご参加ください。会場でお目にかかりましょう✨️



【編集後記2】

デザインガイドライン(Webのスタイルガイド)導入実績は、モリサワ(紙媒体では使用)でなくフォントプラスです。
ちなみに、

e0103695_08442858.png
http://fontplus.connpass.com/event/20604/


こんな素敵なセミナーに実はお招きいただいたりしており(デザイナー必見!)、非常に勉強になったのですが、なぜかそのときの写真が全く無くて


e0103695_08592504.jpg
https://www.facebook.com/azami.night/

こんな、あほな飲み会風景しか見当たらなかったため、本文に挿入しづらくなってしまいました。(生明さん関口さんタキオノ先生、ごめんなさい!)記録写真って大事ですね。。。。



それでは、六本木の蔦屋さん、ご都合あう方は是非、これからスケジューリングしてくださいね。心よりお待ち申し上げます。


みなさま、良い週末を✨️

by ujipublicity | 2016-06-18 09:07 | ブランド構築とアイデンティティ
3つのピンク -ほうふ花燃ゆドラマ館をぜひお訪ねください-
「ほうふ花燃ゆドラマ館」が先日オープンしました。山口県防府市は、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の主人公「文」と素彦が終の棲家とした志士闊歩の地。縁結びやラッキースポットである「幸せますの街」としても知られています。
e0103695_09411458.jpg

今回は、特に屋外サイン、デザインディレクションの部分でお手伝いをしており、防府市の観光課のプロジェクトチーム、防府商工会議所の担当者の皆様や印刷会社のご担当者と怒濤の年末を過ごしました。

e0103695_08465952.png

実作業の多くを防府市内の制作会社が行なうため、必要最低限のデザインガイドライン作成とデザインコンセプトの共有をとても短い時間で行なったのですが・・・
e0103695_09124922.png
キーカラーがピンクというのも大変に独特です。今回は「花燃ゆ」主人公である「文」の生涯のストーリーから視認性/物語性/汎用性のあるカラーパレットとして3色のピンクを選択しています。

e0103695_09273199.png
http://www.nhk.or.jp/hanamoyu/index.html

さて、みなさんはもう「NHK大河ドラマ花燃ゆ」をご覧になられましたか。「幕末ものは好きだけれども女性が主人公というのはなぁ・・」という方がもしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、やはり、幕末ものの熱いエピソードが満載の、とても心を奮い立たせられるタイプのドラマだと思いました。

「なぜ知りたいのか」「なぜ学ぶのか」「何のために働くのか」を自己に問う。私は好きですね。

ドラマの冒頭には「禁書(幕府によって読む事を禁じられている書籍)」をテーマにしたシーンが繰り広げられますが「薔薇の名前 特別版 [DVD]」という映画を思い出しました。映像がとても印象的な少し怖いけど美しい映画です。


春先に、ラッキースポットへの小旅行を考えられている方は、ぜひ「萩〜防府」の旅を(恋愛や縁結びのお願いごとにも効果大!)。

週末のチャンネルはぜひNHKを。

薔薇の名前は『小説』もおすすめです!


それではみなさま、どうぞ、良い週末を☆


【編集後記】

ちなみに「ほうふ花燃ゆドラマ館」をインターネットでググりますと、上記に紹介したものとはまったく異なるVIがでてきます(^^;)。
もちろん、これは・・・(汗;)大人の事情ということだと思いますが、防府市観光課のチームにもこのたびジョインいたしましたので、私の専門分野については、多少時間をかけてでも、知見の共有ができれば幸いです。

e0103695_09573739.jpg
がんばりまっす!



by ujipublicity | 2015-01-31 10:00 | 戦略とデザイン
【デザインで都市の未来は変えられるか?】地元高校生も巻き込む山口県防府市の「地域デザインプロジェクト(幸せます防府ブランド)」
山口県防府市商工会議所のお招きで、防府市の地域デザインとブランディング(グランドデザイン)について考えるセミナーにデザインマーケティングの講師として登壇させていただきました。

e0103695_17201050.jpg


防府市には菅原道真公が祀られた防府天満宮があります。セミナーの前日に、市内視察とともに寄らせていただきました。日本最古の天満宮でもあり、北野天満宮(京都市)、太宰府天満宮(太宰府市)と共に日本三天神と称せられています。この日はちょうど七夕の飾り付けが美しく彩りを添えていました。

e0103695_12364409.jpg

今回お招きいただきました、[防府商工会議所]では、[防府商工高等学校]「防府市」とも連携して地域のブランド力を強化する防府ブランド「しあわませます」プロジェクトを推進中。日本ユネスコプロジェクト未来遺産にも登録されています。

地元の高校生が地域にブランディングに戦力として参加しているのはずばらしいですね。防府商工高等学校にもお伺いさせていただき、校長室で校長先生やご担当される教諭陣とお写真を撮らせていただきました。

e0103695_12441088.jpg

防府市には、規模の大きな工場地帯と2つの港があり、見たことの無い多数大容量のコンテナが大量に運ばれ積まれる壮観な風景もあります。そして中心市街地には先ほどの防府天満宮や商店街など、文化の異なる区域が存在しています。

「地域ブランド」の推進には、いくつかの高いハードルがありますが「らしさの表現」「持続継続」などと同等に、異なる地域の特色をどう繋ぐのか、繋げるデザイン(印象統一と連携のストーリー)は一つの課題ではないでしょうか。

市内をひととおり見せていただき、職員の方に少し大胆な提案もしてみました。「市政、地域デザインの一つとしてのサイン、そしてのフォント(文書などに使う日本語の書体ももちろん含めて)の統一」です。

e0103695_09195061.jpg


パリのシャルルドゴール空港などを例に挙げ、コミュニケーションデザイン、ブランンドデザインの立場からではありますが、高校だけでなく、行政や経営指南に携わる組織からも一丸となってデザインリテラシーの向上に努めていただきたい、そのために都市のサイン計画のデザイン性向上にも取り組んでいただければと。なぜなら、デザインに対する理解や実行能力は、国際社会にブランドとして必ず伝わる「都市の知性」そのものだと思うからです。

企業や商品ブランド、あるいは美術館図書館といった施設の単位では、こういったこころみは普通ですが、行政でのVI(ビジュアルアイデンティテイ)導入となれば、日本でもまだ珍しい試みのはずです。ロゴだけ、キャラクターだけという単発プロジェクトではなく、ウェブも紙も空間もイベントも町そのものも・・・となったら素晴らしいと思います。

当日は50人の高校生、30名の議員さん(商工会議所所属)、他にもデザインマーケティングやブランドプロジェクトに関わられる職員の方、日頃教鞭をとられるご担当の先生方にもご聴講いただきました。(セミナー終了後に許可を得て記念にとらせていただきました。高校生がいっぱい!)

e0103695_17131021.jpg

こちらでは、実は日頃からデザインマーケティングの授業などにも力を入れていらっしゃるそうで、しかも教科書に『デザインセンスを身につける』をご採用いただいていました。ビジネスセミナーで指定教材に自著をご指定いただいた事は何度かありますが、高校生の学生教材としてご採用いただきました事は本当に光栄な事だと感じています。(ありがとうございます!)

こちらのプロジェクトは、外部の専門家の知見を積極的に取り入れ、かつ市民自らの手で協力し合って持続継続力のあるブランドプロジェクトを推進中ということです。都市デザインにご興味のある方、あるいはご専門のみなさま、ぜひご利益多き防府天満宮もあります防府市に、近くお出かけになられてみては如何でしょうか。



山口県防府市トップページ
▷http://www.city.hofu.yamaguchi.jp/

防府商工会議所

防府ブランド「幸せます」





【編集後記】

e0103695_12342493.jpg
街中(商店街)になぜか「カジュアルな昭和館博物館」のようなものがあり(笑)ブランドプロジェクトの他に「お笑いのプロジェクト」もあるのだそうです。


ちなみに防府は「鱧」の産地としても有名で鱧のフルコースをいただきました。お刺身、すり身、天ぷらなどはもちろん、肝や浮き袋といった珍味もすばらしくここはぜひフルコースをおすすめです。かまぼこ、生ういろう、葉山葵(はわさび)もこちらの名産品です。防府にお越しの際はぜひチェック!

e0103695_12345918.jpg


天満宮の近くのお蕎もおいしかったです。商工会議所の議員、職員のみなさま、二日間、大変にありがとうございました。




by ujipublicity | 2014-07-09 14:48 | ブランド構築とアイデンティティ